最初で最後のキスの作品情報・感想・評価(ネタバレなし) - 18ページ目

最初で最後のキス2016年製作の映画)

Un bacio

上映日:2018年06月02日

製作国:

上映時間:106分

3.9

あらすじ

不器用な僕らが誰よりも輝いていた日々 イタリア北部・ウーディネ。個性的なロレンツォは、愛情深い里親に引き取られ、トリノからこの町にやって来るが、奇抜な服装で瞬く間に学校で浮いた存在に。 ロレンツォは同じく学校で浮いている他の2人――ある噂から“尻軽女”とのそしりを受ける少女ブルーと、バスケは上手いが“トロい”とバカにされるアントニオと友情を育んでいく。 自分たちを阻害する生徒らに復讐を…

不器用な僕らが誰よりも輝いていた日々 イタリア北部・ウーディネ。個性的なロレンツォは、愛情深い里親に引き取られ、トリノからこの町にやって来るが、奇抜な服装で瞬く間に学校で浮いた存在に。 ロレンツォは同じく学校で浮いている他の2人――ある噂から“尻軽女”とのそしりを受ける少女ブルーと、バスケは上手いが“トロい”とバカにされるアントニオと友情を育んでいく。 自分たちを阻害する生徒らに復讐を試みるが、それを機に少しずつ歯車が狂い始める・・・。

「最初で最後のキス」に投稿された感想・評価

leo

leoの感想・評価

3.5
ラストは父親が「ない!」ってアタフタし出したとこで読めちゃったけど、とにかく音楽が良かった。ガガのBorn This Way.は、マドンナのexpress yourselfにクソ似てるのは置いといて、とても合ってたし、自身がゲイのMikaのHurtsの

You say it’s only words.

And that it will get easier with time.

Nothing’s only words

That’s how hearts get hurt

I cant hearing all the words u said.

I can’t stop hearing words.

That’s how hearts get hurt.

たかが、言葉じゃないって君は言う
時間が経てば楽になるって
言葉だし
でもね、そうやって心は傷つくんだ
君が言った言葉が耳から離れない
言葉が耳から離れない
そうやって心は傷つくんだ

って歌詞が全部物語ってる。よく見つけたな。

映画館出るとき、前歩いてた女の人が傘にビニール付けたまま傘刺そうとしてて、開かねえ。そら開かねえよ。って、クスッてなるのと同時に、はっ!て現実に戻り、何でこの映画見たんだろう。って映画館出て思った。
ひば

ひばの感想・評価

4.5
あの時ああすればよかったなっていつも考えてる。けど1つしか選択できないし他の選択を体験することはできない。そんなことわかってる16歳だって16年も生きてるんだから。でも20歳になっても変わらないよ、50歳になったってきっとそう。でもあの時はそれが最善だと思ってたんだよ。
相手にも自分にも誠実でいたい、でも恋なんてものは正気じゃやってられないんだ、じゃあその正気じゃなかった瞬間の責任はいったい誰がとる?なのに私ときたら、記憶から排除する、記憶を塗り替える、良いところだけ巻き戻す、"あの時の私"がいけなかっただけ、と…そうそれは誰しもがそうなの…
最後のアントニオの言葉が正しいかどうかの判断はできない。許容という言葉が、その選択が正しいのかどうかを作中でもあったように考えなければいけないから。

スマッシュヒットとあるけど一体どの層に突き刺さったのか気になる。私はすごく好きだけど、もし若年層からの支持がマイノリティの因果や周りの環境下への共感によるものだとしたら、それだけ身近なものであるという解釈でいいの?それって…それってすごく酷。

校門の前で立ち止まるアントニオが頭から離れない。君は一度は去ろうとした。そしてしばらく立ち留まった。そして中に入った。何を考えていたんだろう、でも私はきっとわかってる。けどわかりたくないんだ、本当は。そして崩れ落ちる彼を見ても、わかりたい気持ちなんて持ちたくないんだよ。だってそれが君の最善だったんだろ、何よりも優先したかったものだったはずだ。後でどうなるかわかっていながら。
ネモ

ネモの感想・評価

4.0
苦い。


3人の青春はここで終わって、絶対に忘れられない過ちになるけど
3人でいた時は確実にお互い誰よりも輝いていて幸せだったって
少しでも頭に残ってくれたらいい

恋ってものは、良くも悪くも人を簡単に変えてしまうもので
周りに迷惑をかけていなければ、性別も年齢も国籍も妨げにはならないはず
周りの目って正直で残酷だよね

ラストでブルーが描いたもう一つの物語、上手くいきすぎて、そんな風にはなれないと正直思うけど、当事者のブルーがそれが良いってんならそれで良い
周りがとやかく言うもんじゃない、黙ってろ

