るっち

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。のるっちのネタバレレビュー・内容・結末

3.9

このレビューはネタバレを含みます

‪ 今日はやっとit続編を観てきた。
あんまり評判よくないと聞いていて、期待値低めで行ったからか、普通に楽しめました。

旧作の後編より、伏線拾ってくれてるし、テーマわかりやすいし、いいよね?
たまにギャグになるのがシュールすぎて笑ってしまったけど。

一番心に響いたのは、コメディアンのおっちゃんです。彼、最後にカミングアウトするのかな、と思ったけど最後まで何も言わなかった。言わなかったけどあのみんなの抱擁で救われたんだろうと思う。言葉ではなかったけど、彼の全てが肯定されたんだと思う。

‪子供の頃に楔のように打ち込まるトラウマとか苦しい出来事って、大きいか小さいからの差はあれ、誰にでもありますよね。itの恐怖っていうのは、まさしくそれそのものなんだけど、それとどうやって戦って行くかっていう。それをホラーに仕立てた物語です。

‪ささいな事であっても‬当人の人生に大きな影響を与えるような出来事。
逃げ切れる者、克服するもの、逃げきれず倒れる者、命を失う者…。‬

今回の映画は生き抜いた者たちだけではなく、その全てに対して肯定的に物語が語られていて、私はそこが好きでした。
原作は読んでないんだけど、気になりました。

それにしてもペニーワイズが終始泣きそうで…本当に寂しがってましたよねあのピエロ…。お前、なんなんだ。
ちょっと可愛かったね。