怪怪怪怪物!の作品情報・感想・評価

「怪怪怪怪物!」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

不快快快快快物!!!!

先生も容認するいじめ、学級崩壊寸前の学校に人喰い怪物が解き放たれて…?

なんて、そんな簡単なサバイバルホラーでは全然なくて、結局誰が一番 「悪」なのか?みたいな映画でもなくて。
全然違うかもしれないけど雰囲気は中島哲也の「渇き。」を思い出した。



みんなまとめてスイカジュース


血はどっばどば出るけど、首がふっとぶとか余計なグロ描写がないから最後まで釘付けだった。(肝心の「彼らの最期」が一切映っていない)

担任教師の狂いっぷりもヤバいし、
元はといえば自分のせいなのに仲間が殺されて復讐の鬼になるいじめっこリーダーも相当ヤバいんだけど、


事件が起きた後も何も変わらない学校の日常が一番怖い。
やることエグすぎてめっちゃ胸糞やけど終わり方かっこいいので良いです。
hatti

hattiの感想・評価

3.9
タイトルやパッケージから感じていたB級っぽさはなく、メッセージ性があって、想像よりもちゃんとした話だった。

怪物が出てくるホラーよりも、人間のいじめのシーンの数々が残酷で不快で観ていて辛い。
でも、そんな不愉快なはずだったのに最後は爽快感もあって、不思議な感情になる作品。

冒頭の主人公の「お前と俺とは違う!」というセリフがラストには…その対比にやられました。
rpmu90377

rpmu90377の感想・評価

3.8
ホラーという手法を使って、いじめ問題をとりあげた意欲作。
主人公の男子高校生は学校で同級生から毎日いじめにあっている。教師も全く守ってくれない。いじめの主犯格の生徒たちは、ひょんなことから捕獲したゾンビ姉妹の妹を部屋に閉じ込めて、これにもいじめを繰り返す。描写されるのはまさしく「胸糞」の世界だ。妹を取り返そうと姉ゾンビが襲来し、生徒たちが次々と餌食にされる。血みどろの残忍なシーンなのにこちらは「胸糞」を感じない。いじめにあった生徒の敵を討っているように見えるからか。怒りの爆発を視覚的に表現したエンディングも素晴らしい。
この映画を観て再認識したこと:いじめをなくす方法はただひとつ、それは人をいじめる人間は徹底して罰すること。
あ、それからバスの運転手に一言。運行の邪魔をする得体のしれない人間に出くわしてもバスの扉を開けてはいけないよ。
Q

Qの感想・評価

3.5
映像の魅せ方がおもしろい。
ただ,こんなにも誰も救われない作品は中々ない。ある意味では、現実的な結末なのに内容は非現実的な出来事も織り込まれててすごかった。
この作品に怪物が出てくるんですが。
自分としては、人間の方が怪物に見え、
怪物のほうが人間味がある。
そんな作品でした。
oshi

oshiの感想・評価

3.5
不良達がクズ過ぎてクズ過ぎて
観ていてイライラしっぱなしだった。
最後はスカッとなったけど
姉妹が最後までかわいそうだったなー。
あんな怪物に出会ったら気絶する。
台湾のジョークのセンスが
なんだかちょっとこの世界観に
ハマってないというか
そのテイストいる?とはなったものの
バスの下りでのMy Wayはシビれたし
終わり方もシビれた
ここまでこの世界観を徹底出来たなら
エンドロールの曲に
もうちょっと渋いモノが欲しかったけど
"あの頃、君を追いかけた"からの
この作品は監督の可能性が凄すぎる
次回作に期待が高まる流れ
うさこ

うさこの感想・評価

4.0
台湾ホラー。ゴア描写も中々に勢い良く、シーン毎の撮り方が印象的で何だかお洒落。スイカジュースの辺りが一番好きかも。社会派問題を混じえつつきっちりエンタメ作品として成り立っていて好印象でした。ラストはどんより胸糞と胸スカが同時にくる奇妙な感覚。
映像の魅せ方が面白かった。
グロくて悲惨なんだけど、魅せ方が洒落てて、爽やかで、尻が青くて泣きそうだった。
なにこれ久々に当たり引いた!
フリーザ様と我愛羅のとこは笑ってしまった、、でも気がつけば見入ってたわ❗
イジメるやつは相手が人でも怪物でも関係ないんや。
ラストなんて描写といい世界観といい、いやー素敵でした👍
怪物の妹、可愛いと思ってしまったのは自分だけ??笑
>|