サニー/32の作品情報・感想・評価

サニー/322018年製作の映画)

上映日:2018年02月17日

製作国:

上映時間:110分

2.9

あらすじ

冬の新潟の或る町。仕事も私生活も振るわない中学校教師・藤井赤理(北原里英)は24歳の誕生日を迎えたその日、何者かに拉致された。やったのは二人組で、柏原(ピエール瀧)と小田(リリー・フランキー)という男。雪深い山麓の廃屋へと連れ去り、彼女を監禁!小田は嬉々としてビデオカメラを回し、柏原は「ずっと会いたかったよ、サニー……」と、そう赤理のことを呼んだ。 “サニー”とは―世間を騒がせた「小学生による…

冬の新潟の或る町。仕事も私生活も振るわない中学校教師・藤井赤理(北原里英)は24歳の誕生日を迎えたその日、何者かに拉致された。やったのは二人組で、柏原(ピエール瀧)と小田(リリー・フランキー)という男。雪深い山麓の廃屋へと連れ去り、彼女を監禁!小田は嬉々としてビデオカメラを回し、柏原は「ずっと会いたかったよ、サニー……」と、そう赤理のことを呼んだ。 “サニー”とは―世間を騒がせた「小学生による同級生殺害事件」の犯人の通称だった。事件のあらましは、当時11歳だった小学生女児が同級生を、殺害したというもの。突然、工作用のカッターナイフで首を切りつけたのだ。 事件発覚後、マスコミが使用した被害者のクラス写真から、加害者の女児の顔も割りだされ、いたいけで目を引くルックスゆえに「犯罪史上、最も可愛い殺人犯」とたちまちネットなどで神格化、狂信的な信者を生み出すことに。出回った写真では、独特の決めポーズ(右手が3本指、左手は2本指でピースサインをつくる)も話題を集め、それは信者たちの間で「32(サニー)ポーズ」と名付けられ、加害女児自体も“サニー”と呼ばれるようになった。 奇しくも、この“サニー”の起こした事件から14年目の夜に二人の男によって拉致監禁された赤理。 柏原も小田もカルトな信者で、二人は好みのドレスに着替えさせ、赤理の写真や動画をネット上の「サニーたんを愛する専門板www」にアップ。赤理は正気を失っていきながらも、必死に陸の孤島と化した豪雪地帯の監禁部屋から脱出を試みる。が!それは驚愕の物語の始まりにすぎなかった―。

「サニー/32」に投稿された感想・評価

北原里英(うちのスマホでは一発変換できた)のことは、あまり知りませんが、
最初は面白くみました、が、途中で集中力が途切れまして

監督、人を殺しすぎでしょうに~

個人的には麦ちゃんをもっとみたかった

このレビューはネタバレを含みます

リリーフランキー、ピエール瀧という最強タッグが再び実在の事件を元にした映画を白石監督が撮る!となれば凶悪で衝撃を受けた自分としてはかなり期待した作品で、日本で一番悪い奴らでは面白すぎて度肝を抜かれた体験を再び味わいたい一心ですぐさま見てみると、何とも言い難い珍妙な作品で、何とも感想を言いづらい…。一言でまとめると、「どう受け取っていいのかわからない」です。
神経が削がれるようなドキュメンタリックなサスペンスを期待して観たらとんでも偶像バトルロワイヤルだった、というところから始まり、予告では各々の画策と狂気が渦巻いて後味悪めに終わるのかなと思ってたけど、いや、その通りだけどなんか違う…というミスリードばかりを与えられ、いい意味でも悪い意味でも裏切られ続け飽きずに楽しめたは楽しめました。
サイコスリラーを求めて視ると肩すかし食らうが、サスペンスコメディとして観ると許せる箇所ばかりになったりするし、門脇麦さんが出てくるシーンは全部緩慢してた空気を全て引き締めるという作りで、感心させられる。
他の人の感想見て偽サニー部分はわざとチープな作りにしてるんだなということ、そして門脇麦さんの類稀なる仙才鬼才な迫真の演技こそが本物として引き込まれると全てが虚偽に見えてくる構成、なんとも意地の悪いつくりで良いな〜〜とは思います。
白石監督の癖なのかわからないけども、毎回映画的ではない新しい試みのもの凄く露悪的な表現のやり方を組み込んでいて、日本で一番悪い奴らでは潜む狂気と空気感的笑いのバランスがとれていてめちゃくちゃわかりやすいあくどい笑いをノイズなく受け取れたけど、今作はどうなんだそれ?という使い方をしていて、
例えば登場人物が死ぬ時に「○○ 享年 ○○才」とでかく文字がでるやり方は、面白いやり方なのに後半ヒートアップしてドタバタしてきた時には邪魔だな…と思ってしまう。テロップ出てからもピエール瀧一回息吹き返してるし。

