トムトム

仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザー・エンディングPartIII 仮面ライダーゲンムVSレーザーのトムトムのレビュー・感想・評価

3.5
トリロジー最終章として檀黎斗の物語としては良くまとまっている。
「檀黎斗神ではない、私は・・・」の流れはTVシリーズから追いかけているファンにとっては堪らない。

TVシリーズの病に対してはヒーローとても万能ではなく医者としてヒーローとして戦い続けるという落とし所のバランスがとても好きだったので正直この3部作は蛇足感が強い。
亡くした人をよみがえらせられる流れはダメだと思う。
ただ檀黎斗の物語としては見所満載。
前2作は要らないので今作を90分くらいで作って欲しかった。

檀正宗を演じる貴水博之の叫び演技は頑張りすぎてほぼサンシャイン池崎に見えてくる。
ちびっ子達や若い親達は貴水博之の歌うED曲を聴いて「クロノスって歌上手いね。」と思うのだろうか。

全2作ではお色気担当としての柳ゆり菜演じる紗依子先生に圧倒されていたポッピーもずぶ濡れ姿で一矢報いた。

「私のレベルは10億だ。」のセリフはフリーザの「私の戦闘力は53万です。」と言っていることは同じだがコッチは何故か笑える。