ターミネーター ニュー・フェイトの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

上映館(377館)

ターミネーター ニュー・フェイト2019年製作の映画)

Terminator : Dark Fate

上映日:2019年11月08日

製作国:

上映時間:129分

ジャンル:

「ターミネーター ニュー・フェイト」に投稿された感想・評価

ボノモ

ボノモの感想・評価

3.5
シュワちゃんカッコいいけど、もっと機械らしい、冷徹な感じが見たかった。
人間味おびてるシュワちゃんはターミネーターではない。
ジェームズ・キャメロンが製作と脚本に復帰。1、2の正当な続編というふれこみに釣られて映画館へ。

うん、悪くはなかった。悪くはなかったんだけど何か残念だな…という印象。この作品を正当な続編にしてしまったことで、私の苦手なナンバリング映画のパターンに入ってしまったような。そもそも3、4、新起動にも愛着があるから切り捨ててほしくなかった。

1、2のファンがニヤリとくるようなネタは多めに仕込んである。
まあリンダ・ハミルトンが画面にいるだけで、昔ながらのファンはにっこりしちゃうよね。体もこれに合わせてか、筋肉を仕上げてあって流石だと思った。
CGの進化のおかげでアレが見れたことも良かった。

そして一番良かったのは強化人間のグレース。
女性なのに本っ当にイケメンで美人でかっこ良かった!異次元スタイル。
グレースのために私はBlu-rayを買うぞ~!
indie138

indie138の感想・評価

4.0
強靭なフェミニズムを最強のストーカー撃退作品に盛り込むと何故かマッチョ思想な女性が感情むき出しの酷い罵りや怒りながら大暴れするという明らかに外伝パラレルワールド的になってしまったこの物語は有名なサラ・コナーがくたびれ果てた荒くれお尋ね者でドルフ・ラングレン似の身体改造女兵士が怒り暴れる事しか出来ない事に対し世間に馴染み従順になったシュワルツェネッガーが知性ある賢者的な立ち位置になったのは現代の先進的な考え方が進むと女性は総じて身を守る為に暴力的になるべきであり穏健な男性は隠者的に力添えをして行くべきであるという啓蒙が伺えるが淡々と追っかけてくる新型ターミネーターの影の薄さはどうしたことだとそちらの方が心配になってしまったが今の時代の強い意志を感じる興味深い面白作である事は間違いないかと。
<ストーリー ネタバレなし>

人類滅亡の日である「審判の日」は回避されたが、まだ危機は去っていなかった。
メキシコシティで父と弟とごく普通の生活を送っていた21歳の女性ダニーのもとに、未来から最新型ターミネーター「REV-9」が現れ、彼女の命を狙う。
一方、同じく未来からやってきたという女性戦士グレースが、ダニーを守るためにREV-9と壮絶な戦いを繰り広げる。
何度倒しても立ち上がってくるREV-9にダニーとグレースは追いつめられるが、そこへ、かつて人類を滅亡の未来から救ったサラ・コナーが現れる...

<感想 ネタバレなし>

3・4・ジェネシスをなかったこととし、2からの正統な続編としての本作。

予想通りのストーリーで
特にこれといった面白い点もなし。

やはりターミネーターは1・2だけでいいです。
moosan

moosanの感想・評価

3.9
王道。王道故に普通になりがちではあるけど、サラコナーはカッコよさが活きるのです
masterk

masterkの感想・評価

3.6
時代は変わった。運命はどうだ。微妙な言い回しながら当たり前でもあるよな。

サラ(リンダ・ハミルトン らの)活動により審判の日を回避させ、平和な日々が過ぎていくなかでまたしてもT800(アーノルド・シュワルツェネッガー)が現れ息子ジョンを殺害。時は現代、新たなターミネーターが未来から飛来する、、、

まずはターミネーター3&4を頭の片隅にすると、ターミネーター2の続編って観ると楽しめます。スーパーソルジャー・グレース役マッケンジー・デイヴィスはシリーズの流れからすると再登場が無さそうなのが残念です。彼女は、タリーと私の秘密の時間のベビーシッター・タリーでしたね。
taro2015

taro2015の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

T2ファンとしてはエンタメとしては非常に楽しめた。

色々設定のツッコミどころは感じた。
未来にはあんだけぶっ飛んだテクノロジーのターミネーターがいるのにそもそも強化人間って。。。しかも注射で回復って。。。あと森の中に暮らしてるシュワちゃんが何年にも渡ってメールしてくるとか。。。メキシコのかわい子ちゃんの素性もあんだけ引っ張っておいて別に。。。

