リズと青い鳥の作品情報・感想・評価

リズと青い鳥2018年製作の映画)

上映日:2018年04月21日

製作国:

上映時間:90分

ジャンル:

4.0

あらすじ

あの子は青い鳥。広い空を自由に飛びまわることがあの子にとっての幸せ。だけど、私はひとり置いていかれるのが怖くて、あの子を鳥籠に閉じ込め、何も気づいていないふりをした。 北宇治高等学校吹奏楽部でオーボエを担当する鎧塚みぞれと、フルートを担当する傘木希美。高校三年生、二人の最後のコンクール。その自由曲に選ばれた「リズと青い鳥」にはオーボエとフルートが掛け合うソロがあった。「なんだかこの曲、わたした…

あの子は青い鳥。広い空を自由に飛びまわることがあの子にとっての幸せ。だけど、私はひとり置いていかれるのが怖くて、あの子を鳥籠に閉じ込め、何も気づいていないふりをした。 北宇治高等学校吹奏楽部でオーボエを担当する鎧塚みぞれと、フルートを担当する傘木希美。高校三年生、二人の最後のコンクール。その自由曲に選ばれた「リズと青い鳥」にはオーボエとフルートが掛け合うソロがあった。「なんだかこの曲、わたしたちみたい」 屈託もなくそう言ってソロを嬉しそうに吹く希美と、希美と過ごす日々に幸せを感じつつも終わりが近づくことを恐れるみぞれ。「親友」のはずの二人。しかし、オーボエとフルートのソロは上手くかみ合わず、距離を感じさせるものだった。

「リズと青い鳥」に投稿された感想・評価

のら

のらの感想・評価

4.0
テレビアニメ版響け!ユーフォニアムの続きで、話としては主人公たちが二年生になった時の話になっているのだが、本作の主人公は黄前久美子と高坂麗奈ではなく、オーボエを担当してる鎧塚みぞれとフルートを担当してる傘木希美になっている。

これはどういう事かというと、原作上は続きの話になっているのだが、本作は原作の中の「リズと青い鳥」のエピソードだけを抜き出しているためストーリー上は続編なのだが、作品としては完全に独立したスピンオフ作品なっている。

この違いは作品のテイストにも反映されている。テレビアニメ版は吹奏楽で全国大会出場を目指す青春モノで静と動で言えば動の作品だったが、本作は静の作品となっている。そのためユーフォニアムの続編としてみると絵のテイストを含め完全にテイストの違う作品のため違和感を抱く。

とはいえこのテイストの変化は本作のテーマや、鎧塚みぞれの心理描写と非常に合っている。特に終盤での鎧塚みぞれと傘木希美のアンサンブルの躍動感の前振りとしても機能しておりこの変更は成功している。

また登場人物の内面描写も特徴的で、主人公たちの内面をセリフで語らせずに仕草や癖で表現しているのも映画的で良く、日本の実写映画の監督にももう少し見習って欲しいところだ。

全体的に言って共学なのに意図的に男子生徒を排除した演出など、1990年版の櫻の園に通じるのもある。一方で櫻の園もそうだったが、話しが淡々と進むので見方によっては退屈に感じる部分もある。しかし天才と凡人の友情の話としてよく出来ているし、クライマックスでお互いの気持をぶつけ合うシーンは心を揺さぶられずにはいられない作品に仕上がっている。このような作品を実写で作ることが出来ないのは本当に残念に思う。
隣の席の人が変な人だった。もっかい見たい。
ちよ

ちよの感想・評価

3.8
響けユーフォニアムのスピンオフ作品、鎧塚みぞれちゃんと傘木のぞみちゃんに焦点を当てた作品です。

山田監督ファンな私。存分に山田ワールドを感じることのできるこの映画。
音は聲の形の時と似た、奥行きのある、ややクリアよりかはくぐもった感のある音響。吹奏楽を題材にしているので、楽器に息を吹き込む音なども今までのユーフォシリーズ同様、すごく近く感じます。それに加えて今回の作品では衣摺れの音などもすごく耳に入ってくる。意識してとても小さい音まで拾われています。それによって映し出されるのは、みぞれの中のミクロな世界。そこに映るのは、いつものぞみだけ。


リズと青い鳥、という絵本のストーリーと本編が、まるで交差するように繰り広げられていきます。

リズが手放したくなかった青い鳥、それはみぞれの中ののぞみの筈だった。親友、ただ一人の親友。私にはあなたしかいないのに、あなたにはたくさんの友人がいて、私はそのひとりでしかない。

女の子ならきっと1度は感じた事のある、友情の中の嫉妬。友達だから嫉妬すること、妬むのに、やっぱり好きって思うこと。
そんな友情と愛情の狭間をぐらぐらして、私という価値を他人がいないと定められない、不安定な女子高生の一瞬だけにフォーカスを当てた、素晴らしい映画だと思います。
内容がなかった、ではなく、【この部分だけに焦点を当てた作品】なのです。

