ALL YOU NEED is PUNK and LOVEの作品情報・感想・評価

「ALL YOU NEED is PUNK and LOVE」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

エリザベス宮地が密着「BISH」というアイドルについて


監督、カメラ、エリザベス宮地
製作スペースシャワーTV。


ほぼノーマーク作品。

大人のドキュメンタリストでありアダルトビデオ監督、カンパニー松尾監督「BISキャノンボール」

BISというアイドルグループの解散コンサート。前日ギリにカンパニー松尾率いるアダルト監督チームが「やる」をしかけるという。前代未聞の業界タブーを打ち破るスリリングなアイドル紹介ゲーム的刹那ドキュメンタル映画だった。 

そこで補うべくDVD「完全版bisキャノンボール」を見て、BISのyou tube見て、出演ののち「wack」社長渡辺淳之介、スペースシャワーTVプロデューサーの存在を知る。

多分「カンパニー松尾監督なら面白い(HMJM、テレキャノ好きらろうなあみたいなのは、感じた。)」あとカンパニー松尾隊長を愛しているような感じを発注者渡辺社長からもい全幅の信頼があることを作戦会議から見知りえた。

BISも地下アイドルなのかぐらいの認識。映画、DVD鑑賞後「BISH」を立ち上げるところまでツイッターで情報を得ていた(上記写真が最後の知りえた情報)。そこからノーマークだった。 

そこから今度はその「BISH」のキャノンボールを撮るという隊長の情報。隊長!会社が潰れそうな現状のようだけど本業大丈夫かな?!とおもいつつも、撮りきったツイッター情報。

そこにエリザベス宮地監督という、HMJM音楽一門の監督が一作撮りあげたというのツイッターで知る。

「アイキャノ」の前話的最適のようなニュアンス。複数の映像があったようだが、、、「sisの消滅 」「アイドルキルズ」未見。 

一週間限定上映、新潟シネウインドレイト初日行ってまいりました。

そこで「バクシーシ山下社会科見学」(私、全部参加してます!!!)2018年5月開催号外を知る。ツイッターであげると隊長リツイートしていただき恐縮でした。ゲストはエリザベス宮地さんかな?(予想)!



まず!エリザベス宮地さんのナレーションが。

あかるっ!!!

「おすっおら悟空」っていいそうなくらい、トーンが明るいのだ。教育テレビにでる芸能人のナレーションのようだ。

だがじつは、この

「明るい声」

が、宮地監督のすべてを表現しているような、ストレートなドキュメントだった。監督のすべてが出ている気がした。映画を包む一方的絶対愛なbisメンバーにに密着するドキュメントだった。

あたりまえだが、AKBのドキュメントは全然違う。だから面白い。規制や劇場や握手会などない。呟けば清掃人に「オタク」や宮地監督に「う〇こ」という彼女らだ。    

BISHを知るドキュメントというより密着から見えてくる
wack 渡辺社長との関係性
テレキャノメンバーとの距離
私が強烈にまずきになったハシヤスメ・アツコのののののの「胸」の画像

あれ!なんか著しい欠けた「BISH」への情報過不足とアイドルキャノンボールの中身牴触する不可解さ説明なしの進行状況に取りこぼし感をかんじつつ、なんだか妙にひっかかった。これはbisには、感じなかったなにかだ。

翌日からユーチューブ、ネットでひととうり映像をディグる。

ライブ、アコースティツクライブ、ゲストライブ、芸人との絡み、ネット記事、「BISHキャノンボール」(これも面白かった。渡辺社長もおれらでできるんじゃん的な感じで唯我独尊ぶりが見えた。)

そこからまたまた数日後YouTubeを更にディグりまくり以下を知る。

ハグミイの脱退
「オーケストラ」を取られた意味やここメンバーの性格。
「オーケストラ」の曲の良さ。ちょっと良かった、涙ぐんだ不思議に。「帝王切開ツアー」のやつを見て。

演劇的な振り付け
激しいスクリームとパンク
楽器を持たないパンクバンド
清掃人(BISHファンの方々の総称)の言葉
アユニ・Dの挙動不審な消極的かわいさ
アイナ・ジ・エンドのハスキーとあの細いロリータをくすぐる目
リンリンの超無口、冷酷美貌
セントチヒロ・チッチの声と弱さ
横浜アリーナに向けて活動中

Tシャツほしいとおもったら売り切れかよ!!!社長お願いします!アイドルシャツほしい。ってあれ、俺魅了されてるよ!という渡辺社長の策に、宮地監督の熱にほだされている自分がいた。

そんな映像消化昇華清掃ガムテープ掃除をした。まあこれも隊長のアイキャノにむけての予習のつもりだ。

逆にこれは、「テレキャノ」監督軍団には、ぜってー撮れない「情熱」があると感じた。冷め切った山下監督にこの「信頼性」はないような気がする。ハマジム監督軍は、みなそれぞれ音楽押しがあるのでまあわからないが、、、。

BISHを追いかけるうちに
愛を求めたのかは、わからないが、泣いている宮地監督を「嫌」という感想もあるが、それがあったからこそ、映画をとれたんじゃないのか。距離を短くし、近づき続け、本音がでる、取材の基本じゃないのか、それが間違いなく本作最大の魅力であり

