最初で最後のキスの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

最初で最後のキス2016年製作の映画)

Un bacio

上映日:2018年06月02日

製作国:

上映時間:106分

3.9

あらすじ

不器用な僕らが誰よりも輝いていた日々 イタリア北部・ウーディネ。個性的なロレンツォは、愛情深い里親に引き取られ、トリノからこの町にやって来るが、奇抜な服装で瞬く間に学校で浮いた存在に。 ロレンツォは同じく学校で浮いている他の2人――ある噂から“尻軽女”とのそしりを受ける少女ブルーと、バスケは上手いが“トロい”とバカにされるアントニオと友情を育んでいく。 自分たちを阻害する生徒らに復讐を…

不器用な僕らが誰よりも輝いていた日々 イタリア北部・ウーディネ。個性的なロレンツォは、愛情深い里親に引き取られ、トリノからこの町にやって来るが、奇抜な服装で瞬く間に学校で浮いた存在に。 ロレンツォは同じく学校で浮いている他の2人――ある噂から“尻軽女”とのそしりを受ける少女ブルーと、バスケは上手いが“トロい”とバカにされるアントニオと友情を育んでいく。 自分たちを阻害する生徒らに復讐を試みるが、それを機に少しずつ歯車が狂い始める・・・。

「最初で最後のキス」に投稿された感想・評価

イタリアの北部にある高校が舞台。自分を包み隠さず、派手な衣装と行動で転校初日に浮いてしまったロレンツォ。校内で尻軽女のレッテルを貼られて避けられているブルー。ある理由から口数が少なくバカだと思われているアントニオ。繋がるべくして繋がった3人が織り成す物語。
ロレンツォが学校に現れた時から、時折挟まれるファンタジーのようなシーンがミュージカルっぽくて可愛いんです。思わず微笑んでしまうし、たとえ彼が“オカマ野郎”と罵られても自分をちゃんと持ってて前向きだから、可哀想とかいう感情は生まれない。
ブルーとの友情は最強だし、ロレンツォが気になってるアントニオを誘うシーンはノリノリで本当に楽しそうでした。3人がずっと親友のままなら良かったのにって…
アントニオが誕生日を迎えたあの日。周囲を意識してロレンツォを遠ざけ傷つけたアントニオ。だけどあの夜、それが自分自身に深く関係していることを認識してしまったんだろうな…。
きっと、そのことに気づいたのがもっと大人だったら? もっと落ち着いて気持ちを整理できていたら違った結末が待っていたのでは? 衝撃のシーンからのラストシーンは切ないというか、残酷で悲しすぎる…。
思春期を過ごす若者の光と影が上手く描かれています。ただ、それだけではなく、三人三様の家族との関係性も、物語が進む中で少しずつ分かっていくというのも良かった。
私はあまり馴染みがない曲が多かったですが、レディ・ガガをはじめポップなナンバーに彩られた作品。ロレンツォ、ブルー、アントニオ、何もない毎日を過ごす彼らを笑顔にした友情が素晴らしい。危うさを残すラストも含め、良かったです。
悲しいかな、思春期の情動の儚い煌めき
良くも悪くも視野の狭さ故
「友達」ならば最強だったのに
ボロボロな彼らだけど、美しくて羨ましいよ
あっというまに青春は過ぎていく
おおや

おおやの感想・評価

4.5
3人ともそれぞれ魅力的で、かわいいなあ〜〜なんて思っていたら、、、
後半はつらくてつらくて、ラストは衝撃。
つらい、つらいよーーー
光のあれば必ず影は生まれる。
若者達の輝かしい絆と、
そこに隠された闇を描いた作品。

