最初で最後のキスの作品情報・感想・評価 - 10ページ目

最初で最後のキス2016年製作の映画)

Un bacio

上映日:2018年06月02日

製作国:

上映時間:106分

3.9

あらすじ

不器用な僕らが誰よりも輝いていた日々 イタリア北部・ウーディネ。個性的なロレンツォは、愛情深い里親に引き取られ、トリノからこの町にやって来るが、奇抜な服装で瞬く間に学校で浮いた存在に。 ロレンツォは同じく学校で浮いている他の2人――ある噂から“尻軽女”とのそしりを受ける少女ブルーと、バスケは上手いが“トロい”とバカにされるアントニオと友情を育んでいく。 自分たちを阻害する生徒らに復讐を…

不器用な僕らが誰よりも輝いていた日々 イタリア北部・ウーディネ。個性的なロレンツォは、愛情深い里親に引き取られ、トリノからこの町にやって来るが、奇抜な服装で瞬く間に学校で浮いた存在に。 ロレンツォは同じく学校で浮いている他の2人――ある噂から“尻軽女”とのそしりを受ける少女ブルーと、バスケは上手いが“トロい”とバカにされるアントニオと友情を育んでいく。 自分たちを阻害する生徒らに復讐を試みるが、それを機に少しずつ歯車が狂い始める・・・。

「最初で最後のキス」に投稿された感想・評価

SNSイジメ、LGBTなどテーマからしていかにも今どきなジュブナイルものだよな…と最初の内は客観的に見ていたものの。

現実シーンの困難が深まるほどに煌びやかな空想シーンとのコントラストが際立って、切なさが増していく。主人公たち3人の関係が深まるほどに、それぞれの気持ちのズレが少しづつ表面化してくる。不穏な空気感が増していき、見ている方の心もザワついてくる。この辺りの描写は実に見事。

逃げ場がなく容赦ない子供たちの世界はどの国も共通だ。そして青春の明るさと若さゆえの勢い。誰にでもあるそんな記憶が少し、くすぐられる。LGBTに特別関心がなくても引き込まれるのは、そうした普遍的な部分がきちんと盛り込まれているせいかも。

なおイタリア映画なので、やはりこの作品でも家族は常に暖かく支えてくれる。どこかに救いがあるイタリア映画らしさが、テーマの重さを和らげて見やすい作品になっていると思う。
キナ

キナの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

想像以上にポップな演出だけど、起きている事は大分重め。
好きな要素は多いけどブレも気になって素直に思い切り楽しむことはできなかったかも。もう少し強く感情移入したかった。

直情型なロレンツォとブルー。
ハジける二人に合わせるように楽しむアントニオのバランスにどこか危ういものも感じつつ、ワイワイやってるハズレ者3人をニヤつきながら観ていたら、あまりにも唐突なラストに呆気に取られたまま終わってしまった。
事の分岐点・救いの道・正しい進み方を明確に観せてくれるけれど、ロレンツォが死んでしまった直後にその映像は、ただただ辛くやりきれなくて憎らしい。

お洒落なファッションに身を包んでニコッと笑うロレンツォが可愛いけど、辛い事があるたびに頭の中で幸せな現実を創り出す姿が切ない。
死んだ兄を側に置いて会話をするアントニオと、歳上彼氏とその友達からの強かんを自らの希望だったと飄々と話すブルーにも共通していた。
私も人生なかなか上手くいかないくて頭の中にもう一つの現実を持っているので、3人のこの部分にはかなり共感してしまったな。
大なり小なりどんな人にも当てはまることだとは思うけど、ハッキリと映像で表現されるとグッと来るものも大きい。

ファッショナブルで開放的で寛容なイメージのイタリアとは思えないくらい、保守的で排他的な学校の生徒と先生にはつくづく腹立たしく思う。
少々行き過ぎな気のするロレンツォの行動も、それを受けてのアントニオの行動も最後の悲劇も、こんな環境じゃなければ・追い詰めるものがなければ…と考えずにはいられなかった。
ただやはりあそこまで3人ベッタリ仲良し!な関係に、強引に恋愛をねじ込むべきではなかったのかもしれないな…何を言ってもタラレバになるし、現にこの映画の元となる事件があるしで答えなんて無いんだけれども。

