ゆき

鍵のゆきのレビュー・感想・評価

(1959年製作の映画)
4.0
艶かしく不気味な雰囲気。異様な設定。大人の話。回りくどく無表情の人達。原作 谷崎潤一郎。予想以上…間や画がよろしい〜

冒頭、仲代達矢の語りかけに引き込まれる。
夫婦の関係を復活?させたい男の欲。京マチ子の白肌裸体、見えない…妄想。眉毛の角度スゴイ‼︎
トトロの“めいちゃ〜ん!おばあちゃん”北林谷栄が…
ラストは小説と違いますね。

音楽 芥川也寸志はこの前見た“野火”同様、素晴らしい。冴えている。