ダウンレンジの作品情報・感想・評価

「ダウンレンジ」に投稿された感想・評価

キナ

キナの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

楽しすぎて心臓止まるかと思った。

開始5秒で急展開、一切無駄の無い90分の究極の緊張を楽しめる完全ワンシチュエーションのサバイバルスリラー。
隙の無い狙撃と銃声が身体に重く響いて、一寸先も見えない死の恐怖をダイレクトに感じた。

スナイパーの殺戮に何の目的も理由も意味も示されないところが良い。これ以上ない不条理さが好き。
結構なガチ装備で潜んでいるのでその本気さが垣間見えてゾワゾワする。
飢え乾くターゲットを片目に、これ見よがしに水を飲み干し肉をかじるシーン好き。

劇中の若者6人のタイプがウェイウェイのパリピ系じゃないのも良い。
露出度の高いセクシー美女とイケメン達のイチャコラズンドコ旅ではなく、相乗りで出会ったばかりのお互いをよく知らない少しぎこちない関係というのが新鮮。
相乗りの背景や目的地に向かう理由はジョディ以外明確な説明がなく、上映が始まって初めて6人に出会った観客側の目線と重なるものを感じる。
6人ともわりと普通な人間なので親近感がわき応援したくなる。だからこそ絶望感も強く感じられる。

ジョディの妹に向けたハッピーバースデーの歌のシーンは泣けた。サラとトッドの秘密も。
取ってつけたような小さなドラマだけど、この窮地では倍グッと来た。切ない…

ゴア描写のサービスショットも惜しみなく、見た目にも楽しい。
ジェフの頭の中からズームアウトしていくカットやサラの顔から滴る血液とボロボロになった目玉など、造形も見せ方の演出も骨太で凝っていて最高。
車に踏まれたり首飛んだり、ジェフの扱いよ…かわいそうに。
ついさっきまで談笑していた人間が唐突に破壊されて動かなくなってしまう戸惑いと恐怖が好き。

とにかく楽しくて一発で大好きになった作品。もう一度観たい。

2018.9.28 もう一度観た 追記

分かっているのに恐ろしい。
そしてこの作品を好きな気持ちが更に高まり、胸と頭がいっぱいになって呼吸が荒くなった。

序盤に道端でサラが見つけたモチーフは何だったんだろう。十字架や花があったからそこで死んだ者達への手向けなのかな。
そうするとあのスナイパーは以前からあの場所を狩場にしていたことになる。末恐ろしい。よく捕まらなかったな。

軍人の親を持ち、家族で狩りをしていたケレンが今回狩られる立場になった心情を考えるとたまらない。
頭が切れてかっこいい彼女が好きだったので、あっけない最後はショックだった。
エリックみたいに脚とか撃たれて苦しんだりしてから段階を踏んで殺されて欲しかった気持ちもあるけど、スナイパーからしたら警察迫ってるし時間ないから仕方ないか。好きだ…

全滅のあの後どうなるのか、あの前はどうだったのかなど説明の無いもどかしさもまた好き。
ぎゅっと詰まった濃厚な本編に対してぽっかり空いた余白を自分なりに想像して埋めるのも楽しい。

劇場のスクリーンと音響で観るのが楽しい作品だったので公開終了してしまったのが悲しい。
もっと大きなシアターでまた観たい。

2018.12.29 一番怖いの人間ナイトにてまあまあ大きなスクリーンでまた観られた 追記

パンクした時の写真をサラがSNSにシェアした時、メッセージを送ってきた人が彼女と同じ名字だということに気づいた。
弟だったのか、兄だったのか。
色々あったサラを気遣う家族の存在がまた悲しい。

エリックの死に様は他の人たちとは少し違うのが面白い。
敢えてすぐには殺さず、脚を撃ち水を持つ手を撃ち希望を絶ってジワジワ追い詰めるスナイパー。
狼(野犬)がやってきた時、エリックは絶望のあまり死に落ちたのかなと思う。今までの失血と衰弱も相まって。
まさに命を弄ぶスナイパーの恐ろしいこと恐ろしいこと。

