最初で最後のキスの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

最初で最後のキス2016年製作の映画)

Un bacio

上映日:2018年06月02日

製作国:

上映時間:106分

あらすじ

不器用な僕らが誰よりも輝いていた日々 イタリア北部・ウーディネ。個性的なロレンツォは、愛情深い里親に引き取られ、トリノからこの町にやって来るが、奇抜な服装で瞬く間に学校で浮いた存在に。 ロレンツォは同じく学校で浮いている他の2人――ある噂から“尻軽女”とのそしりを受ける少女ブルーと、バスケは上手いが“トロい”とバカにされるアントニオと友情を育んでいく。 自分たちを阻害する生徒らに復讐を…

不器用な僕らが誰よりも輝いていた日々 イタリア北部・ウーディネ。個性的なロレンツォは、愛情深い里親に引き取られ、トリノからこの町にやって来るが、奇抜な服装で瞬く間に学校で浮いた存在に。 ロレンツォは同じく学校で浮いている他の2人――ある噂から“尻軽女”とのそしりを受ける少女ブルーと、バスケは上手いが“トロい”とバカにされるアントニオと友情を育んでいく。 自分たちを阻害する生徒らに復讐を試みるが、それを機に少しずつ歯車が狂い始める・・・。

「最初で最後のキス」に投稿された感想・評価

yokopi

yokopiの感想・評価

4.2
弾ける青春よ!!!輝く若者たちよ!!

大人になると、世界は広いし何とかなるさだし幸せも諦めも自分である程度は気持ちをコントロールできることを知るけれど、
自分の若かりし頃のことを思うと、そうじゃなかったなぁ。世界は狭くてどうにもならなくて雁字搦めで身動き取れなかった。

映画の中の彼らは、孤独や悩みを抱えながらも仲間になれた。キラキラした時間を一緒に過して怖いものなどないかのように見えていたのに。ひとつほころび始めるとあっという間にキラキラはどこかへ行ってしまった。

人を自分を追い詰めない。それができたら、あのラストは変わってたよね、きっと。

たくさんの若い人に届いてほしい、素晴らしい作品です。

ブルーの履いてた、ターコイズグリーンのドクターマーチンがめっちゃ可愛いかった〜
かつ

かつの感想・評価

4.8
3人の無敵感と不安定さがリアルすぎて、眩しくて切ない
高校時代を思い出してううっとなったし、ラストはもう…
今まで観たティーンエイジャーもの(?)の中で1番好きかもしれない…
当時62歳の黒崎さんという方がバルセロナへのシンガポール航空の機内で、到着までに4回鑑賞して、「G7のなかで日本だけが配給の権利を持っていない」ことに疑問を感じて自分で会社を立ち上げて権利取得して上映まで至っている映画です。
もうこの時点で観たくなる。

撮影部分でおもしろい撮り方をひていたり、多数散りばめられている妄想シーンの中でも特に印象深いシーンがあったり。

なによりも、伝えるメッセージが「知恵と勇気を持つことの大切さ」という今の時代に正直恥ずかしくて真正面から言いづらいことをストレートに作品に落としていて、観た後に心地よかったです。

アップリンクでは5人くらいしか観客がおらず、おそらく相当な赤字になってしまっていますが、黒崎さんが権利を取得して日本で上映してくれなければ、イタリア語がまったくわからない自分がこの作品に出会うことはなかったので、感謝しかないです。ナイストライです黒崎さん。
m

mの感想・評価

3.9
今流行り?のLGBT系でも
まだまだ差別がなくらない現実を
つきつけてくる衝撃の結末
こうだったらなっていう願いで
終わるのが切なくて仕方ない
レディガガのBorn this wayの歌詞が
こんなに合ってて良かったとは!
三人がそれを楽しそうに歌って
踊ってた光景が忘れられない
悠

悠の感想・評価

3.9
【不器用な僕らが、誰よりも輝いていた日々。】

" 神様があなたを完璧に作ったって言っていた だから顔を上げて彼女と遠くへ行くの 私のいうことを聞いて 私は私の道で美しい "

