菩薩

鍵の菩薩のレビュー・感想・評価

(1959年製作の映画)
4.3
いわゆる寝取られ願望、妻の貞操観念を破壊する事によって自らの性欲を掻き立てようとする初老の男性、その先に待ち受ける誉れ高き名門の悲劇。谷崎潤一郎原作。

冒頭の仲代さんから気味の悪さ全開の作品。かつ、京マチ子の妖艶なようで実は怨念めいた滲み出る妖気と色気。中村鴈治郎の醸し出す静かなる変態性。不敵に微笑み全てを見透かす叶順子の冷徹な目線。

ユーモアを交えつつ、原作の持つヌメッとしたイヤらしさを表現した見事な秀作。官能ドラマというよりまさに怪談に近く、影の演出が恐怖心を更に煽る。谷栄お婆ちゃんも大活躍。