最初で最後のキスの作品情報・感想・評価 - 10ページ目

最初で最後のキス2016年製作の映画)

Un bacio

上映日:2018年06月02日

製作国:

上映時間:106分

あらすじ

不器用な僕らが誰よりも輝いていた日々 イタリア北部・ウーディネ。個性的なロレンツォは、愛情深い里親に引き取られ、トリノからこの町にやって来るが、奇抜な服装で瞬く間に学校で浮いた存在に。 ロレンツォは同じく学校で浮いている他の2人――ある噂から“尻軽女”とのそしりを受ける少女ブルーと、バスケは上手いが“トロい”とバカにされるアントニオと友情を育んでいく。 自分たちを阻害する生徒らに復讐を…

不器用な僕らが誰よりも輝いていた日々 イタリア北部・ウーディネ。個性的なロレンツォは、愛情深い里親に引き取られ、トリノからこの町にやって来るが、奇抜な服装で瞬く間に学校で浮いた存在に。 ロレンツォは同じく学校で浮いている他の2人――ある噂から“尻軽女”とのそしりを受ける少女ブルーと、バスケは上手いが“トロい”とバカにされるアントニオと友情を育んでいく。 自分たちを阻害する生徒らに復讐を試みるが、それを機に少しずつ歯車が狂い始める・・・。

「最初で最後のキス」に投稿された感想・評価

TomoHojo

TomoHojoの感想・評価

2.8
賛否両論あるとは思いますが、個人的にはあらゆる意味で全く共感出来ず、期待していただけに。。。残念。

サントラも演出も含め、とにかく全体的に軽過ぎる構成。🇮🇹でスマッシュヒットというキャッチコピーでしたが、どの年代層を狙ってのものだったのかが知りたくなります。

決して悪くはないのですが、何だか製り込み感が強過ぎて、かなり現実離れしてしまってるというか。まぁ、そこが狙いと言えばそれまでなのでしょうが。。。

前半のポップな構成からついて行けず、青春ってこんなもんだっけ?と自問自答しているうちに、なんだか不穏な空気が流れ、エンディングでは「目が点に」なってしまった。

ここまでくると好みの問題なのでしょうが、きっと、女性向けの作品なのかなー。。。

🇮🇹って田舎ではあんな閉鎖的なんだという事を学べたのが収穫といえば収穫。
oco

ocoの感想・評価

3.8
もっとソフィアコッポラ的なメランコリック映画かと思ってたら全然違って意外とポップだったけど、こういう青春モラトリアム映画もこれはこれで。うん。
ゆり

ゆりの感想・評価

4.1
言葉で言わなきゃわかんないよって思うけど言えないときあるし。

音楽の使い方が不思議だったよ
レディーガガの使い方は良かった
romao

romaoの感想・評価

4.0
いや〜良かった。一応LGBTものではあるが、余りそこ自体は重要でなく、思春期独特の心臓が高鳴るような輝きと同時に、些細なことで壊れてしまう脆さを巧みに表現していた。自分の感情と行動がリンクせず苦しむ彼らをリアルに感じ、その時期の自分と重ね、少しほろ苦くも刹那い感情が胸に甦りグッときた。最後のシーンは自分にはなかなか理解できないが、脆さ故の結果であったと自分に言い聞かせ無理やり納得(笑)
音楽も素晴らしく、ここ最近見た青春映画では1番良かったと思う。オススメです!
T

Tの感想・評価

4.2
おっさんズラブや「君の名前で」ときめいてた腐女子たちに観てもらいたい。
leo

leoの感想・評価

3.5
ラストは父親が「ない!」ってアタフタし出したとこで読めちゃったけど、とにかく音楽が良かった。ガガのBorn This Way.は、マドンナのexpress yourselfにクソ似てるのは置いといて、とても合ってたし、自身がゲイのMikaのHurtsの

You say it’s only words.

And that it will get easier with time.

Nothing’s only words

That’s how hearts get hurt

I cant hearing all the words u said.

I can’t stop hearing words.

That’s how hearts get hurt.