音楽に合わせて踊り弾ける、ミュージカルモドキ的なシーンが印象的。
ただ、そのひとつひとつが結構長くしかも多用するので若干押し付けがましく感じてしまい間延びしているように思えたのが残念。
大切なイメージシーンではあるけど、もう少しテンポ良く心に響くようなものであって欲しかった。

胸が張り裂けるようなラストだと思うけど、残念ながらそこまで感情移入できず。
納得がいかなくて色々考え込んでしまう作品だった。
その割に言いたい事が多くて支離滅裂な文章になってしまった気がする…
しのぶ

しのぶの感想・評価

3.6
友達とか恋人とかじゃなくて、どうしようもなくシビアに「君」と「僕」「私」でいたくなる関係があって、それは絶妙なバランスで成り立っているということを思い出した。桜庭一樹の「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」を思わせる、不思議な転校生立ち位置のロレンツォがとてもよかった。彼の背景に飛ぶカラフルなアニメーションが可愛くて好き。
さより

さよりの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

好きなところ
・アントニオに招待状をわたすところ
・三人それぞれの両親
・写真

ラストに納得できない……
変わるべきは本当にそこだったのでしょうか
せりな

せりなの感想・評価

4.0
現実世界を生きるための術でもあるんだけど、オープニングのキラキラした映像から青春の瑞々しさみたいなものを感じた。
学校でのはみだし者の3人が生き生きと楽しそうにしている姿からのラストは衝撃的だったけど、ほんの少し言葉を交わす勇気があれば避けられたのかもしれない。
ブルーの自分に宛てた手紙から予感させるものはあったけど、そういうこと!?ってなるよね…
実際にあったヘイトクライムが元になった作品なんだよね。
自分が理解できないことだから即排除ではなく、私は違うから受け入れられないという意思表示ができればいいのかな?

友情、恋愛、家庭それぞれに全力で向き合った3人の青春映画でもあるのかな?
トミー

トミーの感想・評価

3.6
前半と後半で全く印象の変わる作品。
前半は正直、ロレンツォの頑張り過ぎ感があって、あまり共感できず。
でもロレンツォは一生懸命生きてたんだよね。
ある場面から緊迫感が出てきたのは良かった。
れい

れいの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

前半のポップな友情青春ストーリーと後半の三角関係残酷ストーリーの落差が激しすぎて脳裏に楔が撃ち込まれたみたい!もし親友だと思っていた友が告白してきたら?自分だったらどういう行動が二人にとって正しいのか?実際の事件を本にした小説が原作とのこと。
みつい

みついの感想・評価

4.0
多様性、はこういうことなのだろうなあ。
亀裂、と言うにはあまりにも深くて大きいけど、何にでもなれて何でもできる年の頃なんだもんなあ、だったんだよなあ、と思い出した。born this way、よかったなあ。
もい

もいの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

わかりやすく表現してる映画だったと思う。
途中までのノリのいい音楽に乗って楽しくしてるシーンたちがラストの悲しさを際立たせる感じ。
当人たちは悪くないのに、世間の価値観に押されてしまう。
やまゆり園の事件を思い出した。犯人は単に奇特な狂った人っていうわけではない。社会の排他性が表に出た結果なのだと思う。
色々な人がもっと生きやすい世界になりますように。
Kanami

Kanamiの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます


始まって5分でもう、ああすきなやつだって確信してしまった

途中までがにこにことしてみてしまうくらい本当に幸せだったから最後でとても悲しくなってしまったなあ

ボーンディスウェイのとこだとか、ペンキ塗るところだとか、本当に素敵すぎるなあ

ウォールフラワーをみたときみたいな感情を久々に感じたかもしれない。
お気に入りの映画に入ると思う。

というか三人とも顔立ちが整いすぎや。