神と共に 第一章:罪と罰の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

上映館(5館)

「神と共に 第一章:罪と罰」に投稿された感想・評価

記録 2019 08月 05本目 累計 181本目

東京で息子は鑑賞済みで強く勧められてました。ようやくこちらでも上映開始 今日見る5本のうちこれが本命でした。
で、やられました。地獄の描写も独特でしたが、地獄毎の裁判の設定も良かった。で話というか主人公の設定、ラストはベタなのに泣かされた。
あの家族設定はないわ。辛すぎる。弟がこれまた辛い、気持ちはわかる。

どうすんの第2章 2週間後が待ち遠しい。

帰宅時、長男と電話で感想を言い合いました。双方見てるとネタバレ関係ないのでいいですね。
IORI

IORIの感想・評価

4.2
人命救助で命を落とした消防士ジャホンが48人目の貴人に選ばれ3人の冥界の使者とともに7つの地獄の裁判を乗り越え転生を目指す話。
意味不明なあらすじだけど、他に説明のしようがない。

物凄い勢いで大作ファンタジー的世界観に少年ジャンプ的アクションを織り交ぜつつ感動必須のヒューマンドラマをぶち込んでくるジェットコースタームービー。

大王達がみんな個性強いし謎に物分かりが良いから好き。
韓国映画というとノワール作品、「チェイサー」とか「アシュラ」とかそういうのしか見てこなかったので、正直見る前はファンタジー映画と聞いて期待値低めでした。ですが、この映画はアクション、SF、感動、コメディ、全てを詰め込んだ映画の面白いところを凝縮した作品でした。大大大好きです。
なべ

なべの感想・評価

2.5
ダメだこりゃ。出来の悪いマンガかよと思ったら本当に原作は漫画だった。
地獄めぐりや冥界の使者って設定はまあまあだけど、ストーリーがねえ。キーマンの貴人消防士のジャホンには最後の最後まで感情移入できなかったよ。
てか、この手の貧乏メロドラマって、手垢付き過ぎじゃね? まったく同じ話を見た記憶すらある。いや、むしろ雛形なのでは? いくら涙腺が弱くなったとはいえ、こんなありふれた話で泣けるか。
ってフィルマ見たらみんな泣いてるー!うそーーん。
唯一いいなと思ったのは愚鈍なドンヨンの演技。銃器のセレクターをカチャカチャやってた時から、嫌な予感がしてたけど、ほらー!やっぱり!だから言ったじゃん(言ってないけど)、バカ!ってまるで肉親のような気持ちになった。彼の演技は演技に思えなくて、その目つき挙動がいちいち説得力がある。第二章でまた彼に会えたのは嬉しかった。

最近は重くて暗くてどす黒い韓国映画ばかり観て、ずっとハズレがなかったので、このハズレ具合にはちょっと凹んだ。早く終わらないかななんて思ったのは久しぶり。こういう言い方はアレだけど、ノリがフジテレビのドラマの映画編のような感じなのよ。騙されたと思って見てみたがこれは本当に騙された。

あ、カンニムに見覚えがあると思ったら、お嬢さんのあいつなのね。おっす!久しぶり! ん、ジャホンも見たことあるぞ。あー、猟奇的彼女の男の子か!おっす!ご無沙汰。
あきほ

あきほの感想・評価

3.6
アクション!感動!コメディ!ファンタジー!詰まってる映画です!!
見終わった後に自分の人生をちょっと振り返ってしまう…
今年劇場鑑賞49作目「神と共に 第1章 罪と罰」鑑賞。

すぱすぱチャレンジ 真夏の五番勝負2本目

都市部とはかなり遅れてやっと香川でも公開!公開初日ということもあり韓流イケメン目当てのマダム達に囲まれながら鑑賞。

最初に言っておこう。

号泣した。嗚咽しそうになった。まさか泣かされる様な映画だとは思ってなかった。

人命救出中の消防士が不慮の事故によって死んでしまい、そこにあの世の使者である3人が現れる。死んだ人間は49日の間に七つの地獄を巡り、生前の行いの裁判を受けなければならない。使者はその裁判の弁護士、弁護助手、護衛役だという。
この4人は地獄を巡りながら裁判を受け、全て無罪であれば、転生する事ができる。
そして使者たちも49人転生させる事かできれば彼らもまた転生する事ができると言う。この消防士キム・ジャンホンを転生させれば48人目になる。彼らは地獄を巡り裁判で全て無罪を勝ち取り転生させる事ができるのか?!
という話。

では始めていこう。

まず、ハリウッドに引けを取らないVFXのクオリティ。表現としてはハリウッドムービーで見た事がある表現ではあるのだが、そこにアジアの宗教観や世界観を織り込む事。
これを何故日本で出来ていない!!
否、ザキヤマとかいうのが「◯ESTINY 鎌◯ものがたり」という映画をやったと思うのだが、本作と比べると雲泥の差である。
10.5ゲーム差で負けている。
最近のザキヤマ頼みは如何なものかと思わざるを得ない。

次に本作は子供から大人まで楽しめるエンターテイメントとして完成度が高い!
地獄を巡らせる事で起こるアクション要素。各地獄で裁判を行われるので法廷劇要素も加わる。そしてそして、裁判が進む毎に明らかとなる主人公キム・ジャンホンが生きてきた人生にサスペンスが加わる。
そしてそれらの全てが明らかになった時。
号泣。号泣。また号泣。

ヤバかったです。今年1泣きました。

また1章だけでも十分話が完成されているのに第2章て。。。全く話の展開が読めない!あのお方も出てくるというのに。

はやく、はやく続きを観せてくれ!!
このロングコートがすごい2019
ボロ泣き地獄アクション
エルゑ

エルゑの感想・評価

4.0
単純にエンタメとして面白かった。皆んな最後の親子愛に泣いてたけど泣かせようとしてるなって感じで自分は泣けなかった。
ギョンスがずっと怯えてるか酔ってるかで目は半開きだしで全然アイドルに見えなくて笑った。