タイレンジャー

ジョン・ウィック:パラベラムのタイレンジャーのレビュー・感想・評価

3.7
アクションと世界観だけで押し切る映画。こういうのがあってもいいじゃない。

基本的に前作と同じです。
ジョン単独での逃避行→アクション→怪しい人物からよく分からない啓示や援助を得て→アクション…というパターンの繰り返しで2時間が成り立っています。

1作目こそ、飼っている子犬を殺された恨みで裏組織を全滅させるという話の筋があったんですが、今回は2作目と同様にそんなこたぁ関係ありません。ただひたすら愚直にアクションを楽しむのみです。

一応、物語というかアウトラインはあるんですが、それらは全てアクションを魅せるための舞台に過ぎず、合間の怪しい人物たちとのやりとりは本当に意味がありません。

本来、アクション映画というのは良き物語があった上で良きアクションがより輝くというように、相乗効果があるものだと思います。
例えば「ロッキー」なんかがそうですよね。社会の底辺で燻るけど、夢を諦めないロッキーのドラマを丁寧に積み重ねているからこそ、最後の試合が盛り上がる。

ところが、本作は良き物語をハナから追及していません。世界観とアクションのみ、強度を高めてゴリゴリ押してくる一点突破型の映画ですね。これはこれで潔くて良いです。

流石に3作目にしてちょっと飽きてきた感はあるものの、1作目の時点で確立した"ガンフー"のアクションスタイルと、シュールな殺し屋業界の世界観。それだけで一応、2時間の間が持ってしまうのがすごい。好きな人は堪らないでしょう。映画として荒いのは否めないけど、僕もけっこう好きです。

シリーズ3作目としてはどうかって?
本当に毎回同じだからなぁ…。
強いて言えば、馬とか犬を使ったアクションは楽しかったかな。