『君の名前で僕を呼んで』とはある意味対照的な作品ですね
主人公ロレンツォのことを考えると辛い
今まで何があっても空想で乗り越えてきた彼が、初めてあの夜リアルの世界で報われたかのようにみえたのに…!
J

Jの感想・評価

4.0
現代における問題が詰め込まれた作品。
メッセージ性が強く感じた。
一言でその場の状況が変わったりすることって
振り返ると生きてる中でめっちゃあるなって思う。
押し殺さなぎゃいけない場面がね。
3人と仲が凄く良かったから、ラストのアントニオの判断がショックでした。
人間関係って難しいね。
たぬ

たぬの感想・評価

3.6
思春期のあやうさとキラキラが混じってる映画。
やや尻すぼみ感は否めないけどそれがより3人の素敵な短い輝いた日々を際立たせてるのかもしれない。
か

かの感想・評価

3.6
自分の世界を創って痛みを和らげる感覚が懐かしい。そんなことになるのかって思うけど、ちょっとした事が当時はそんなことになってしまうのだろうなと思った。
みや

みやの感想・評価

4.5
良かったなあ。好きな作品。

自分を解放して、受け止める友達がいて、だんだんと輝いていく様子が楽しそうな程、その危ういバランスがいつ崩れるのか想像して辛くなる。
ほんの些細な事が暴走してしまう脆さ。思春期らしい、心の声やら妄想やら。

この映画の予告を見た記憶がなくて、逆に何度か見ていたらスルーしたかもしれない。
ラストは付け足しな感じでいらんなぁと思うけれど、現在悩んでいる人にとっての対処法にはなるのかもしれない。

Born this wayに泣きそうになるとは思わなかった。
心が弱っているかしら(^_^;)
shin

shinの感想・評価

3.2
うーん
終わりは違うんじゃん?
でも
もう一つの終わりって
これがいいの?
彼女可愛かったね
ハコ

ハコの感想・評価

4.0

昨日大好きな人のインスタを見て気になって、さっそく今日鑑賞👍
映画野心👍


心の奥の方が苦くて
こそばゆくなるような
3人の関係性……。
悔しいけど、ビタースイートって言葉使っちゃう。

平凡にいられる幸せって何よりも尊くて、
それをがらりと崩してしまうのって、
実は「たった一言」や「ほんの一瞬の態度」だったりする。
多感な時期、なんて言われるけど。
まだまだそんなこと分からないのに…

印象に残ったのは、予告編にもある
「白いペンキだらけの3人が三角形に寝そべってる」シーン。
こーれ、めちゃめちゃ爽やかで最高なシーンなんだけど、
映画を観て行けば、これがロレンツォにとってどんな場面だか分かるはず……。

誰でも『ハイスクールミュージカル』みたいになれるわけじゃないのだ…

でも、美容院に行くブルーは
最高に可愛かったね。
もっともっとイタリアの街が見たかった!
菩薩

菩薩の感想・評価

2.5
比べるべきところは『藍色夏恋』であったり『明日、君がいない』であったりすると思うが、そんな傑作と比較してしまうとどうしたって作りすぎ・やり過ぎ・狙い過ぎのトリプル・スギーが目につきだいぶ評価が下がる。きっと前半のポップな作りから後半のシリアスな作りへの大谷の高速スライダー(本当は伊藤智仁の名を挙げたい)の如き落差を楽しむべき作品なのだと思うが、それにしたって自分達の孤立を深めるだけの小さな反撃、しかも他人の身体的特徴を暴露するあのやり方には眉を顰めてしまうし、そもそも壁の落書きをそのまま放置する教師陣の無能さと言ったら無い…。あと目の前の明らかに悩みを抱えている生徒に向かって一方的に「強くなれ。」とだけ言い放って無理矢理生徒から「大丈夫」を引き出す様な教師も今すぐ辞表を出すべきだと思う、声をかける事自体は間違いでは無いと思うがあれはダメ。言い方は悪いが「厄介」を抱えてしまった親側の苦悩が描かれていたのは良いのだが、我々はここで『耳をすませば』の雫父の「人と違う生き方はそれなりにしんどいぞ、何が起きても誰のせいにも出来ないからね。」の金言を思い出さなければいけないし、それがあってこそ親が子供の味方でい続ける事の有難さと言うのが強調されるのでは無いかと思う、その点がちと弱い。実話を基にとの事だから駄作だと言い切れない部分はあるし、この作品を観て救われる少年少女がいればそれに越した事は無いが、先に挙げた二作を前にしては正直個人的には存在意義があまり無い。青春はもっと繊細だし思春期の少年少女はもっと脆い、ってのはあくまで個人的な思い込みだし、この作品から学ぶべき事も確かにある、悲劇を繰り返さぬ為にと言う作品の主張もごもっとも、ただそもそもレディ・ガガになんの思い入れも無い俺からすると…軽過ぎる…。