最初で最後のキスの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

最初で最後のキス2016年製作の映画)

Un bacio

上映日:2018年06月02日

製作国:

上映時間:106分

あらすじ

不器用な僕らが誰よりも輝いていた日々 イタリア北部・ウーディネ。個性的なロレンツォは、愛情深い里親に引き取られ、トリノからこの町にやって来るが、奇抜な服装で瞬く間に学校で浮いた存在に。 ロレンツォは同じく学校で浮いている他の2人――ある噂から“尻軽女”とのそしりを受ける少女ブルーと、バスケは上手いが“トロい”とバカにされるアントニオと友情を育んでいく。 自分たちを阻害する生徒らに復讐を…

不器用な僕らが誰よりも輝いていた日々 イタリア北部・ウーディネ。個性的なロレンツォは、愛情深い里親に引き取られ、トリノからこの町にやって来るが、奇抜な服装で瞬く間に学校で浮いた存在に。 ロレンツォは同じく学校で浮いている他の2人――ある噂から“尻軽女”とのそしりを受ける少女ブルーと、バスケは上手いが“トロい”とバカにされるアントニオと友情を育んでいく。 自分たちを阻害する生徒らに復讐を試みるが、それを機に少しずつ歯車が狂い始める・・・。

「最初で最後のキス」に投稿された感想・評価

しのぶ

しのぶの感想・評価

3.6
友達とか恋人とかじゃなくて、どうしようもなくシビアに「君」と「僕」「私」でいたくなる関係があって、それは絶妙なバランスで成り立っているということを思い出した。桜庭一樹の「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」を思わせる、不思議な転校生立ち位置のロレンツォがとてもよかった。彼の背景に飛ぶカラフルなアニメーションが可愛くて好き。
さより

さよりの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

好きなところ
・アントニオに招待状をわたすところ
・三人それぞれの両親
・写真

ラストに納得できない……
変わるべきは本当にそこだったのでしょうか
せりな

せりなの感想・評価

4.0
現実世界を生きるための術でもあるんだけど、オープニングのキラキラした映像から青春の瑞々しさみたいなものを感じた。
学校でのはみだし者の3人が生き生きと楽しそうにしている姿からのラストは衝撃的だったけど、ほんの少し言葉を交わす勇気があれば避けられたのかもしれない。
ブルーの自分に宛てた手紙から予感させるものはあったけど、そういうこと!?ってなるよね…
実際にあったヘイトクライムが元になった作品なんだよね。
自分が理解できないことだから即排除ではなく、私は違うから受け入れられないという意思表示ができればいいのかな?

友情、恋愛、家庭それぞれに全力で向き合った3人の青春映画でもあるのかな?
トミー

トミーの感想・評価

3.6
前半と後半で全く印象の変わる作品。
前半は正直、ロレンツォの頑張り過ぎ感があって、あまり共感できず。
でもロレンツォは一生懸命生きてたんだよね。
ある場面から緊迫感が出てきたのは良かった。
れい

れいの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

前半のポップな友情青春ストーリーと後半の三角関係残酷ストーリーの落差が激しすぎて脳裏に楔が撃ち込まれたみたい!もし親友だと思っていた友が告白してきたら?自分だったらどういう行動が二人にとって正しいのか?実際の事件を本にした小説が原作とのこと。
みつい

みついの感想・評価

4.0
多様性、はこういうことなのだろうなあ。
亀裂、と言うにはあまりにも深くて大きいけど、何にでもなれて何でもできる年の頃なんだもんなあ、だったんだよなあ、と思い出した。born this way、よかったなあ。
もい

もいの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

わかりやすく表現してる映画だったと思う。
途中までのノリのいい音楽に乗って楽しくしてるシーンたちがラストの悲しさを際立たせる感じ。
当人たちは悪くないのに、世間の価値観に押されてしまう。
やまゆり園の事件を思い出した。犯人は単に奇特な狂った人っていうわけではない。社会の排他性が表に出た結果なのだと思う。
色々な人がもっと生きやすい世界になりますように。
Kanami

Kanamiの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます


始まって5分でもう、ああすきなやつだって確信してしまった

途中までがにこにことしてみてしまうくらい本当に幸せだったから最後でとても悲しくなってしまったなあ

ボーンディスウェイのとこだとか、ペンキ塗るところだとか、本当に素敵すぎるなあ

ウォールフラワーをみたときみたいな感情を久々に感じたかもしれない。
お気に入りの映画に入ると思う。

というか三人とも顔立ちが整いすぎや。
83

83の感想・評価

4.0
ラストにただただ呆然とする。
3人もその家族も、みんなとっても愛おしい。
わくわくしながらも切なかったりと、とてもいい映画を観ている気持ちになれた。
でもラストでそれがガラッと変わる。悲しい。
それぞれが前向きに生きていけますように。

このレビューはネタバレを含みます

眩しすぎる完璧な友情。かけがえのない日々。
それがまさか永遠に失われてしまうなんて思ってもいなかったので、深ーーーい喪失感に襲われている……。
とてもいとおしくて、幸せを祈らずにいられない3人だった。

周囲の大人たちもまったく完璧ではないながらも親として努力しているところがとても誠実。みんなそれぞれが一人の人間だった。

世界中にいるであろう、こんなティーンたちが残らず最高に幸せになれ。絶対なってくれ。