神と共に 第一章:罪と罰のネタバレレビュー・内容・結末

「神と共に 第一章:罪と罰」に投稿されたネタバレ・内容・結末

全く前情報を入れずに観に行ったため、途中でどんどん変わる展開に驚く。

前半は次々と現れる地獄の光景に漫画みたいだなと楽しく観ていたのだが、地獄1つ1つは掘り下げられず展開が単調なので、面白いけど単純なエンタメ映画なのかと思っていた。
実は本題は地獄でも法廷劇でもないと分かってきたあたりからどんどん引き込まれる。

観た人はみんな主人公と家族の関係になんとなく違和感を覚えると思うのだけど、物語が進むうちに見事に伏線回収されるので気持ちいい。
ミステリー要素もありつつ最終的にベタな家族愛の物語になる。二転三転する展開からのシンプルな結末に感動して泣けてしまった。大切なものに気付かされるというか。ベタだけど。母親役、弟の部下役の役者さんの演技がすごい。
弟、使者、大王たち、みんな漫画的なキャラクターが立っていて魅力的なのでそこも楽しめる。

地獄厳しすぎない?裁判ガバガバすぎない?などの疑問はあるものの、観客を楽しませること最優先の映画だから考えたら負けということで楽しむのがオススメ。
好みは分かれそうだけど、新鮮で面白かった。
世界観が大渋滞、キャラが大渋滞、ストーリーも突っ込みたいところ大アリなのにめちゃくちゃ面白かった!
瞬間移動の仕方、めちゃカッコよい。
私も死者様になりたいけど今のままではスカウトされるような人生歩んでないので、これからは徳を積んで生きます!目指せスカウト!
あ、でも徳を積むと生き返っちゃうのか?
ああああああ空が飛びたいよおおおおお
冥界ファンタジーアクション超大作。
亡者となったものが49日間、7つの地獄の裁判で閻魔達に裁かれ、無罪となれば輪廻転生。

1000年の歳月、貴人を49人無罪確定に導き輪廻転生を成功させれば、自らも望み通りの輪廻転生を約束され、必死で亡者を弁護し警護する冥界使徒達。

壮大な地獄絵図のファンタジー世界に繰り広げられる、裁かれる者と裁く者、弁護する者達の人間心理とそのカルマ。

何というか…
ハリウッド超えちゃってますよね、最近の韓国映画??

ボリウッドもそうですが、大量生産されるハリウッド映画に飽食した映画ファン達が食指を動かされる映画ではないでしょうか。

使徒カンニムを演じるのは、韓国映画「時の人」であるハ・ジョンウ。
映画館に詰めかける女性ファン達の半数以上が、きっとハ・ジョンウファンなのでしょう。

もし地獄の閻魔大王の前で裁かれるとしたら?
そう考えると、いま生きている時の姿勢やモラルが問われますね。

さぁ…もし私が貴人だとしたら、輪廻転生できるのかしら??

使徒カンニムがジャホンの母に出会った時の泣き演技、凄かったですねぇ(´ω`)
あと誰かを見守る時のちょっとした表情の変化。
実際、人間て激しい内面の感情を表現する人の方が少数派で、ふとした目の動きや眉毛の形、口の動きで心理を無意識に推測したりしてしまうのが人間だけど、そのあたり繊細な演技ができる逸材っていうのが、ハ・ジョンウなのかもしれませんね〜(´ω`)✨
極端な評価しか出来ないので、細かい数字にはせずに、このスコアで。
超個人的な感想。ずっとジェットコースターに乗ってる気分。休み所がないというか、あくまで個人的だけど、休憩が無くてとても楽しくて。休憩がないことで疲れるわけでもなかったしとにかく常に何かある。単純脳だから、終盤は泣きっぱなしで大変!泣くお話だったなんて!素人目なので、あの映像もとても素敵で且つ異世界感があって服の感じも自分の好きなロングで...なんとなくトッケビもあんな感じだったな...とにかく速攻でパンフ購入、DVDの予約が始まってたので第2章を観る前だけど予約。
https://umemomoliwu.com/along-with-the-gods-two-worlds
めちゃくちゃ良かった
何回も見てる
最初に一章と二章に分かれているので、48番目がジャホンであること、7つの地獄の裁判があることで、どこまで1章でやるのかなと思いました。

そしたらなんとジャホンで1章、2章の49人目は弟だとは素晴らしい兄弟笑
母親も韓国の母親って感じで優しい笑

韓国映画はあまり見ないので字幕読んでは巻き戻して見てましたが面白かったです。アクションは韓国風、アクションに対しての演出はハリウッド風で面白かったです。私はハリウッドの壮大なスケールが好きなのですが韓国映画この作品でも壮大なスケールでした。そんなに死者が現世の気候や人の行動に関与していいのかなって思う部分や疑問はありますが、2章の49人目をクリアして冥界の使者がどのような転生をするかが楽しみです。
閻魔大王、慈悲深い
天倫地獄で裁かれる内容を題材の中心に据えたのはすごく韓国的だと思う
クライマックスですすり泣きがあちこちから聞こえた
また1つ韓国を代表する作品を観れて満足

死後の世界を舞台に3人の使者と亡者が7つの地獄を乗り越えて新しい命を手に入れるために奮闘する物語

7つの地獄にはそれぞれの大王がいて大王の裁判で無罪を証明しないといけない過酷な試練の中で使者と共にジャホンの行動の意図が見えてきた時に目から涙が川のようにシャツをつたって流れてた

本当に感動した 三人の使者それぞれに役割があったこと テーマが家族の愛についてなのが良い点でした

冥界と下界を通じて人の愛を知ることで後悔しない人生を送りたいと思えたのと家族に感謝することで愛を知ることができると思えた作品 何度も観て感動に包み込まれたい
色んな要素てんこ盛りで見終わった後の疲労感が凄かった

最後に出てきたチームリーダーぽいおじさんがマ・ドンソクに言った「かわいい顔してやがる」に全部持ってかれた

興奮冷めないうちに第二章観に行くぞ〜!
>|