神と共に 第一章:罪と罰の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「神と共に 第一章:罪と罰」に投稿された感想・評価

面白かった。

7つの地獄を回るのだが、それぞれ特色のある壮大な景色で単純にわくわくする。
ただ、豪華な画面に比べて表情の演技が乏しいのが気になった。特にジャホンとドクチュン。

ストーリーについては、徐々に主人公の人生が明かされていく感じが面白かった。
使者3人組がかわいい。

翻訳の影響も多少あるだろうけど、台詞が少し分かりにくい。不要な台詞もいくつかあったので、もっとコンパクトにした方が分かりやすかったかも。
odemi

odemiの感想・評価

-
この映画を観てヘウォンメク役のチュ・ジフンのファンになった。リーダーとヘウォンメクとドクチュンの3人の使者のやりとりが面白い。閻魔様もカッコイイ。第2章が楽しみすぎる。
shinya

shinyaの感想・評価

3.5
善人は輪廻転生出来るらしい!
楽しい地獄巡りの始まりだ!

と、いきなり楽しさ全開です。
ここまでの娯楽超大作でしっかり楽しませて、VFXのクオリティも堂々たるもので、改めて韓国映画の水準の高さを実感。
グッとくる見せ場も用意するエンタメ力の高さはもう当然の領域です。

ハ・ジョンウの安定力もさながらですが、ラストのあの方の登場に心踊るしかないのです!
よしの

よしのの感想・評価

5.0
最高だった………………
カンニムとドクチュンとヘウォンメクが現世で遊んでるスピンオフください
ちょーーーー面白かったです!!!!
楽しい地獄巡りに現世のあれこれのおっもいストーリーを添えてって感じでした。
号泣しすぎてタオルがびしょびしょになりました…

使者様たちの顔も良いし関係も良いし…
アクションカッコ良すぎます。ヒラヒラコートでブンブン光る剣振り回したりワープしたり…
2章公開後即劇場に走りました!
フルCGでの地獄巡りや、ロングコートの死神たちが都市や燃え盛る地獄で可変式の武器を使って戦う戦闘シーンも、とにかく大迫力で最高だった。

正統派のアクションだけれど、ストーリーは善人が必ず幸せになる訳でも悪が必ず裁かれる訳でもない、韓国映画らしいシビアさだった。

韓国には、自分ひとりの力ではままならないものへの遣る瀬無い怒りを表す“恨(ハン)”という文化があるらしい。

本作の地獄には世知辛いほどの条約が沢山あるけど、その第一項目に「生前許された罪は死後裁かれない」がなのは、現世で報われない理不尽へのせめてもの救いや帳尻合わせが原則にあるのかもしれないと思った。


(ドラマ『仮面』で御曹司役のチュ・ジフンが「転生するなら財閥二世がいい」とボヤいたり、『トンネル 闇に閉ざされた男』で土砂崩れのあったトンネルに何ヶ月も閉じ込められる主役を演じたハ・ジョンウが軍の事故の隠蔽のため生きたまま埋められた兵士に同情する、しかも地獄でやり合う検事はトンネルのレスキュー隊員役の俳優はど小ネタもやけに多かった。)
こんなんおもしろいに決まってるじゃん!
Tommy

Tommyの感想・評価

4.1
韓国映画の底力を感じた。
宗教色の強い難しい題材を堅苦しさ、気難しさを全て排除する思い切りの良さ。
ぶっ飛んだ脚本、演技、驚愕のCG技術、全てがハイクウォリティでバラバラ。なのに何故こんなに泣けるのか。

自分のこれまでの人生を振り返ると同時に、重ねて観ている自分がいた。
よだれ

よだれの感想・評価

3.0
お金掛かっただけあって面白いけれど、安い感動がこの映画の目的か?
gori3

gori3の感想・評価

4.2
うん。何かはまった!マキシマム善人やないか!こんな人が地獄に落ちてしもうたら世の中やってられへんって!出てくる大王たちのポンコツぷりが神様いうてもピンきりですやん!てな感じで良かった。そして、貴人のバーゲンセールを忘れさせるドンソク兄。そりゃあ第二章みなあかんでしょ!(;´д`)
>|