リズと青い鳥の作品情報・感想・評価

「リズと青い鳥」に投稿された感想・評価

田中

田中の感想・評価

4.5
初リズ
上映開始数分前にようやく「響け!ユーフォニアム」関連の映画だと気がつく
初めと終わりの三拍子の曲(劇伴)がとても良いと思った
青春ってキラキラした感じに描かれるけど、そうじゃないところ、青春の上澄み以外の部分を描いていた。(と、Twitterには記していた)
4/21上野,5/4上野,5/11亀有5/21上野,5/24渋谷,5/27つくば,8/3柏,9/5柏,9/17川崎,10/3立川
最初からある程度結末は見えていた。
のぞみの心の弱さや不安定さが思春期独特な感じでリアルだった。
吹奏楽の音源に本物みがあった。
「響けユーフォニアム」の劇場版と言うことで、一切の予備知識なしで映画館に足を運んだ思い出。
映画館で観たと言うこともあり、演奏の場面になると迫力が桁違いでした。楽器隊の指先の細かい動きや、空気の揺れを感じたり少しの風に髪がたなびいたり、本当にアニメである事を忘れます。
一喜一憂、その日を生きる学生たちの青春が羨ましく思えました。
主人公の性格が肌に合わなかったのか、うまく入り込めないところがあったのでしっかりアニメで予備知識を蓄えてから、また観ようと思います。
奈緒

奈緒の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

全体のリズムが好きでした。
あと、最後の「青い鳥は飛び立つしかなかった。寂しくても、それでも」(うろ覚えです)みたいな台詞が印象に残りました!
原作ファンではないので、原作の再現度は分からないのですが、女子校出身としては女子校の空気感が上手く出ていたように感じます。
r1ace

r1aceの感想・評価

3.2
全く予備知識なく鑑賞。

恐ろしいほど繊細でカットに拘った…
一言で言うとアート系の映画でびっくりした。
多彩な表情や微かな動き、小さな仕草で
感情を伝えるその技術に感服。
良くも悪くも上級者向けの映画だと思う、
片手間で見たらさっぱり理解できないかと。
音楽シーンの良さを味わうためにも、
是非とも映画館での鑑賞をお勧めする。

けど、ラストの終わり方「だけ」が気に食わない。
それでこの点数。
盛り上がるシーンがもう一つ、欲しかった。
もしくはエンドロールであの曲を使えば…
それだけで大分変わったであろうに。
(あくまでも個人の感想です)
Marrison

Marrisonの感想・評価

4.0
丁寧さ・繊細さ・青系の優しさとかが、心地よくて………眠気。
百合っ気も、吹部も、私には興味外だけど、淡い強さに雑味なし。マジメな、マシなアニメだと思った。引きこまれはしなくても、みぞれちゃんのうじうじ姿に(まあまあ)つきあえてるっていう、安心感が自分で嬉しかったかも。聞いててあげた。見ててあげた。
会話中にソックス&上履き・ローファーばかりを映してたりと、描きが本当に繊細。「あなたの足音が好き」なんて言われたらエヘヘだね。
「ハッピーアイスクリームッ」の二度目がここぞって時に出てきたし、台本かなりいい。

背景画ずっとボケボケで、キャラばかりが全員鮮明。前半には何度かキャラ間のピントいじりが見受けられた気もする(よく覚えてない)けど、後半はそれ一度もなかったみたい。
一方、話中話の絵本部分だけは、つねにパンフォーカス。
────そういうの、どうなんだろ。場面場面で最適な被写界深度ギメをしていくんじゃなく、絵本のとこ以外は機械的に一律に背景ぼかしつづけることで、しっとりした懐かしいような雰囲気をふわふわ生めてたのは確か。だけど、そのうちに、単に「無芸」に思えてきちゃったりもした私は、神経質なんだろうか。
あと、正面向きの鼻の描き方があまり好きじゃない。
高校生の中では、端役の高坂さんが一番美人かな。
『シェルブールの雨傘』のopと同じ俯瞰、一度だけならトキメキ画だったが二度も出てきたのでオマージュじゃなくパクリだと思った。

ところで、オーボエのこともフルートのこともさっぱりな私は、これ観ながら“20世紀最高の二人組”ミック・テイラーとキース・リチャーズの別れぎわの一方的ギターバトル?を勝手にちょっと連想してた。不満あってバンドから飛び立つまぎわだったテイラーの、最後の大仕事『タイム・ウェイツ・フォー・ノー・ワン』のスタジオで、絶対的リードのテイラーが王者キースのリズムギターを無用とばかりにねじ伏せ、ついでにミック・ジャガーの声まで蹴散らしてソロの祈りを延々と宇宙に捧げたさまは、まるでカツカレーの中で厚々トンカツがカレー内に元々あった細かな牛肉を無意味とばかりに追いやりがちだという条理に似てた。一番幸せな二人組だった頃の『ブラウン・シュガー』の掛け合いイントロにも思いを馳せつつ。。
やっぱり心だ、合うべきは心。そしてひとりの心もそれはそれでかけがえがないわん。
(映画と関係なくなっちゃったけど、上記二曲は全ストーンズ中の二大最高傑作です。)

[立川シネマシティーにて“極上音響上映”]
さくら

さくらの感想・評価

3.0
誰かに感想を語るものではないと思う作品だと感じた。
なので、ミドリフグは多頭飼いはお勧めしません。フグリキよりもパファークリルや冷凍赤虫をあげるといいです。
あと、汽水めんどいです。
二度目鑑賞

交えることが会えども、その瞬間はいとおしい
>|