イリえッティ

パンとバスと2度目のハツコイのイリえッティのレビュー・感想・評価

3.9
東京国際映画祭で鑑賞。


びっくりするほど何もないストーリー。
セリフも 飛び抜けて面白いわけじゃなく、自然かって言われたら、なんかぎこちない。
演技も、下手なライン。

そんな映画。

では、面白くなかったのか?

いやいや。良い。

映画館一体が、とても心地よかった。


深川麻衣の優しい雰囲気。
今泉力哉監督のホンワカした雰囲気。
映画が醸し出す 暖かい雰囲気。

こういうラブストーリーが、たまにはあっても良いのだなぁ。
いや、たまにどころか、
もっとたくさんあっても良いんじゃないだろうか。


暖かく悩み、暖かく笑い、暖かく劇場を出れた。

良き。