自分はリズと青い鳥を演奏するのぞみの姿を見て、彼女の気持ち、みぞれの勇気、それぞれの葛藤などに想いを馳せて泣けてしまいました。
女性の方が共感を呼ぶ作品かも知れませんが、この変態的までな女子の空間を是非男性にも味わってもらいたいです。
もちろん、今まで通り吹奏楽シーンも見もの、リズと青い鳥という曲も世界観に合っていて素晴らしい曲でした。
中学高校と「友達」してきた女子二人とその周囲の人々の話。舞台は吹部。

なんとなくずっと一緒にいて、気づいた頃にはその時間をかすがいに側に居続ける感じ、すごくよく分かる。

うろ覚えだけど
「青い鳥はさ、戻ってきたくなったら戻ってこればいいと思うんだよね。」
に救われたかも。

The two lines come close and then get away♩
nori

noriの感想・評価

-
2018年 劇場鑑賞14本目 通算41本目
mo

moの感想・評価

3.1
自分が元吹奏楽部かつ大人気ということで観ておくしか!と思い鑑賞。
スピンオフだとは鑑賞後にここ開くまで知らなかった。

繊細な絵、表現、音が非常に綺麗。
この映画のために作られた楽曲が素晴らしい。まさにコンクールの自由曲っぽい!

ただ自分には主人公二人への感情移入がほぼできなかったというか、うまく乗れなかった。
今すっごいモヤモヤしてる。

実際の世界でウジウジしてる女の子が大嫌いなので、初っ端からすみれが暗すぎて無理だった。
でも!それは後になるにつれてうまく解消されたのだけれど、そしたら次はのぞみの嫉妬に幻滅。
わかるっちゃわかるけどさぁという感じ。
二人がお互いの役割を気づいた場面もすみれが理解したのはよくわかったけど、のぞみはよくわからなかった。

私そもそも女×女が無理なのかな?でもgleeのブリタナとか大好きなカップリング結構あるよ?と自問自答が始まった。

素敵な作品だと思うのに、うまく乗れなかったことがただただ悲しい。
Sen

Senの感想・評価

3.0
んー何かが違う。既に存在するキャラのストーリーをまた改めてっていう概念が邪魔をしてしまったのかもしれない。
まずこの2人のキャラに興味がなさ過ぎて、やはり刺さらなかった。
タッチや構図は好き。けど私の好きな京アニらしさはなかったかな。
フィルターかけて見過ぎたか、、別ものとして見れば感じ方が変わったかもしれない

フグと光のシーンが最高でした。
tak

takの感想・評価

3.8
仲良しの誰かと一緒にいられる心地よさ。学生の頃、それはいつまでも続くと思っていた。それぞれに選ぶ道があるのだから、そんなことないのに。「あいつが行くならオレもそっちでいいかな」そんな気持ちが進路決定を揺れ動かした経験、ないだろか。「リズと青い鳥」について、"男子には理解できない女子の連帯感"めいた感想をちょくちょく見かけるが、これは男子も女子もなく誰もがあの頃感じてたことだと思うのだ。そりゃまあ、「大好きのハグ」や「ハッピーアイスクリーム♡」は男子には無理だろうけどねww

テレビアニメ「響け!ユーフォニアム」のスピンオフとして制作された本作。オーボエ担当のみぞれとフルート担当の希美。中学時代に希美が内気だったみぞれに声をかけてくれたことで友人になった二人。高校最後の吹奏楽コンクール自由曲「リズと青い鳥」で、二人にはソロの掛け合いがある。この曲の元となる童話には、青い鳥と少女の別れが描かれる。卒業後の進路に揺れる二人の心、希美を失いたくないみぞれの気持ちが童話の物語に重なり、演奏をかき乱す。その葛藤と二人の成長が繊細な描写で描かれる。

テレビシリーズでも冴え渡っていた京都アニメーションの細やかな仕事。山田尚子監督の手にかかるとどこにでもある日常の出来事が、とても愛おしい時間に変わる。「けいおん!」も「たまこまーけっと」もそうだったように。みぞれと希美の気迫の込もった演奏をみせるクライマックス。彼女たちの息遣いや足音までもが、気持ちを表現する見事な演出。とにかく"音"で聴かせる作品だ。演奏の良し悪しなんてわかんない…という人でも、あの演奏シーンは"なんかすごい"とは感じられるのではなかろうか。

これまでの登場人物たちは脇役だけど、みぞれと希美の個人的感情の物語をうまく彩る役割を果たしている。特に3年生で副部長になったユーフォニアムの中川夏紀が、やさぐれてた1期と違っていい存在感。主役の二人を中学時代から知る立場として、ストーリーに深みを与えてくれる。トランペットの高坂麗奈は、またも物語の火付け役でカッコいい。元吹奏楽部の僕としては、同じトロンボーン担当の塚本くんを応援したい。だってあの頃、僕もユーフォの女子に恋していたから(笑)そっちのスピンオフはないだろか。
リズと青い鳥を見たあとの感情は、「リズと青い鳥を見たあとの感情」としか形容できない。
>|