miho

神と共に 第一章:罪と罰のmihoのネタバレレビュー・内容・結末

神と共に 第一章:罪と罰(2018年製作の映画)
3.7

このレビューはネタバレを含みます

全く前情報を入れずに観に行ったため、途中でどんどん変わる展開に驚く。

前半は次々と現れる地獄の光景に漫画みたいだなと楽しく観ていたのだが、地獄1つ1つは掘り下げられず展開が単調なので、面白いけど単純なエンタメ映画なのかと思っていた。
実は本題は地獄でも法廷劇でもないと分かってきたあたりからどんどん引き込まれる。

観た人はみんな主人公と家族の関係になんとなく違和感を覚えると思うのだけど、物語が進むうちに見事に伏線回収されるので気持ちいい。
ミステリー要素もありつつ最終的にベタな家族愛の物語になる。二転三転する展開からのシンプルな結末に感動して泣けてしまった。大切なものに気付かされるというか。ベタだけど。母親役、弟の部下役の役者さんの演技がすごい。
弟、使者、大王たち、みんな漫画的なキャラクターが立っていて魅力的なのでそこも楽しめる。

地獄厳しすぎない?裁判ガバガバすぎない?などの疑問はあるものの、観客を楽しませること最優先の映画だから考えたら負けということで楽しむのがオススメ。
好みは分かれそうだけど、新鮮で面白かった。