tjr

さびしんぼうのtjrのレビュー・感想・評価

さびしんぼう(1985年製作の映画)
3.4
週末訪れた尾道は、坂道、階段、狭い路地、寺社、港、商店街と好きな要素が勢揃いしており、一気にお気に入りの街となったと共に、まるで映画の為に設計されたかのような街だと感じた。
この作品はそんなロケーションをフル活用しており魅力的。向島との間を繋ぐフェリーとか青春そのものすぎる。
内容としては、そこはかとない「テレビ感」と物足りなさを感じてしまいうまく入り込めず。
富田靖子はヒロイン感満載だし、青春映画としてとても良いことを言っているのは分かるのですが。。