機動戦士ガンダム Twilight AXIS 赤き残影の作品情報・感想・評価

機動戦士ガンダム Twilight AXIS 赤き残影2017年製作の映画)

上映日:2017年11月18日

製作国:

ジャンル:

2.6

あらすじ

宇宙世紀0096年後半、「サイコフレーム」の存在に脅威を感じた地球連邦政府は、直轄の情報部に所属するメーメット・メルカ中尉に特殊部隊「マスティマ」を編成させ、地球圏を漂う小惑星「アクシズ」の分断された片側に潜入・調査という重要な指令を下す。メーメットと同行する調査隊のメンバー内には、かつてのジオン公国とネオ・ジオンで、技術者とテストパイロットだったアルレット・アルマージュとダントン・ハイレッグと…

宇宙世紀0096年後半、「サイコフレーム」の存在に脅威を感じた地球連邦政府は、直轄の情報部に所属するメーメット・メルカ中尉に特殊部隊「マスティマ」を編成させ、地球圏を漂う小惑星「アクシズ」の分断された片側に潜入・調査という重要な指令を下す。メーメットと同行する調査隊のメンバー内には、かつてのジオン公国とネオ・ジオンで、技術者とテストパイロットだったアルレット・アルマージュとダントン・ハイレッグという二人の民間人が加わっていた。アクシズに潜入した調査隊は、誰もいないはずの基地内で私兵集団「バーナム」の新型「ガンダム」らの強襲を受け、ダントンとアルレットはかつて開発に関わっていた赤い「ザクIII改」で応戦するも、様々な危機的局面に遭遇する。その中で、アルレットはある「想い」を胸に秘め、アクシズの表面に取り残されたサザビーの残骸に向かうのだった…..。

「機動戦士ガンダム Twilight AXIS 赤き残影」に投稿された感想・評価

thunderboltとの同時上映が不憫です。
出来が違いすぎて。
あらすじ読んで初めて分かることが多いって、映像作品として致命的。見てて理解出来ないんだもの。
やっぱり前提はちゃんと描かないと駄目だな。
ロマノ

ロマノの感想・評価

3.0
ついてこれない人は置いて行く的な作品
ある程度設定なり、あらすじなりを頭に入れつつ見ないと置いてかれる

各種モビルスーツ登場シーンはテンション上がる
嫌いではない
尺はないが予備知識を入れていれば楽しめるとは思う。
ash

ashの感想・評価

2.9
たしかに内容はないけど雰囲気きらいではない
ゴミ。ガンダムが好きな自分としては舐められてる気分になった。
なつお

なつおの感想・評価

1.9
予備知識ない方は、漫画もしくは小説で色々と補完しながらでないと何もわからないまま終わります。
私も小説、漫画を見てから再挑戦します。。。
内容がうっすいと噂のガンダム。
たしかに予告編なのかと勘違いするほど。

バイアランがかっこいいし、大佐のロリコンが証明されるところが見所。

キャラがうざくてはまらなかったなー。
>|