リズと青い鳥の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

「リズと青い鳥」に投稿された感想・評価

NNN

NNNの感想・評価

3.0
キャラクターデザインが変わるだけちょっと違う作品に見えるていうか…1,2期のキャラクター本当に素敵だったなあ

リズと青い鳥の曲は良かった。
オーボエて良い音色だな
みぞれの吹くシーンが見どころかな。
matsukawa

matsukawaの感想・評価

5.0
名前の付けられない感情、言葉では説明しきれない感情を、映像と音で見事に表現しています。台詞よりも映像と音の方が遥かに雄弁という、映画のお手本のような理想的な映画だと思います。

とにかく一つ一つのカットの表現力が尋常じゃなく高い。

まず「意識の流れ」風のアバンタイトルが鮮烈でいきなり引き込まれる。
効果的な主観ショットはその後も全編に渡って頻繁に挿入されて、更に客観ショットもその画角とか構図によって「誰かの主観」ぽさが強い。
カメラが微かに(呼吸をするように)揺れているのも、その感覚を補強する。
全てのカットが「みぞれの主観」の疑似体験か、「(カメラを媒介しない)観客の主観」でそこに居合わせるか、のどちらかなので、没入感というより「参加感」みたいなものがある。他人事ではない感じ。
更に言えば「観客の主観」と感じられるカットも「実はみぞれの脳内で想像されている疑似客観」に感じられたりもして、そこがとても面白い。
誰かと話しながら、少し離れた所から自分達を見ている映像を想像するようなあれです。
で、終盤の重要な場面(のぞみが自分の中のリズと青い鳥に気付くシーン)では、例外的にのぞみの主観ショット(上から見下ろす上履き)が差し込まれたりして、憎いくらい上手い。

ストーリー自体はシンプルで王道ですらあるけど、映像表現が優れているとこんなにも新鮮でビビッドな作品になる。感服です。

京都アニメーションが作り上げたこの豊かな芸術が、いつの日か復興する事を祈って。
高校の吹奏楽部に所属する親友同士のみぞれと希美の、互いの立ち位置、距離感が変化していくって話☆

羨望と絶望、互いの関係性がシーソーのように揺れ動き、多感な年代の微妙な心理が描かれます。

『リズと青い鳥』という絵本をモチーフにした楽曲を演奏することになったみぞれと希美。2人の関係は、正に絵本の内容と重なる。
果たしてどちらが″リズ″で、どちらが″青い鳥″なのか。
身近な関係故に芽生える、甘え、傲慢、依存、独占欲。

女子高という、わたくしを含めた男目線でのキラキラでフワフワの、物理的に甘いニオイがするような幻想を打ち消す、生々しい女の世界の″リアル″が感じられる一本(* ̄ー ̄)☆



○キャスト○
鎧塚みぞれ(3年・オーボエ担当):種崎敦美
傘木希美(3年・フルート担当):東山奈央
″リズ″/″少女″(絵本『リズと青い鳥』のキャラクター):本田望結
中川夏紀(3年・副部長・ユーフォニアム担当):藤村鼓乃美
吉川優子(3年・トランペット担当):山岡ゆり
剣崎梨々花(1年・オーボエ担当):杉浦しおり
黄前久美子(2年・ユーフォニアム担当):黒沢ともよ
加藤葉月(2年・チューバ担当):朝井彩加
川島緑輝(すふぁいあ・2年・コントラバス担当):豊田萌絵
高坂麗奈(2年・トランペット担当):安済知佳
tamashii

tamashiiの感想・評価

4.3
DVDで視聴。話の筋はぴりりとしてるとこもあるけど、全体の演出は良い感じに力が抜けてるし、癒し系映画と思う。みぞれちゃんはけっこう暖かみのある子なので、見終わったあとはなんか人に優しくできるような気がする。

2回目鑑賞して、点数を引き上げ。高校終わって10年のおっさんからすると、チクチクした青春も、その頃の友情とか愛情のないまぜも、何もかもが尊い思い出って感じで(個人的にはそういうの少なかったが)、やっぱり癒し系映画だと思うな。

このレビューはネタバレを含みます

窓枠のフレーム内外を突き抜ける青い鳥になるか、
水槽の中で泡と戯れるのみのフグになるか、どちらかを選べ、と迫ってくるかのような迫力。という印象。

ユーフォニアムのTVシリーズも観てみようと思った。
soyJun

soyJunの感想・評価

4.4
繊細な感情の動きを描いた映画。

観れてよかった^ ^

好き。
「インポ野郎」「どこで覚えたんだそんなこと」「ここだよ」という幽霊に死後の生活の時間の流れを感じさせるしょうもないセリフと最後の「なんで今言ったの」は泣きそうになった
アアアアアアアアっ‼トレビアンっ‼
めい

めいの感想・評価

2.0
これは・・😰

アニメ版の池田さんのキャラデザは本当に愛くるしくて素敵だったんだなって。