sobayu

詩人の恋のsobayuのレビュー・感想・評価

詩人の恋(2017年製作の映画)
4.0
パターソンは理想の姿、こっちの詩人は浮世の人。最初はコミカルで可愛い話になるのかと思っていたのに後半は色んなことが辛かった。三人誰も嫌いになれない。でもやっぱり奥さんの心情を慮ってしまった。同じ女から見て、彼女のちょっとした言葉の選び方や態度からすごくいい人だと分かったし、長所も短所もすごくリアルだった。監督が同年代の女性だからだろうな。
少年と出会うまでの夫婦関係は羨ましいくらい。甲斐性がなくなって、偉そうにせず、冷蔵庫に何が入っているか知っている(当たり前のように家事を担う)男の人ってだけでいい夫だよ‥。

大筋で言えば高校教師みたいな話ではあるけど、描いているものは全然違った。

少年が親代わりを求めるのも、詩人が結婚しているのに恋をしてしまうのも、奥さんが子供を欲しがるのも、全部わかる、しょうがない、そうだよねって思う。別に丁々発止のやり取りをするとかそういう意味でなく、根っこのところの人物描写が坂元裕ニを連想する‥ような気がした。

すごく切ないけど、これでいいんだと思う終わり方だった。