リズと青い鳥の作品情報・感想・評価

「リズと青い鳥」に投稿された感想・評価

いやぁ…素晴らしかった👀✨✨ストーリーもアニメーションも音楽も…全てがベスト👍✨
主人公である女子高生たちの、何ともひと言では言い表せない歯がゆい思いや友情物語と、作中に出てくる童話「リズと青い鳥🐦️」のストーリーが彼女たちの心情と絶妙にリンクしていて、本当にリアル。
更に京都アニメーション制作ということで、ひとつひとつのシーンが綺麗👀✨瞳の輝きや揺れ動き、髪の流れ、足音…何だか自分もその場にいるような感覚に…😌🍀
公開から少し日が経っちゃったケド、観に行って本当に良かったと思える作品でした(*´-`)🎼
総合評価:78点☆
イワオ

イワオの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

淡い青春のお話し。
スピンオフ的な作品で最初はあまり期待していなかったがものすごくいい作品であった。

京アニの作画と山田尚子監督の技量はさすがとしか言いようがない。

最後2人の心情がリズと青い鳥に重ね合わせていた人物の逆になっていた事、それに気づいてしまった2人がどうしたのかが圧巻だった。

本当に綺麗な青春を体験したかのような感覚であった。
2018年173本目
jam

jamの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

指先から癖まで最高。音楽が最高。本当に執着してるのはどっちか?関係性の表現の仕方。京アニらしい綺麗な絵。才能と努力と羨望と憧憬と嫉妬と成長。透明感、懐かしさ、疾走感。光の入り方から雨が降った場面の心象描写も最高。強すぎ。あまりにも美しく、あまりにも残酷で、あまりにも愛。
少女たちの危うげで美しい成長譚。揺れるカメラ、被写界深度の浅い画面。動線も素晴らしい。印象的なのは窓に反射して映る鳥。そのシーンは2回あるがどちらも、みぞれと希美に好機をもたらしている。まさしく、幸せの青い鳥。
キャラデザの変更により、繊細な芝居がいつも以上に映えること!
本作はハッピーエンドだが、山田尚子のビターな作品も観てみたい。
kakki

kakkiの感想・評価

3.5
終盤 ようやく学校の外へ
Masa

Masaの感想・評価

3.8
英題: Liz and the Blue Bird

ー ずっとずっと、一緒だと思っていた。

冒頭の、みぞれのアップだけで満足できる作画クオリティ。京アニにこのコメントは冗長か。

物語も面白かった。
終わってから一回、涙堪えて 3分後に我慢出来なくて 泣いた。

明るくて周りに人が集まるノゾ。
自分のことをつまらない人間だと殻に閉じこもり気味のミゾ。

そんなミゾにノゾが声をかけて仲良くなり一緒に吹奏楽部に入る。
音楽の才能があるミゾ
その才能を持っていないノゾ

人って、自分にないものを憧れたり羨ましく思ったりする。それで好きになったりすることもあれば嫉妬してしまうこともある。ないものって ない人にしか解らないわけで 理解し合うのも難しい。

表には出さない裏の顔。
誰もがある。
でも友達にその弱い部分を見せ歩み寄れた時に絆は深くなる。

そして進路という壁。
これは誰もがぶち当たる。
夢がある人。やりたいことがみつからない人。その他いろいろな問題。
進路は友情とは全く関係ない。
これが淋しい。大人になるって それぞれの道を歩んでいくこと。

ラスト、気持ちを整理して歩み寄れた瞬間をみた。きらめきだ。これは私にとって青春のきらめきと言える映画だろう。
友一

友一の感想・評価

3.6
アニメーション業界の神となりつつある山田尚子監督の最新作はまたしても鬼のような繊細さで紡がれたまごうことなき大傑作であった。

凄すぎて普通にビビりますよ...。
べる子

べる子の感想・評価

3.5
また制服着たい
>|