Elijah

最初で最後のキスのElijahのレビュー・感想・評価

最初で最後のキス(2016年製作の映画)
4.5
ようやく日本公開されたので劇場鑑賞。
思い返せば台湾映画で見掛けるような物語だった、と。
前半の陽気な描写と本国版ポスターからは想像し難いビタースイートな作風で、邦題の意味が鑑賞後に腑に落ちる。
自分が1mmも想像していなかった結末が衝撃的で、イタリアがカトリックの本拠地であった事を否応なしに思い出す。
ひとつの言葉や行動で変わる未来、特に思春期の頃は…。
冒頭から随所に挟み込まれるヒロインのモノローグがひりひりと後味を遺す。
劇中で流れるLady Gagaの「Born This Way」と好きなMIKAの「Hurts (Remix)」がハイライト的→youtu.be/vPKkmu-pBMQ
ミーハー的に言えば…。
レオナルド・パッツァーリ演じるアントニオが素直にカッコいい!
そりゃあロレンツォが惚れるのも解る♥
ブルーの父親役のジョルジョ・マルケージも劇中では「冴えない」と言われていたけれど、個人的には小洒落ていて清潔感があって素敵だったけれどなぁ。
…と言う訳で、お気に入りの一本に加わりました♪