最初で最後のキスの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

最初で最後のキス2016年製作の映画)

Un bacio

上映日:2018年06月02日

製作国:

上映時間:106分

3.9

あらすじ

不器用な僕らが誰よりも輝いていた日々 イタリア北部・ウーディネ。個性的なロレンツォは、愛情深い里親に引き取られ、トリノからこの町にやって来るが、奇抜な服装で瞬く間に学校で浮いた存在に。 ロレンツォは同じく学校で浮いている他の2人――ある噂から“尻軽女”とのそしりを受ける少女ブルーと、バスケは上手いが“トロい”とバカにされるアントニオと友情を育んでいく。 自分たちを阻害する生徒らに復讐を…

不器用な僕らが誰よりも輝いていた日々 イタリア北部・ウーディネ。個性的なロレンツォは、愛情深い里親に引き取られ、トリノからこの町にやって来るが、奇抜な服装で瞬く間に学校で浮いた存在に。 ロレンツォは同じく学校で浮いている他の2人――ある噂から“尻軽女”とのそしりを受ける少女ブルーと、バスケは上手いが“トロい”とバカにされるアントニオと友情を育んでいく。 自分たちを阻害する生徒らに復讐を試みるが、それを機に少しずつ歯車が狂い始める・・・。

「最初で最後のキス」に投稿された感想・評価

tomtomcafe

tomtomcafeの感想・評価

4.0
実際にあったラリー・キング殺害事件を下敷きにしたお話。
ラリー・キング殺害事件とは、当時中学生でゲイだったラリー・キングが、授業中にクラスメイトから銃で撃たれて殺された事件。
事件を下敷きにしてると言ってもおそらくかなり脚色されていて、いじめや差別に対してどうすればよかったのかがテーマになっているように思いました。
前半はコメディで笑える場面もあったのですが、とあることがきっかけで少しずつ仲良しだった3人がぎこちなくなっていきます。

幸運なことに鑑賞後にこの映画を買い付けるために定年後に起業した会社の代表者のトークショーがあり、いろいろお話が聞けてとてもよかったです。
ゲル

ゲルの感想・評価

3.3
アンバランスで不思議な作品だった。

あんな結末を見せられたら、最後の3人の笑顔を見ても笑えない。
ポップな映像効果や突然始まるモブ的シーンなど、序盤は若者向けの軽いノリで、動画配信のところはついていけなかった。
しかし、見終わる頃にはすっかりダークな気分だった。
作品中でこれだけ空気感がコロコロ変わるのも珍しい。
青春時代の不安定な心の揺らぎを表しているのだろうか。
音楽がブツっと切れるシーンが多くて不快だった。
とにかく、どっと疲れた。
kazata

kazataの感想・評価

3.5
改めて、レディ・ガガ様は世界共通のマイノリティーのアイコンとして定着してるよなぁ、としみじみ。

惜しむらくは、クライマックス前後でもう1曲ダンスが欲しい!
mk

mkの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

3人が始めて集まるシーンも電車のシーンも素敵。
残された皆は幸せになれるのか…
しかし落差が激しい。
観てよかった。お客さん少なかった。悲しい。
シャツからはかわいい蝶々が飛び出すし、歌い踊るし、3人がテンポよく仲良くなって、楽しい日々を過ごす。そこからこじれていく、ラストに向けての緊張感。
アメリカで起きた事件に衝撃を受けて、監督が脚本を書いたとか。また、日本での配給は予定されておらず、この映画に惚れ込んだ方が配給会社を作って、めでたく日本で公開になったそう。それらの思いが十分に伝わってくる映画でした。
ma

maの感想・評価

4.2

ギリギリ観に行けた!
これは観ておいて良かったって
心から思えた。


3人の思春期、それぞれ悩みや苦しみが
あって それを取り巻く大人たち 学校が
あって、その中でどうにかもがいて
自分らしく生きていこうと努力する姿。

実際の事件がモチーフになってるのは
後から知ったんだけど ラストが本当に
衝撃的だった。


あのときこうすれば良かったとかそんなの後から言ったって何も変わらないのに 人は過ぎ去ってからしか本当の意味を理解できない

って この映画から教えてもらった。
自分の気持ちに素直になるって大事だなぁ、、


LGBT 性的虐待 が ちゃんと描かれててそこも良かった。
imnr

imnrの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

音楽の使い方に3人の妄想など、ちょいちょい挟まれるクサイ演出。
当人より両親たちが不憫過ぎるオチと、正しい対応のハウツーみたいなラストシーンの落差。
ブルーが受けた性的被害の件など全体的にティーン向け警鐘作品の様な印象を少なからず受ける。
起承転結の転までが素晴らしい。

許したら即前戯が始まりそうなボディタッチはLGBT関係無く飛ばし過ぎだと思う笑
sat0mi

sat0miの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

間違いだって断言できないように、正解だって言い切れないし。でもロレンツォのお父さんお母さんは大正解だった。
cmbynのエリオのパパが最高だって言ってるひと、私の周りにたくさんいたけどあの映画のなかでのお父さんの言葉は私には過剰で、蛇足だった。
ロレンツォのお父さんお母さんのあったかい言葉が私には嬉しかった。

信じることは愛がないとできないってわかってるから信じることを諦めちゃう。ロレンツォがやんなっちゃうくらい前向きでポジティブでかっこいいから、アントニオは困ってしまったんだとおもう。

少しの勇気と知恵があれば悲劇を変えられたかもしれない。
そういうことが人間と関わって生きていく上でたくさんあったし、これからもあるんだとおもう。だから諦めなくて大丈夫なくらいたくさんの愛と勇気と知恵をもって人と向き合いたい。

レディーガガが最強だって、思い出した。そうだった、
さゆ

さゆの感想・評価

3.4
切ない。結末知った上で見る気満々で行ったんだけど、今見ておくことがてきてよかったなと思える映画だった。
ロレンツォはあまりに唐突すぎたんじゃないかなあ…せめてもう少しステップ踏めば…
またあとで書こうかな。(映画館がチョー素敵だった)
咎

咎の感想・評価

4.3
実際の事件がモチーフになってる事を知らずに観に行ったのでラストは衝撃だった。

この3人がとにかく愛おしい。劇中にふんだんに使われている10年代の洋楽ポップも良い。

大人にも見て欲しいけど是非是非ティーンに見てもらいたい映画!