しかしやはり、T1000及び今回のRev9?との戦闘シーンは何度見ても最高。無表情でこいつらにガンガン銃を打ち込むシーンはいつも最高。思いっきり鈍器で殴ったり、鎖でぶっ叩いたり。

あの4人のどうでもいい薄っぺらいドラマに時間が割かれていて、もっとrev9?の人間コピーとか変態暴れっぷりがもっと見たかった。
倒され方もねえ。。。

正当な続編というか、雑なリメイク、か。
rev9がT1000同様、暴走トラックを運転するシーンなどは最高なんですが。。。
あんくらいのアクションでいいんですけどね。スケールとしては。その方が怖い。

T2の方がT1000が丁寧に描かれていて怖かった。今回はCGも雑な感じが。。。rev9のあの骨と肉システムの設定ももうちょい活かせた気が。。。

強化人間が鎖ぶん回す所はよかった。

imaxで観たから楽しめたのかなぁ。。。
芝

芝の感想・評価

4.5
最高の百合を見た…………

サラ・コナーの登場シーンカッコ良すぎる!!!銃の反動を完璧に抑えて撃ちまくるイカしたばーちゃんが歩いてきたらドキドキしてしまうよ。

今回の敵ターミネーターもハンサム。スタイルが鬼良いのでツナギ姿がカッコいい。優しい顔立ちなので微笑まれるとコロッといっちゃいそうですな。

でも1番かっこいいのはグレースですね!!!ピンチに颯爽と現れ命を賭して守ってくれる有能女兵士に惚れないやついる?いない。
グレースがダニーの背後からギュッと腕回して庇うのがたまらん。姫と騎士みたいな関係性エモ〜〜😫😫身長差も萌える。
しかしいろいろ残酷すぎて……ダニーは別れを見据えながらグレースと出会うんだなと思うと……ウッ😩

シュワちゃんネーター良かった。若い頃より老けた今の方がカッコよくて、素晴らしい年の重ね方だなと思った。
サングラスはかけないんだな。

しかし話の主軸が代わり映えしないので、いつまでこんな戦い続けるんです?感が出てきてしまうな。ちょっと疲れるので頭を空にしてみた方がよい。
にの

にのの感想・評価

3.1
全体的にアクションシーンがいっぱいなんだけどなんか古臭い
お祭り感のある映画でした。
T2を観た人なら良いかも
RAMPO

RAMPOの感想・評価

3.8
旧作1作目と2作目のみ事前に復習鑑賞し、それ以外の予備知識を全く持たずに鑑賞しました。
2作目に直接繋がる事実上の3作目との位置付けの本作、鑑賞前の最大の個人的疑問、ジョンはどこいった?っていうのは、開演早々に解消されました。
撮影技術(主にCG技術?)の向上で、戦闘シーンは大迫力かつスタイリッシュ。前作へのオマージュ的演出もあってとても楽しめました。
が・・・。

ジョンウィックパラベラムもそうですが、敵が息つく暇もなく襲い掛かってくるので、全編通じてずっと戦闘。飽きなくて良いとも言えるのですが、緩急がなくて逆に退屈さも感じるというか。
その点、2作目は情緒的というか、世界観を語るための静的場面も程よくあった気がしますね。ことに本作の設定は…ネタバレになるのであまり多くは語れませんが、邦題(副題)そのものなので、もう少しその辺を描くシーンが欲しかったかな。

なお、前記したジョンの行方、エイリアン2のラストからエイリアン3の冒頭に至る際に感じたものと同じ感覚を覚えました。
それに、そのおかげでクライマックスでも、ちょっと殺伐、もしくは淡々としたものにしかなり得ないよねって気がして、どうしてもT2のラストとの対比で考えてしまいます。
また、本作設定に関しては、これがアリならいくらでも話は続く訳で、ちょっと反則的かなと。まぁ最近は、同じような設定のSF作品が増えてますから、これはこれで良いのかもしれませんが…。
その意味では、上記で邦題に触れましたが、原題(副題)も本作の本質をよく表してます。

私は、旧T3、T4、リブート的位置付けの新起動/ジェニシスいずれも嫌いじゃないので、これもバリエーションの一つとして楽しめましたが、ちょっとモヤモヤも残りました。