SUNNY 強い気持ち・強い愛の作品情報・感想・評価

「SUNNY 強い気持ち・強い愛」に投稿された感想・評価

年齢的にちょい外れてるけど、
ヒス、ALBA ROZAのショップバッグとか懐かしさしかなかった…

懐かしくて、
あーあったなーとかちょこちょこ笑える

騒いで笑ってふざけて
よくわかないけど楽しかったなと自分の青春時代を思い出した。

けど、なんか演出があまり好きじゃなかったかもしれない。
広瀬すずの無理な変顔とか…池田エライザの最後のーとか
謎のミュージカルシーンいらない、、笑


先生役の人うまい笑

すずちゃんやっぱうまいなぁ表情とか、、篠原涼子との違和感がない!!
flower

flowerの感想・評価

4.0
女友達数人と観て、そのあとsunnyの真似をして遊んだ。友達と観るのにベストな映画
ここまでいいレシピと素材があってマズイ料理を作れるのはある種天才かもしれない。

楽曲の使い方も振り付けもカット割りも変な汗出るくらいダサかった…。
きょん

きょんの感想・評価

3.8
好きな映画◎
ほっこりするし、ジーンとするし、
面白くて笑ったし、
世代じゃなくても高校時代が
とっても懐かしくなった( ›_‹ *)
芹香が格好良すぎる😖🌷
奈々も可愛かった( ˃ ⌑︎ ˂ *)
GOROTUKI

GOROTUKIの感想・評価

3.8
「ルーズソックス」
一説によると
渋谷区にある某高校の女子高生が
エアロビ用の輸入ソックスをたるませて
履いたのがルーツといわれている。
自身は世代的にコギャルと授業をしていましたが、XLなどのオーバーサイズで着る
カーディガンやセーターに、たるませた靴下を何故着ていたのか?
よくわからなかったのですが
「東京女子高制服図鑑」を著書にもつ
森伸之さんによれば
「まったく違うものを着たら"校則違反"だけれども、大きさやボリュームが違うのは"程度の問題"として、抜け道を探して、自分たちなりの知恵を最大限に生かしてオシャレを楽しんでいたのだと思います」
なるほど!
知恵を絞りオシャレを楽しんでいたのか!
本作
90年代女子高生をポップに理解できるエンタメ作品でした!
では感想

唐突に始まる
「LA・LA・LA LOVE SONG」挿入からの
こちらが恥ずかしくなるぐらいの
女子高生の同調圧力ダンス
凄い!キラキラしている!
因みに選曲理由は映画『ラ・ラ・ランド』より「ラ」が一つ多いからだとか。
音楽と役者のMovementが
見るものの感情を向上させる
なぜだ何故なんだ?
その理由を端的に言うと…
大根仁監督のPV作品を
一挙に見ればわかります!

〜おっさんでもノれる!大根仁監督PVの世界!〜

THE TRANSFORMER「クルッタキセツ」
(1999年)
https://youtu.be/kcYmgJ-6Eg4
「映像のザラつき感いいね!」3スコア!

スチャダラパー「DISCO SYSTEM」(2006年)
https://youtu.be/eIQpjB2T0ME
「ピタゴラスチャダラスイッチいいね !」
4スコア!

フラワーカンパニーズ「この胸の中だけ」(2008年)
https://youtu.be/k6NsRXHrGQI
「笑いと涙がこぼれました。」4スコア!


スチャダラパー+木村カエラ「Hey! Hey! Alright」(2009年)

https://youtu.be/xq4DzYlYQo0
「この仮装大賞合格だよ!」5スコア!


フジファブリック「夜明けのBEAT」(2010年)

https://youtu.be/3cupbrwhNp0
「志村正彦さんが亡くなる3か月前に発表された曲…深い…」4.5スコア!


Half-Life「J-POP」(2010年)

https://youtu.be/CivJdVbT05w
「歌手の世界感が確立していればPVはそれでよし。だと思う。」3.5スコア!

