ハッピーアイスクリーム

サニー/32のハッピーアイスクリームのレビュー・感想・評価

サニー/32(2018年製作の映画)
3.2
犯罪史上最も可愛い殺人犯といわれ、神格化された少女サニー。十数年後、熱狂的な信者たちによって、サニーと間違われ拉致された教師の思いもよらない監禁生活を描いたクライムコメディ。

『凶悪』の白石和彌監督と高橋泉が再びタッグを組み、実際に起こった事件に着想を得て製作された作品。

パッケージからサスペンススリラー的なのを想像していたけど、予想外の展開だった。
リリーさんとピエールさんの絡みは面白かったけど、全体的にコメディとしてもシュールすぎた。春樹先輩が無駄死に。
話が二転三転するジェットコースタームービーとしてもイマイチ乗り切れず。
主演の女の子が体張って頑張ってたけど、神格化されるにはカリスマ性が出てなかったように感じた。

誰かに愛されたかった、必要とされたかった人たちの不器用な暴走。
中盤の先生のキタコレ反省会は面白かったです。