サニー/32の作品情報・感想・評価

サニー/322018年製作の映画)

上映日:2018年02月17日

製作国:

上映時間:110分

3.0

あらすじ

冬の新潟の或る町。仕事も私生活も振るわない中学校教師・藤井赤理(北原里英)は24歳の誕生日を迎えたその日、何者かに拉致された。やったのは二人組で、柏原(ピエール瀧)と小田(リリー・フランキー)という男。雪深い山麓の廃屋へと連れ去り、彼女を監禁!小田は嬉々としてビデオカメラを回し、柏原は「ずっと会いたかったよ、サニー……」と、そう赤理のことを呼んだ。 “サニー”とは―世間を騒がせた「小学生による…

冬の新潟の或る町。仕事も私生活も振るわない中学校教師・藤井赤理(北原里英)は24歳の誕生日を迎えたその日、何者かに拉致された。やったのは二人組で、柏原(ピエール瀧)と小田(リリー・フランキー)という男。雪深い山麓の廃屋へと連れ去り、彼女を監禁!小田は嬉々としてビデオカメラを回し、柏原は「ずっと会いたかったよ、サニー……」と、そう赤理のことを呼んだ。 “サニー”とは―世間を騒がせた「小学生による同級生殺害事件」の犯人の通称だった。事件のあらましは、当時11歳だった小学生女児が同級生を、殺害したというもの。突然、工作用のカッターナイフで首を切りつけたのだ。 事件発覚後、マスコミが使用した被害者のクラス写真から、加害者の女児の顔も割りだされ、いたいけで目を引くルックスゆえに「犯罪史上、最も可愛い殺人犯」とたちまちネットなどで神格化、狂信的な信者を生み出すことに。出回った写真では、独特の決めポーズ(右手が3本指、左手は2本指でピースサインをつくる)も話題を集め、それは信者たちの間で「32(サニー)ポーズ」と名付けられ、加害女児自体も“サニー”と呼ばれるようになった。 奇しくも、この“サニー”の起こした事件から14年目の夜に二人の男によって拉致監禁された赤理。 柏原も小田もカルトな信者で、二人は好みのドレスに着替えさせ、赤理の写真や動画をネット上の「サニーたんを愛する専門板www」にアップ。赤理は正気を失っていきながらも、必死に陸の孤島と化した豪雪地帯の監禁部屋から脱出を試みる。が!それは驚愕の物語の始まりにすぎなかった―。

「サニー/32」に投稿された感想・評価

北原里英(うちのスマホでは一発変換できた)のことは、あまり知りませんが、
最初は面白くみました、が、途中で集中力が途切れまして

監督、人を殺しすぎでしょうに~

個人的には麦ちゃんをもっとみたかった
tommy

tommyの感想・評価

1.2
なんだかなぁ。
あり

ありの感想・評価

-
ピエール瀧とリリーフランキーの共演で期待したのにがっかり
スリラーの皮を被ったファンタジーコメディ
ひかる

ひかるの感想・評価

2.5
「う〜ん」という気持ちで見ていたけど、
田渕さんと牛尾さんの音楽が最高だった。
中盤、大粛正が行われる場面で「凶悪」越えを確信しましたけれども。

どこに転がるか展開が未知数の物語を、正体がばれてはいけない状況を強いられる事必至の性格破綻者による拉致監禁、というスリリングな設定で以て極上のドライブ感を載せて展開し。

そしてその到着地点として、週末ごとに引きこもる薄暗がりにて見詰める画面に暴力衝動や自己実現の願いを託すようなろくでなしを、乱暴に、救って癒す存在の誕生を描いてみせる訳ですからして。

これ、控え目に言っても弩素晴らしい大傑作なんじゃあないですかねえ。
win

winの感想・評価

3.5
うわぁ久しぶりに破茶滅茶な作品に遭遇した(笑)でもリリーフランキーにピエール瀧に門脇麦キャストって!
笑ってイタイ作品だった。残る…(笑)
きき

ききの感想・評価

3.5
「凶悪」なみの大暴れを期待してみにいったが、リリーさんと瀧がぜんぜん活躍しない。びっくりするほど活躍しない。
いちばん活躍していたのは門脇麦ちゃんかなあ。
宇宙太

宇宙太の感想・評価

2.6
TJOY博多にて

ピエール瀧&リリーフランキーの凶悪コンビの大暴れを期待して見に行きましたがAKBGを卒業する北原里英さんの記念作品的な面が強い作品でした。

ドローン少年を元ネタにしたキャラを出したりする割にキタコレなんて最早死語と化したネットスラングを乱発したりと色々チグハグ感を感じざる得ませんでした。
キタコレしろ
>|