おそらくBISHファンは、最大限のよろこびがあるんじゃないのかなと思った。じゃなきゃ一緒に清掃員の方々と飲めないだろう。つまり本作の魅力はそこにある気がした。丁寧な説明も、やたらし解説したがる音楽番組したがる的な物もパンクに廃棄してひたすら「デスソース」ユーチューバー並みに吸う宮地監督にを愛を感じざるを得ない。それは、たんなるアイドル達のストレス解消なのかもしれないが、、、。

また、AKBの正統派アイドルドキュメントにはない違うものがある。東宝には撮れなそうなしつこさがある。んん。



さて
エリザベス宮地が密着「BISH」というアイドルについて

ぜひ清掃員の方は、マストでしょ!
アイドルファンもぜひ!
アイナ目当てでレンタルしたんですよ、好きだから。
でも終わってみたらBiSH全員好きになっちゃった。困ったなぁ
まあ色々あったけども良いと思う。
この2ヶ月、常に生活の中心にはBiSHがいる。正直ここまでハマるとは思ってもみなかった。WALKMANはBiSHをリピート、スマホを開けばまずBiSH、テレビ画面には映画以外は常にBiSHが映っている。そんな新米“清掃員”(BiSHファンの総称)の私がこれを見逃すワケにはいかん。『アイドルキャノンボール』とは対を成す?作品。アイキャノに参加していたエリザベス宮地がBiSHの魅力にやられキャノンボールをほぼ放棄、ついには密着ドキュメントを撮りたいという流れで制作された本作。わかる!わかるぞ!その涙も、汗も、感情の揺さぶられかたも!最初はメンバーに拒絶されながらも必死に食らいつき、やがて信頼を勝ち取る監督。よく頑張った!と言いたいが、モモコにあんな言葉をかけられたら、途中からは「宮地、テメー、コノヤロー、うらやましいじゃねーか!!!」と最早何目線かわからん感情で見ていた。BiSHのエモさは当然ライブ映像や楽曲にこそ集約されてるが、その一歩先を垣間見ることが出来るし、宮地曰く「BiSHを知らない人にこそ伝えたい。」この言葉こそ、清掃員が日々考えていることな気がする。
2018.8.7.
レンタルDVD
アイドルキャノンボールと対だった。最後アユニさんかわいそうだった。結局映像撮らなかったってこと?
カトウ

カトウの感想・評価

5.0
とても好きな恋愛映画だった 今月末に出るやつも楽しみ
Hisa

Hisaの感想・評価

3.9
ドキュメンタリーとしてもなかなか面白い視点だなと思いつつ、BiSHというより、監督の内面のリアリティがでてた気が。

監督の思い入れが強い分BiSHの良さは結構引き出せてたんじゃないかなとも思います。

次のドキュメンタリーはもう少し王道になるんでしょうか。

期待してます。
BiSHのドキュメンタリーですが、監督が特定の子に惚れてしまい、序盤は公私混同の映像で他のメンバーから顰蹙を買ってしまいます。
そこから他のメンバーの信頼を得るために心を入れ替えて動き方を変えます。
もう監督のドキュメンタリーでした。
カメラが向いているので本当に素ではないのかもしれませんが、それでもメンバーの性格の良さが垣間見え応援したくなります。
監督が撮影を通して惚れていただけあり、アイナ・ジ・エンドはとても綺麗に魅力的に撮られていました。
後半に監督の動機が変わったと思っていたけれど、アユニを通してドキュメンタリーを撮る真の目的に気付いたくだりが良かったです。
スペシャで放映された「The Documentary of WACK オーディション~オーケストラ物語~」の延長線上にある作品。
今回はWACK全体ではなく、BiSHがメインです。

「オーケストラ物語」内でアイナにガチ惚れしてしまった監督である宮地さん。
「オーケストラ物語」が放映された後、公私混同職権濫用なアイナヒイキぶりにひんしゅくを買い、メンバーから冷たくされてしまいます。

そこから挫けながらも果敢にBiSHメンバーとコンタクトを取り続ける宮地さん。それがどうなるかは観てのお楽しみなんですが、この挫けつつもアグレシッブな姿勢は見習おうと思いましたよ。
BiSHのメンバーなんて女の子の中でも特に心を開いてもらうのが大変な人達ですもんね。

監督のエリザベス宮地さん本人の気持ちが前面に出たドキュメンタリーでもあり、「とりあえず撮ろう」から始まった映像ではあると思うけど、そのまとまらなさがBiSHには向いてるような気がした。

モモコが一番好き。
だけどアツコさんも好き。
リンリンに認められる人間になりたい。
髪切ってもらってる時のアユニ可愛過ぎやろ…
渡辺さんは魅力に溢れてる。ブチギレてから2時間後。たまんねぇな。

悩みや涙や怒りがすぐそこにある世界、羨ましい。
y

yの感想・評価

3.0
監督のドキュメンタリーかいな

宮地公私混同しすぎ

もし私の推しだったらって思ったら
気持ち悪いし考えられない

ほぼアイナメインだったな

チッチかわいい
UKイケメン
宮地無理🤢
>|