SUNNY 強い気持ち・強い愛の作品情報・感想・評価

「SUNNY 強い気持ち・強い愛」に投稿された感想・評価

まこと

まことの感想・評価

5.0
今年一どころか

生涯一位級


最高

J-POPで育って良かった


本当に

心から
まず、役者さんたちのそっくり具合にびっくり!

合間合間に流れる90年代の音楽が、当時の雰囲気を出すのを手伝っている。流石小室哲哉さん。

誰にでも青春はあった。そう思わせてくれる作品。

あの頃の仲間に会いたい。そんな気持ちになった。

このレビューはネタバレを含みます

最初はなんかクサイ映画だなぁと思っていたけれど、どんどん登場人物が好きになってしまった。ともさかりえさんの演技が真に迫っていてよかった。
女子校を経験してる人は最後のダンスシーンで胸にくるものがあると思う。
私は泣いた。
YUKA

YUKAの感想・評価

-
強い気持ち・強い愛 という言葉とオザケンの音楽と
ギャル文化復活しつつあるし、使い捨てカメラ構えてるあたりも面白い

このレビューはネタバレを含みます

2019年5作目
友人に勧められて鑑賞。
90年代の渋谷と女子高生の様子を完全に再現していて「あーこんな人達いたなぁ」と懐かしい気持ちでいっぱいになる。
人物だけでなく街の看板等も当時のものに変えていて、細部まで至るこだわりに感銘を受けた。
主要人物だけでなく、コギャル全般の演技がかなり再現性が高く素晴らしかった。

願わくば、ラストの展開が少しチープで、なんとなく予定調和的なエンディングを迎えるあたりは少し残念だった。

あと奈々役をそのキャスティングにするならEDのダンスシーンはもう少し工夫があっても良いのではないかと思う。

良い映画ではあったので原作の韓国版も観てみたいと思った。

このレビューはネタバレを含みます

懐かしい曲に囲まれて、とても素敵な映画。若さのエネルギーはすごい。
大人しい妻を演じる篠原涼子の演技力。
ナナがちゃんと大人になって出てくれるとよかったな。
gari

gariの感想・評価

4.5
やっぱり青春ものに弱いなぁ。
完全にナメてて、飛行機で号泣だった。

高校時代の親友グループSUNNYのナミは、ひょんなことからその中心人物であるセリカと再開する。
その再開は必ずしもハッピーなだけではなく、セリカは末期がんに冒され、余命1ヶ月という状態。
余命1ヶ月の割に非常にポジティブに命を全うしようとするセリカの姿が描かれるが、裏で抱える死への恐怖が滲み出る。
そんなセリカの願い、SUNNYのメンバーとの再集結を目指し、ナミは連絡も途絶えたメンバー探しに動き出す。

20年×人数のドラマがあるのだけれど、現在と青春時代の描写の掛け合わせ方が秀逸で、きっちりのめり込める。
青春の舞台は阪神大震災後、コギャルが日本を席巻していた時代、私が小学生の頃にテレビで見ていた女子高生の全盛期。
流れる曲や小道具はぐっとくるものがある。

人生うまくいくことばかりではないけれど、どん底にいたって「あの時代」のツレに会うと、一瞬で「あの時代」にタイムスリップしちゃう。
そんな多くの人が持つ感覚が、過不足なく描かれている。

三浦春馬のあの感じ、ずるいなぁ…。
ナナ役の子、どこかで見たことがあるなぁと思ったら池田エライザだった。
役も読者モデルだけれど、美しくかわいかったなぁ。
Tak

Takの感想・評価

4.0
記録
naru

naruの感想・評価

-
記録📝
>|