マキシマム ザ ホルモン「予襲復讐」(2013年)
https://youtu.be/beN5ep5MrdY
「中二の亮ちゃんの脳に叩き込まれる感じ!イイ!イイ!イイ」満点スコア‼︎(^ν^)

これでお解り頂けたでしょうか?
大根監督の映像音楽センス!
ご理解頂けたら幸いです。^_^

そんなこんなで
本作は、『サニー永遠の仲間たち』のリメイクでしたが、オリジナルの80年代から90年代に舞台を移したのは正解だったと思いますし、広瀬すずちゃんの顔芸は
オリジナルに匹敵するぐらい面白かった!^_^
実は2018年3月にベトナムで先にリメイクされていたのですが、
『Go Go Sisters(英題)』
予告動画
https://youtu.be/26VhwlmKY6c
どうせならこちらも同時公開して欲しかったですね。^^
みわ

終わる前に見てよかった〜!女の友情っていいなって思った
ライミ

ライミの感想・評価

4.8
自分が主人公のひとつの物語

大天使 池田エライザ様と、山本舞香様と言うふたりの天使が出演した今作。
劇場は逃せまいとなんとか間に合いました。

普段でしたら、ここからふたりの天使について盛り上がりたい所ですが、後にしておきます。

この作品は素晴らしすぎた。心に響きすぎた。

基の作品がある事を公開が始まってから知り、見た感想で「基のがよかった。」と言う意見もいくつか拝見して、そちらも気になりましたが私が日本人だと言うこともあり、まだあちらを見ていないのでなんとも言えないですが、こちらの作品に最高の感動を感じました。

自分と言うひとりの人間が主人公を演じる物語。それが人生。

一度きりの人生。一度きりのやり直しのきかない物語を最高に演じたい。
素晴らしい物語を作りたい。

先日22歳の誕生日を迎えて、来年からは社会人になり毎日同じことの繰り返し。
終わりまでまっしぐらかよ。なんて同年代と話していましたが、自分だけの物語、やりたい事をたくさんやって、繰り返しの毎日なんかじゃない、毎日が新しい1ページになる様に物語を作り上げていきたいと強く思わせてくれました。

作中でもありましたが、自分の物語の終わりなんていつ訪れるものかわからないから、毎日に悔いを残さず生きていきたい。

作中のキャラの様に高校生活はバカやったし、楽しい思い出ばかりだけど、大学がバラバラになって連んでた奴らともだいぶ疎遠になってしまっているので、連絡を取ってまたバカやりてえなって思いました。

今、高校生の方達には是非見て欲しいし、親や先生に迷惑をかけすぎない程度にバカやって欲しいです。
学生時代ほど自由に遊べる時代は一生の中でもないし、そこ中でも高校は子供と大人の境みたいなもんだから色んな事をやって、学んで、沢山の仲間と思い出を作って欲しいですねb

本当に素晴らしい作品でした。

<熱くなりすぎましたので、壊れたレビューもしておきますね^_^>

大天使 池田エライザ様と山本舞香様のふたりの制服姿最強すぎませんか?

青いブラウスに紺のカーディガンがあんなに似合うのは舞香ちゃんしか絶対にいないしマジでカッコ良すぎた。

エラちゃんはピンク似合うし、マジでスタイルの良さが神!!!!
脚細いし、すらっとスタイル良くて、マジで美人すぎた!

あのふたりが出るたんびニヤニヤしてしまった。
ふたりとも最近たくさん作品出てるしどんどん劇場の大画面で拝みたい!!!!

とりあえず次の劇場は「億男」でエラちゃんを拝んできます!!!
世代ど真ん中だったので、懐かしみながらとても楽しめた。あの頃に戻れるなら、もう一度戻りたい。
ゆい

ゆいの感想・評価

3.5
韓国で大ヒットした映画の日本版リメイク。韓国版が大好きで不安もありつつ観賞したが、ほとんど原作に忠実で安心。
一緒に観た友人に大根仁監督の要素が結構あったねと言われて初めて彼の作品だと気が付いた。冒頭から歌とダンスのミュージカル調、確かに!
この時代の女子高校生は本当にパワフル。自分の少し上の世代だけど懐かしさを感じる。社会問題も取り入れられていて面白いだけでなく、考えさせられる作品。
>|