パンとバスと2度目のハツコイの作品情報・感想・評価

「パンとバスと2度目のハツコイ」に投稿された感想・評価

U3

U3の感想・評価

3.6
この作品も
とても気になっていて
ようやく見れました(*^^*)

パンが硬すぎたせいだね
時々真似したくなるようなセリフ

山から叫ぶ
ちょっと臭すぎる演出
邦画らしい流れの映画です


ほんわか
ふっくら
ゆっくりと


捏ねて
発酵させて
焼きあげる
立ち上る香ばしい匂い

焼け過ぎちゃった時の焦げた感じ
焼きたてのパンの幸せな味


パンが焼きあがるまでの時間のような
そんな映画でした

2019年37本目鑑賞
なんの予想も覆さないまんまそのまんまな深川麻衣の天素映画。
終始のっぺりな中、ひと際異質なのがやっぱ伊藤沙莉。
カットイン、パンチ効きすぎ。

今日び、山で叫ぶ演出はむちゃくちゃおもろい。
面白くないを通り越して身体が拒否反応を起こした。ダルいしうるせぇ。女を撮って満足か?
24歳のわたしの年頃にぴったりだった。悩み事、空気感に共感。20代を表しているような映画だった。
丘での大声でのカミングアウトめっちゃ受けた。
また時間経ったらもう一度見たい映画
kan

kanの感想・評価

4.5
音がすきです。
深川麻衣に一目惚れた。
人を好きになるって何か。付き合うとは結婚するとは何かについて考えさせられる映画。空気感が好き
こく

こくの感想・評価

2.0
主演の男女に珍しくタレントを起用したのに、いつもの平熱感やズレた距離感を変えなかった今泉監督は信頼できる。アイドル映画としては大正解だけど、その枠から1ミリたりとも踏み出していないのが残念。雰囲気がよいのに、核がない感じ。

若い男女が絶叫までしてるのに、恋して失恋しても、あくまでも淡々としてダメージは決して受けてない感じ。

これなら、いつもの無名役者を起用した自主映画っぽいスタイルで良かったのでは?
蕨

蕨の感想・評価

3.8
「ちょっとずつずれてるんだよなぁ。」

パーキングで夕日を眺めて言ったこの台詞はこの物語の全体を表しているように思えた。
両思いなんてありふれているようで実はそうでもない。本当の両思いなんて存在するのだろうか、そう感じた。付き合ってても結婚できたとしても、片思いな人は片思いのままであって、片思いだからこそずっと好きでいられる。
いろんな形の恋愛があっていいと思う。このでこぼことした想いを敢えて表現したところは人間の気持ちの複雑さを描いてて甘ったるい恋愛話よりずっと共感できた。
あの人に見せたい、そう思える相手がいるだけでいつもより少しだけ、幸せでいられるような気がする。
>|