shu

SUNNY 強い気持ち・強い愛のshuのレビュー・感想・評価

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)
-
かつて高校時代に青春を謳歌していた仲良し女子高生グループ「サニー」は約22年の時を経て、それぞれに問題を抱える大人になっていた。
ある日、専業主婦の奈美は、久しぶりにかつての親友、芹香と再会するが、彼女は末期のガンに犯されていた。彼女の最期の願い「サニーの仲間たちに会いたい。」奈美は彼女の願いのために動き出す。

大人になっていくにつれて悩み事が出てきて、もがいて苦しむ。それが生きてくということなのだと思う。
「あの頃はどんなことでも笑ってたな〜。何が面白かったんだろ。」という台詞にはすごく共感した。あの頃とは高校時代の事を指しているのだけど、ただ、何も考えず仲の良い仲間達と一緒にいるだけで楽しかった。他愛のない話に盛り上がったり、一緒に流行の波に乗ってはしゃいだり。大人になってからその時間がどれだけかけがえのないものだったかに気付く。
年齢的には大人になって生活環境が変わったとしても、昔の仲間に会えば若かった時の輝きを取り戻せるのだな、と思った。篠原涼子さんを含め、ラストシーンでそれを演技で表現していた演者さん方がとても素敵でした。
個人的に安室奈美恵さんの大ファンなので、所々に流れる音楽も最高でした!