唐突な始まりも勇気を出した行動も希望の爆発も全部効果的、全部好き。
もうなんかこの映画の中に入りたいと思った。(ただし絶対死にたくない)
Lenely

Lenelyの感想・評価

2.8
ダラダラと長い前置きを省き、必要最低限でキャラクター像を描きながらも全編異様な空気感と緊張感に包まれるスリラーものとしてはなかなか秀作。
北村龍平監督らしい作風とバイオレンス、ノーワンリヴスでもそうだったが、釈然としないラストもまた良い味が出ていた。
日本人監督でこういう作品を作る人がいないから逸材とも言える!
Yuuki

Yuukiの感想・評価

3.0
車で名も無き道をまっすぐ進んでいた6人の男女。そこへ突然タイヤがパンクして立ち往生してしまうが、よくよく見るとそれは銃弾でタイヤを撃ち抜かれた跡だった。やがてこの近くに謎のスナイパーがいることが判明し、一人また一人と銃弾に沈んでいく。もちろんほかに車は通らないし、電波は圏外で助けも呼べない。果たしてだれが生き残るのか…?な話

北村龍平監督の海外進出三作目で、ネトフリにあったので見てみました。本当に誇張なく開始1秒で車がパンクして、そこから一人一人スナイパーの餌食になっていくという強気の構成はかなり気に入りました。男女のパーソナリティやここを通りかかった経緯も、謎のスナイパーがここにいる理由も狩る目的も、何もかもを排除してただただ理不尽に狙われていく!混じりっけ無しの恐怖!素晴らしいですね!さらに最初の犠牲者が出るまでに、全員に「ここで撃たれるか!?!?」という超思わせぶりなシーンをふんだんに散りばめて誰もが第一犠牲者になりうる…!というドキドキ感とスリルもなかなかでした

そしてゴア描写も今時珍しいぐらいにめちゃめちゃやってくれてて、その辺も良さに満ち溢れてました。銃弾の威力が凄すぎて頭の半分吹っ飛んだり、シンプルに車に頭を潰されたり、肩や手のひらを貫通したりバリエーションも多彩。ハリウッド名物「無能警察」も無能として完璧な仕事を発揮するという吉本新喜劇のような伝統芸もあり、文字通りメチャクチャになるのも凄かったですね

ただ、理由なき虐殺とそれに抗う非力な人々の恐怖はかなり完璧に描いてたものの、最終的な結末はちょっと映画らしさもありつつも「何でこんな行動するんや!?」という少し飛びすぎた印象があってそこでちょっとテンション下がっちゃったかな〜。とはいえ、「最後の最後まで誰が生き残るか全く分からない」という緊張感は凄まじくてトータルでは楽しめましてよ。グロ耐性は必要ですがサラッとスリルを味わえるのでお暇なら是非。肩を撃たれてひーひー言ってた男はWWEの中邑真輔選手(イヤァオ!の人)にも似てるし
pecori

pecoriの感想・評価

3.5
なかなかよかった北村龍平は音楽がイイ!
最後はあらまぁ…って感じである
攻めすぎなカメラワーク
冗長極まる演出
馬鹿すぎるキャラクター
無茶苦茶なストーリー
荒唐無稽なBGM
全ての要素がとにかく酷いスリラー
ジャンルで言えばソリッドシチュエーションモノになるんだけども
テンポが良いのは導入まででそれ以降はいかに尺を稼ごうかということのみに神経が使われてるような内容だった。

ただ、車をニュートラルに入れてからの一連のシーンは今年一番じゃないかってくらい笑えたのでコメディとしては☆5上げたいです。
比喩じゃなくマジで涙出るまで笑った。
体操座りした主人公の表情が何回リピートしても面白すぎて限界。
後半の完全に開き直っためちゃくちゃな警察も相当キてましたね。

絶対に盛り上がるので友達と観るのに最適です。
なんだかんだかなり好きな映画かもしれないな...
ミッドナイトミートトレインの監督北村龍平やったんか……

オーバーキルに余念がないとこが好きでした。
chacky

chackyの感想・評価

3.3
記録用
sakura

sakuraの感想・評価

2.7
始終ドキドキしっぱなしだった。
犯人の動機が気になる、
けま

けまの感想・評価

2.5
見ててイライラしちゃう感じのスリラー映画
最後はなんか想像ついた
>|