狼/男たちの挽歌・最終章の作品情報・感想・評価

「狼/男たちの挽歌・最終章」に投稿された感想・評価

ん~微妙・・・
アクションとかジョン・ウー全開でいいんだけど物語が好きじゃなかった・・・
好き嫌いやからどっこいどっこいやな

挽歌とは何の関係もないです
Bondrake

Bondrakeの感想・評価

4.8
ジョン・ウーの最高傑作! 銃撃アクション、友情、愛、哀しき物語、ジョン・ウーの良いところ全てが最高潮に達した状態で詰まっています。
内容は、殺し屋ジェフリーが仕事の最中にある一人の女性を誤って失明寸前にさせてしまい、その女性に惹かれていき...といったもの。
これぞジョン・ウーといった演出満載で、とにかく最高過ぎます。
一歩間違えたらしらけるようなものを、ジョン・ウー様は痺れるほどカッコよく私たちに見せつけてきます。
とにかく最初から最後まで熱いんです。
教会で二丁銃乱射。
良いです。話も良いです。
シネマQ

シネマQの感想・評価

5.0
どこまでもどこまでもかっこいい。
aaaaa

aaaaaの感想・評価

4.8
ジョン・ウー監督、チョウ・ユンファ、ダニー・リー、サリー・イップ主演のノワールドラマ。
本当に素晴らしいの一言に尽きる...。

殺し屋のユンファが、事故で失明させてしまった女性を救うために、一度は引退した殺し屋稼業に舞い戻る。そして、刑事のダニー・リーと奇妙な友情を築く様になるが、ユンファと敵対する組織との抗争が始まるというストーリー。男たちの挽歌シリーズとは特に繋がり無し。

ジョン・ウーの美学が炸裂した今作。笑いおふざけ、キスシーン一切無し! 白い鳩! 銃撃戦がすざましい。
特にラストの銃撃戦は、世界映画史に残る激しさと言っても過言では無く、ハリウッドさん...、まじヌルいっすと言いたくなるくらい!笑

盲目のサリー・イップとユンファとの純愛、ダニー・リーとの若干BL臭を感じるくらいの熱い友情と、112分あっという間の濃厚すぎるノワール作品。
アメリカでも上映されたみたいで、タランティーノも今作の大ファンだとか。

マンハントで派手にずっこけたジョン・ウー、オリジナルメンバー再結集の男たちの挽歌完結編撮って欲しいですね....。
ぺあの

ぺあのの感想・評価

2.5
相変わらず弾の無駄遣いと無尽蔵に撃てる拳銃。不死身的な活動力!BGMが『私の青い鳥』に聞こえていたのは私だけ?
zombie4263

zombie4263の感想・評価

5.0
たまに懐かしくなって見ると毎回泣いてしまう
語りたくても語る相手が居なくてまた泣いてしまう
まうまう…
くつろげよ、ダンボ。いいんだ、ミッキー( ¯−¯ )フッ


ジョン・ウー監督 1989年製作
主演チョウ・ユンファ


勝手にお知らせシリーズ「今日は何の日」
今日から5月ですね~。早いなぁ……。

そっか、今日はメーデーかぁ……と、夕方のニュース見て思ってましたが、紹介するのはそれとは関係ありません。違いますよ( ¯−¯ )フッ


本日、5月1日は大好きなジョン・ウー監督の72歳の誕生日🎂です🎉🎊

ご紹介するのは、コチラ
ジョン・ウー監督と言えば「男たちの挽歌」シリーズですが、中でも僕が最高傑作と疑わない、この作品を!
「狼/男たちの挽歌・最終章」\(^o^)/


「男たちの挽歌」シリーズとは言ってますが、前2作と繋がりはありません。でも、「男たちの挽歌」がヒットしたのを受けて、続編のようなタイトルに……。
当時、僕は完全に続編だと騙されました(笑)

でも、原題は「喋血雙雄」、英題は「The KILLER」です。男たちの挽歌は「英雄本色」が原題で、英題は「A Better Tomorrow」ですからね。全く違います。「男たちの挽歌」の正式な3作目は「アゲイン 男たちの挽歌」となります。



なので、主演は他と同様チョウ・ユンファですが、過去作は全く関係なく、逆に手に取りやすいはず。この作品だけでもいいので観てほしい。
ほんと、素晴らしいの( ˘ ˘ )ウンウン

タランティーノ監督がジョン・ウーの大ファンで、「キル・ビル」を撮る時、ユマ・サーマンに役作りのため、この映画を観せたというのは、有名な話ですよね( •̀ω•́ )و✧



ジョン・ウー・マナーと言えば
「二丁拳銃」
「スローモーション」
「教会」
そして「鳩」

そのスタイルが確立した映画でもあるんです。
なんか、フィルマでは評判悪いですが、「ミッション・インポッシブル2」も、この映画を観ていると楽しめるんですよ。上のジョン・ウー・マナーてんこ盛りですからね( ˘ ˘ )ウンウン



ジョン・ウー監督自らが先鞭をつけ「香港ノワール」とも呼ばれる、切なく、かつ、ケレン味あるバイオレンス描写が信条の作品ですが、ジョン・ウー監督自体は暴力が嫌いで、そのため、平和の象徴として「鳩」を飛ばしたりするんですよ。分かってくださいよ~(笑)




ネタバレになりますが……。
殺し屋と刑事の追跡劇ではありますが、次第に互いを認め合う「ザ・漢」な展開も好きだし、歌手のジェニーを傷つけてしまった罪悪感から、必死に救おうとする姿も好き。盲目のジェニーを挟んで、銃を突きつけ合うシーンも好きだよね!これぞメキシカン・スタンドオフ。

ただ、もう、ラストシーンが切なすぎて……
こんな切なくも素晴らしいラストシーンってない。
切なく盛り上げる曲も好き。
泣きました(>︿<。)





ところで、実は今日、偶然、とんでもないニュースが流れてきました。なんでも、ジョン・ウーがこの「狼/男たちの挽歌・最終章」を自らリメイクするという。しかも主演は女性……。最近はイマイチ信用できないジョン・ウー。大丈夫なの?( ¯−¯ )フッ

ジョン・ウー監督、お誕生日おめでとう( •̀ω•́ )و✧
MOON

MOONの感想・評価

4.3
ジョン・ウーのスタイルが
この作品で完全に確立したと思う
ガンアクションは派手で良い
映画なんだからあのくらいやった方が良い
銃撃戦は編集のリズムで決まる


気になったのは照明のあざとさ
自分にとっては無駄遣いに等しい
ただあそこまで仰々しい画に振り切る映画を見たのは面白かった。

演出も硬い

細かいとこに気を遣えてない。
全体的に大雑把
良くも悪くもある。

街並みのネオンは宝石みたいだった
もっと活かして欲しかった
あまり良い表現と言えないかもしれないけど、成金の装飾だらけの映画という印象が強く残った。
>|