jnk

兵隊やくざ 大脱走のjnkのレビュー・感想・評価

兵隊やくざ 大脱走(1966年製作の映画)
3.3
このシリーズわりとお約束に縛られて後半全然違う話になることが多いけど、演技の幅が広い勝新太郎のパワーで1本の映画にしてるのがすごい。
あの潜入シーンとか緊張感とコメディっぽさが同時にあるし、終盤の超絶都合良い無茶苦茶展開もなんか良い話に思えてくる。
死体まみれの地獄絵図の中で慟哭する場面とかめっちゃすごい。
2016年にもなって勝新太郎の凄さについて気付くのもあれだけど、すごかった。