題材がいいし、このリリーフランキーとピエール瀧がなんか悪い事しでかすんだろうな〜〜〜!と思うポスターの作りなのに集まった全員が気が狂ってる奴らで、アウトレイジが如く「全員キチガイ」というある意味狂気。
サニーが配信者にぶち切れるシーンではなんか急に切れ出して、カタルシスをまったく感じなかった。そこもうちょっと視聴者側もストレス感じるようなフラストレーション溜めてくれれば、あのキレるシーンで爆発的に加速ついたのにな、と思ったり…。というかカップルの女にボソッと言わせるならもっと扱き使われたり非道な扱い受けたりして重みを持たせてほしかったが…。
あの異様なサニー集団にまったく関係のない余所者のカップルが出てくるところはすごく期待できたのに、彼氏がウキウキで協力し始めたりするのは…。集団内で噛み付き合い始めるところなんかは、浅間山荘事件とか、死体処理だけカップルにさせたりとか、そういう非道な期待をしてしまった自分も悪いとは思います…。

凶悪をアイドル映画にしたら、というコンセプトで観ればよかったのかもしれません。少なくとも自分の期待した味付けではなかったので脳がビックリしているだけだと思いたいです…。
箇所箇所だけ取り出せば凄くいい素材なのに、と残念に思ってしまう。でもこれでいろんな創作欲は湧いたので見てよかったなと思えたり、思えなかったり…。
まぁ

まぁの感想・評価

3.6
分かってはいけない…と思うけれど…
「人間って、こういう部分があるかもしれない」…と…夢中になって鑑賞…

人は「何か」にすがって…生きているのかな…
それが「人」だったら…自分にとっては「神」のような存在になり…
(言葉は難しいけれど…)
「信者」「崇拝」…になるのだろう…

そして…「神」と持ち上げられた人は…
それが「快感」になっていく…

……ネット、ドローン=リアルタイム……

「キタコレ!キタコレ!」と…傍観している者…
…気持ち悪いけれど…クスッと笑ってしまった私も…
やっぱり「異常」「変態」なのかな…

小学生(女子)が親友(同級生)を殺してしまった事件が発端のこの作品…
「サニー」は…殺人を犯してしまった女子の「通称」…(なぜ「サニー」なのかは…劇中で説明…)

怖いんだか、気持ち悪いんだか…分からないけれど…
私は…引き込まれた…(笑)
面白かった…(笑)
良い意味でも悪い意味でも尖ったブラックコメディ。佐世保の事件に着想を得ながら、アイドル論に対して宗教精神や未成年殺人の後処理を皮肉った、低予算邦画の獣臭の抜けない映画だった。拉致されてピエール瀧とリリー・フランキーの絶望感や「ウィンドリバー」の如く逃げられない閉鎖的田舎の精神的寒さ。ネタ自体の寒さもあり「キサラギ」のドタバタや「ミザリー」の求めやるせない想いを油で痛め、何故か「撫子スネイク」を彷彿とさせるキレる女子覚醒モノとズブズブに画面に引き込む尖った邦画に好きな要素も嫌いな要素も感じた。畳めぬ風呂敷に二人目の登場、エモい単純なクライマックスをよしとしないのは悪くない。「愛」という形のない要素が憤怒した後の包容という救済の起伏熱に絆されみなみな頭を垂れて信者になるくだりは、うだつの上がらない今を元気付けてくれる力があった。
taka

takaの感想・評価

2.5
安心、安全の白石監督にピエールさん、リリーさん、門脇さん、最高の監督にキャスト!でもなぜかあまり話題になってない、ん?元AKBの北原さん?大丈夫ですよね?観賞❗️
残念でした、序盤は北原さんも鶴瓶の息子も良かったって言うか何か先の展開に期待が持てそうな出だし、ほんでいよいよパッケージでも悪人面してた2人の登場❗️よし、ここからって時になぜか北原覚醒(笑)はぁ?急に長尺のくそみたいな説教タイム、謎です。門脇さんは出番が短い時間ながらいい仕事してたのに…
残念。ラストもなんかぐづぐづやし。
そしてエンドロールでやっとわかりました、白石監督途中で何かやる気無くして飽きてしもたんやなと、もう気持ちが孤狼の血にいってもうてたんやなと。
そんなこんなで感想はまだ見てない「孤狼の血」が楽しみでした(笑)
マツキ

マツキの感想・評価

2.5
白石監督、瀧さん、リリーさん
完璧な組合せなんだ。けんども中盤位から正気に戻るくらいしょうもない。
ピエール瀧が遠慮気味の作品やな。
キタコレー!
まるお

まるおの感想・評価

2.5
うーん…期待していただけに少し残念。。
白石監督大好きなんだけど、中盤あたりからの展開がバタバタしすぎて
キタコレできませんでした。。

ところどころにあるコメディー?の様なシーンも滑ってしまってて楽しくなかったし、
女版松岡修造といった北原里英の演技がまったく馴染めず…
門脇麦の演技がすばらしすぎたので、余計に比べちゃうかたちになっちゃいました。
ピエール瀧とリリーさんの「凶悪」コンビももうちょっと突き抜けてほしかったかなーという印象。

ただ、チープな偶像に群がるバカと、
それを取り巻くSNSやドローンといったアイテムがなんとも現代的で良かったです。
meganekids

meganekidsの感想・評価

3.0
ドタバタなコメディーだった。
>|