ピンポン THE ANIMATIONの作品情報・感想・評価

ピンポン THE ANIMATION2014年製作の映画)

Ping Pong The Animation

製作国:

上映時間:23分

4.4

「ピンポン THE ANIMATION」に投稿された感想・評価

甘味

甘味の感想・評価

4.6
テレビアニメやのになんでフィルマに登録あんねん??見つけちゃったからにはマークしとくか。

言わずもがな何もかも最高だよ。これ以上ないアニメ化だよ。私が松本大洋なら幸せすぎて泣く。普通に観ても毎度泣く。

ほんで同じノイタミナの湯浅作品やのに、なんで四畳半神話大系は登録無いねん???死ぬほど好きやのに…!!!(もう10周以上観てるし、Blu-rayBOX買っちゃったし、スコア付けるなら5兆点)
Nozy

Nozyの感想・評価

4.3
映画じゃないけど
manami

manamiの感想・評価

-
実写映画の方を久々に観てレビューしたら、こちらもFilmarksにあったので、映画じゃないのに何故と思いながらもついでに鑑賞&レビュー。
実写とアニメはけっこう違う。原作は読んだことないから、どっちがオリジナルに近いのか分からないけど。
キャラクターで最も違いを感じるのはドラゴン。カリスマオーラ全開の実写に比べて、アニメではちょっと残念キャラね。チャイナに握手求めたのにスルーされたり、恋愛偏差値0だったり。
ストーリーも、実写ではペコとスマイルの成長に集中してるけど、アニメではもっと広く深く描かれてる。熟年キャラ達の因縁とか、負けた選手の悲哀とか。
湯浅政明ファンとしては彼らしさも嬉しい魅力。動かされない背景、その中をヌメヌメカクカク動く人物、からのいっきに躍動感みなぎる試合シーン。マンガのようなコマ割り、下からの構図。あとオープニングが異常なまでにカッコイイ惚れるカッチブー。
そして全11話中、6話が特に神回。クリスマスイブのドラゴンと百合枝、スマイルとコーチ。ペコとアクマ。チャイナが歌う「Midnight Fight -ひとりぼっちのクリスマス・イブ」。ラストの迫力あるカットも、味のある一言も最高すぎる。

#1風の音がジャマをしている
#2スマイルはロボット
#3卓球に人生かけるなんて気味が悪い
#4絶対に負けない唯一の方法は闘わない事だ
#5どこで間違えた?
#6お前誰より卓球好きじゃんよ‼︎
#7イエス マイコーチ
#8ヒーロー見参
#9少し泣く
#10ヒーローなのだろうが‼︎
#11血は鉄の味がする

29
Q

Qの感想・評価

4.9
実写にどハマりしてみたけどアニメも最高すぎ
愛してるぜ
そう

そうの感想・評価

4.2
これに出てくる奴ら全員愛してるぜ
愛してるぜ
ワンダフルだよ。
一人一人のキャラ設定がとてもしっかりとしていて思わず感情移入してしまう。

Amazon primeで見れるからぜひぜひのぜひ。
原作の松本大洋の漫画は何度も読み直すほど大好きだが、スピード感躍動感たっぷりで再現してくれたアニメ。
実写映画は時間の都合上、描かれきれていない部分が多い気がしてこっちの方が良いと思う。
Yuta

Yutaの感想・評価

4.5
「愛してるぜ」

多くの人がコメントしてるが、これはスポ根アニメじゃないな笑 
名作すぎる。久々に見たが全話一気見してしまった。
全てのセンスが爆発してる

オープニングの爆弾ジョニーの曲も死ぬほど良い
KANJI

KANJIの感想・評価

4.4
これはスポ根アニメではない。


「卓球は才能がモノを言うスポーツだ」

この一言が表すように、才能のないものは才能のあるものに決して勝てない。
ある種のリアリズムに基づいて構成されている。

主人公は圧倒的な才能を持つシリアス版サイタマである。
>|