たかが、言葉じゃないって君は言う
時間が経てば楽になるって
言葉だし
でもね、そうやって心は傷つくんだ
君が言った言葉が耳から離れない
言葉が耳から離れない
そうやって心は傷つくんだ

って歌詞が全部物語ってる。よく見つけたな。

映画館出るとき、前歩いてた女の人が傘にビニール付けたまま傘刺そうとしてて、開かねえ。そら開かねえよ。って、クスッてなるのと同時に、はっ!て現実に戻り、何でこの映画見たんだろう。って映画館出て思った。
まりん

まりんの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

ロレンツォ役のRimau Ritzberger GrilloはBreakfast on PlutoのCillian Murphyを思い起こさせる。
辛い辛い現実を、空想することで乗り越えてきた。自分らしさを隠さない、健気な少年。
きっと皆の太陽になれた、そんな彼の恋心が切ないんだ‥
恋と友情と家族と差別と。思春期ならではの悩み。
はみ出した三人は友情だけで結ばれたのではなく、そこにそれぞれ一方通行の恋心が含まれていたのが悲劇だったのかもしれない。
恋は心を歪めるし、強くも弱くもする。
自分の中で、事実を歪め、中傷を受け、納得した振りをして生きて来たブルーが哀し過ぎる。せめてそこだけは償われて欲しい。

人生に、あの時こうして居たら・・は付き物だ。だけど、本当に、何とか出来ていたら・・と、ブルーは思わずに居られないだろうね。

壁に中傷を落書きをする病んだ心も同じだけど、上手く受け入れられない。上手く感情を表せられない。
不器用で、まっすぐだからこそ・・傷付いた親を相手に、更に追い詰められていたんだよね。
哀しくて哀しくて堪らない。
幸せになって欲しかった人たち。ここを乗り越えたら、いつか笑ってまた会えたかもしれないのに。
あまりに鮮烈過ぎて、心に深く刺さっている。
ひば

ひばの感想・評価

4.5
あの時ああすればよかったなっていつも考えてる。けど1つしか選択できないし他の選択を体験することはできない。そんなことわかってる16歳だって16年も生きてるんだから。でも20歳になっても変わらないよ、50歳になったってきっとそう。でもあの時はそれが最善だと思ってたんだよ。
相手にも自分にも誠実でいたい、でも恋なんてものは正気じゃやってられないんだ、じゃあその正気じゃなかった瞬間の責任はいったい誰がとる?なのに私ときたら、記憶から排除する、記憶を塗り替える、良いところだけ巻き戻す、"あの時の私"がいけなかっただけ、と…そうそれは誰しもがそうなの…
最後のアントニオの言葉が正しいかどうかの判断はできない。許容という言葉が、その選択が正しいのかどうかを作中でもあったように考えなければいけないから。

スマッシュヒットとあるけど一体どの層に突き刺さったのか気になる。私はすごく好きだけど、もし若年層からの支持がマイノリティの因果や周りの環境下への共感によるものだとしたら、それだけ身近なものであるという解釈でいいの?それって…それってすごく酷。

校門の前で立ち止まるアントニオが頭から離れない。君は一度は去ろうとした。そしてしばらく立ち留まった。そして中に入った。何を考えていたんだろう、でも私はきっとわかってる。けどわかりたくないんだ、本当は。そして崩れ落ちる彼を見ても、わかりたい気持ちなんて持ちたくないんだよ。だってそれが君の最善だったんだろ、何よりも優先したかったものだったはずだ。後でどうなるかわかっていながら。
ネモ

ネモの感想・評価

4.3
苦い。


3人の青春はここで終わって、絶対に忘れられない過ちになるけど
3人でいた時は確実にお互い誰よりも輝いていて幸せだったって
少しでも頭に残ってくれたらいい

恋ってものは、良くも悪くも人を簡単に変えてしまうもので
周りに迷惑をかけていなければ、性別も年齢も国籍も妨げにはならないはず
周りの目って正直で残酷だよね

ラストでブルーが描いたもう一つの物語、上手くいきすぎて、そんな風にはなれないと正直思うけど、当事者のブルーがそれが良いってんならそれで良い
周りがとやかく言うもんじゃない、黙ってろ

『君の名前で僕を呼んで』とはある意味対照的な作品ですね
主人公ロレンツォのことを考えると辛い
今まで何があっても空想で乗り越えてきた彼が、初めてあの夜リアルの世界で報われたかのようにみえたのに…!
J

Jの感想・評価

4.0
現代における問題が詰め込まれた作品。
メッセージ性が強く感じた。
一言でその場の状況が変わったりすることって
振り返ると生きてる中でめっちゃあるなって思う。
押し殺さなぎゃいけない場面がね。
3人と仲が凄く良かったから、ラストのアントニオの判断がショックでした。
人間関係って難しいね。