あの頃の日々は、愛した人に嫌われたくなくて必死で、もがけばもがくほどに沈んで、自分が嫌になることの繰り返しだ。それでも、楽しさを見出せたら、笑いあえた時間を一生忘れないだろうと思う。一言だけ、少しだけ、優しさを与えられたなら、結末は哀しくなんてなかった。でも、それ以前に、纏っていた偏見が、排斥が、差別が、3人皆を傷つけていた。彼らの脆さとか危うさが引き起こした悲劇、とかで綺麗にまとめたくはない。Lady Gagaの言葉が響く。どう生きるのだって自由で、誰も奪う権利はない。


Un bacio
いろんなところで話題になっているのを目にして、観てきました。
イタリアの映画。

いい意味でまっさらな気持ちで見ようと思ったものの、タイトルから想像しうる内容とはかなりかけ離れていてすごく衝撃だった。


10代の甘酸っぱさや残酷さ、
あぁ思春期ってこんなこと考えてたよね、
とか懐かしい気持ちになりつつも。

ほんの少しのボタンのかけ違いで喧嘩してしまったあの子。あのとき、一言声をかけてあげられていたら。私が、あとほんの少し、大人だったら。

いろんな「たら、れば」が観終わったあと、心の中に急に現れました。


観終わってから大分経ってるのだけど、感想をかけるようになるまで珍しく時間がかかりました。

日本の映画にはないような感性だったり、瑞々しさがあって内容は割と重たいのだけど全体として観終わった後に暗い感じにならなかったのがよかった。
スペインらしいのかな。全部ひっくるめて。
高校生の青春な部分は輝かしく描かれてるし、最後の方のシーンも面白い。
ただこの映画全体で音楽にこだわりすぎるが故に、もっとシリアスに描くべきだなーみたいなところの収集がつかなくなってる印象。
ストーリーはいい意味で期待を外れたけど面白さは期待通りになってしまったかも。
es

esの感想・評価

-
胸をざわつかせる作品。大局的に見ても人間は歴史から学ばない生き物だと分かるが、日常にも学んで生かすべき事案が沢山転がっている事を思い知らされる。
fumika

fumikaの感想・評価

3.0
舞台はイタリア北部の小さな田舎町ウーディネ
愛情深い里親に引き取られトリノからこの町の学校に転校してきたロレンツォは、個性的な服装で周囲から浮いた存在になってしまう
やがてロレンツォは同じく同級生たちになじめないブルーやアントニオと親しくなるが、自分たちを阻害する生徒たちに復讐を試みたことをきっかけに運命の歯車が狂いはじめる


端的に言うと期待してたよりは面白くなかったです(T-T)
(「彼の見つめる先に」と設定が似通っている為どうしても比較してしまう…)
3人の感情の終着点や、揺れ動きが曖昧に描いている様に見えたのが主にマイナスな点


箇所箇所でミュージカル風に仕上げているところは純粋に楽しめる


多分私より上の世代よりかは彼らと同年代の人にヒットする作品かな〜と思いました


ただ驚いたのは、これが実話をベースにしていたことで、それは観た後に知ったので、だからこその現実的で映像にするとやや見劣りのする悲劇性なのかなと思いました
今作以前上映された、実際の事件を追ったドキュメント映画「バレンタインロード」を事前に観るとより作品に入り込めるのかも?


彼らのファッションやイタリアの田舎町の景色は見ごたえあり
ブルーやロレンツォ家のインテリアの可愛さにも注目!
ポップでスタイリッシュな音楽、映像とは裏腹に、冒頭から不穏な感じが通奏低音のように流れる...
心がひりつく作品だ。

ところで、自分は本作品が日本で公開されるにいたる物語に思いっきり惹かれて鑑賞に至った次第。まぁ、これ↓読んで!
https://www.sankei.com/entertainments/amp/180601/ent1806010015-a.html