前半はとにかく驚くほど、ポップ。
ロレンツォが越してきた初日、自室の窓を開けるシーンが好き。
もっと3人の日々が見たかった。

後半は一気にシリアスに。
ほんの少しだけでも、違う道を歩んでいれば結末は変わっていたことが、より切なくて、ラストシーンは胸に残った。

向き合うことから逃げて得た強さは、
ガラスの様に脆く、砕けた破片は時に周りの者に突き刺さる。近い程に深く。
Dai

Daiの感想・評価

4.0
思春期ってボタンの掛け違いのような日々なんだなってつくづく思う。まさにifーたらればーの連続。

男女間の機微と若さゆえの荒々しさを上手に描いていてとても好きな作品であった。同性愛や性交渉など現代の若者が抱える諸問題が痛々しく表現されていた。

故に要所要所で挟み込まれるミュージカルタッチな演出は映画全体の緩衝材となっていてよかった。古着屋での件はとても好き。

最後まで見ると邦題の「最初で最後のキス」が強烈に突き刺さる。

(なお、この映画は2008年アメリカで起きたラリーキング事件を基に作られた映画とのこと。備忘録として記しておく。)
主演俳優さんの舞台挨拶があると聞いて中身もほとんど知らずに鑑賞。

序盤はなんか好みじゃない演出と思いつつ、終盤の展開に驚愕でした。
実話と聞いてさらに驚き。
いじめられた過去があるから、差別社会は本当に悲しいです。
社会人になってもなくならない・・・

そこに絶望しないで生きてほしい。

リマウ君とっても好青年でした!
ausnichts

ausnichtsの感想・評価

4.0
ビタースイートじゃないよ、どちらかというと青春残酷物語。

何も知らずに見に行けばラストはショッキング。

この映画、言葉では表現できない、人間の心の動き、おそらくそれらは、社会というものを認識し始め、それらと自分との齟齬のようなものを感じ始める思春期に最も表に出やすい様々な感情ではないかと思いますが、そうしたものが全編に見え隠れしています。

https://www.movieimpressions.com/entry/2018/08/27/141459



総じて好みの映画なんやけど、なんか惜しい。


ただ、ボーンディスウェイを用いてのミュージカルシーンは出色!

今さら感半端ないけど、最高のシーンでした。
kii

kiiの感想・評価

-
夏休み最後の日だったから映画館にでもいこうと思い立ってたまたま見た映画。
私はちょうど16歳だけど、あんまり共感できないしまだよくわからなかった。

このレビューはネタバレを含みます

「友情にはハッピーエンドが必ずあるとは言えない、、それでも、、」

〜あらすじ〜
転校生として田舎に引っ越してきたロレンツォはいきなり学校で除け者にされる。そこで同じような扱いを受けた女子のブルーに自分はゲイと伝えて次第に友情が芽生えてくる。そこにアントニオという、バスケ部の除け者が加わり、3人の交流が始まる。。


[感想]
16歳の頃の自分と重ねていつの間にか観ていました。ラストの衝撃。思春期の若者たちには勇気と知恵が少し足りないんですね。自分もそうでした、振り返ってみても、あのときこうしておけばといくつもの失敗を後悔しています。

作品の色合いに合わないラストが衝撃的すぎて、カメラを止めるなの構造とも似ている気がしました。なので、この映画も口コミで話題になればもっと公開数が広がる気がします。というか、みんなが観るべき映画だと思います。

現実問題、若者の苦悩や葛藤をテーマに、それをあまりにも暗く描かず、最初はポップに仕上げているから、とても入りやすかったのですが、そこからは予想もしえない最後に突きつける残酷な悲劇に言葉が詰まりました。その悲劇に後悔があるからこそ、最後の彼らの笑顔はものすごく切なかったです。
押し付けがましくなくても、考えさせられるものがありました。

友情が芽生えて、育んで、成立させるために「他人を心から受け入れる」と1つの回答も作品から聞こえてきました。簡単なものに見えて難しいものであると思います。

作品のテーマを真摯に受け止める結果になったこの映画はベストムービーに入れたいと思います。

まだ観ていない方はぜひ、おススメです!