なつみかん

モリのいる場所のなつみかんのレビュー・感想・評価

モリのいる場所(2018年製作の映画)
3.8
噂の通り、客席年齢のかなり高めな劇場でした。
σ(^_^;)

自身だってアラフィフで、決して若くはないけれど、その位置さえもこの中の平均値では下回るよな〜
60、70の辺りが多いよな。

時折そうした映画に会いますね。
おくりびと / 2008
燦燦 / 2013
ペコロスの母に会いに行く / 2013

こうした作品を何処で知るのだろう?
決して、老年に入られた方の情報収集力を舐めているつもりではなくて〜
例えば、僕なら今作は、沖田監督を追いかけてやってきたのです。

同じだろうか?
それとも、山崎努、樹木希林と役者に引かれたのだろうか?
それとも、やっぱり
〝老い〟〝人生〟そういったテーマの部分なのかしら?

それかも知れませんね。

でも、流石の監督の技は健在でした。
気まずい時間、気詰まりな瞬間からくる滑稽さ、そこからくる笑いは、やんわりと暖かくて、爺さん、婆さんばかりに見せているのは勿体ないな、と思うのでした。