どーもキューブ

シャーキーズ・マシーンのどーもキューブのネタバレレビュー・内容・結末

シャーキーズ・マシーン(1982年製作の映画)
3.8

このレビューはネタバレを含みます

 バートレイノルズのこだわり

 

主演監督バートレイノルズ。

「キャノンボール」以来。

タランティーノも好きな映画の意味がわかった。

素晴らしいこだわり。

俳優バートレイノルズの80年代にはなった、麻薬デカ物語。

最初のピンク色のビルが移る素晴らしいファーストシーン!

格好良い。

「ジャッキーブラウン」インスピを感じる。

中盤まで、オセロ中島似のレイチェルオードの護衛ラブを絡めつつ、バートレイノルズの捜査に悪の手が伸び始める。

「スティング」の悪徳デカ、ブライアンキースのガミガミぶり、ヘンリシルヴァのデッドフェイスぶり。

しつこくて良かった、

吸いながら逃げる等もグゥー。

船でのバートレイノルズのハードさ!(タラチャン好み、素晴らしい痛み!)

なんとここでブルースリー好きにはたまらない「死亡遊戯」二階ヌンチャクX傷を持つ男、ダンイノサントが登場!

ここでテンショングッと挙がる!

バートレイノルズの素晴らしいこだわり、中年魅力がにじみ出る!ユーモア溢れるメンツ。

黒人デカの東洋系信仰とラストのジョーク!(笑)

音楽スナッフギャレット、バートの良すぎる音、サントラ欲しい!

面白かったです!

バート履歴みると自己破産って大丈夫?


 2009年3月26日 10時28分レビュー