デジモンアドベンチャー tri. 第6章「ぼくらの未来」の作品情報・感想・評価

デジモンアドベンチャー tri. 第6章「ぼくらの未来」2018年製作の映画)

上映日:2018年05月05日

製作国:

ジャンル:

3.0

あらすじ

世界の崩壊がはじまった。暴走するメイクーモンは、暗黒進化したテイルモンを吸収し、強大な力を持 つオルディネモンに姿を変える。イグドラシルの思惑通り、現実世界がデジタルワールドに呑み込まれようとしているのだ。絶望が迫りくる中、選ばれし子どもたちは懸命に前を向く。太一のいない今、代わりになれるのはヤマトしかいない。 「世界を救うために、やるべきことがある!」 ガブモンはヤマトを力づけ、アグモン…

世界の崩壊がはじまった。暴走するメイクーモンは、暗黒進化したテイルモンを吸収し、強大な力を持 つオルディネモンに姿を変える。イグドラシルの思惑通り、現実世界がデジタルワールドに呑み込まれようとしているのだ。絶望が迫りくる中、選ばれし子どもたちは懸命に前を向く。太一のいない今、代わりになれるのはヤマトしかいない。 「世界を救うために、やるべきことがある!」 ガブモンはヤマトを力づけ、アグモンは信じている、太一は必ず戻ってくると。 一方のホメオスタシスは、もはや手のつけられなくなったオルディネモンを処分するため、現実世界を巻き込む最終計画を実行に移そうとする。何とか破滅を食い止めようと、子どもたちとパートナーデジモンは必死の戦いを続ける。 「すべての光はメイクーモンの中に…」 失意に沈むヒカリに届く、テイルモンの声。そして子どもたちに、最後の決断を下す時が訪れる。選ばれし子どもたちが、自ら選んだ未来とは―?今、再び 冒険が進化する―

「デジモンアドベンチャー tri. 第6章「ぼくらの未来」」に投稿された感想・評価

anemone

anemoneの感想・評価

4.1
ヒカリとタケルのシーン僕見てないよってパタモンが可愛い。ヤマトの変な歌みたいな台詞に笑った。空がこうゆう顔見せるのって珍しいなあぁだから未来がこうなってるのかって思うシーンがあった。めいちゃんとメイクーモンに揺さぶられて観入ったし泣いた。Butterflyの曲かかると大興奮。
ソー

ソーの感想・評価

3.5
「選ばれし子供達のイマを描く物語」

全6章を視聴。デジモンを見て育った世代としてまず言いたいことは、あの世界の続きを描いてくれてありがとうということだ。

進化シーンの多用や6章構成というテンポの悪さが気になった。ただ、デジモンとの絆をうまく描き、ラストをオメガモンにつなげる「デジモンアドベンチャーらしさ」を感じることができファンとして嬉しかった。
colorful

colorfulの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

パタモン可愛い
ヒカリ矛盾してる
イグドラシルって結局自分出てこないで何がしたいのか?
EDはかなり良い、泣ける。

感動的に作りたかったのかわからないけど、結果謎が多いし理解出来ない感じ、作り直して欲しい。
全6章を観た感想を一言でまとめます。

「メイクーモンに『DANDAN心魅かれてく』」
三平

三平の感想・評価

3.7
6作も作る必要あったか?ストーリー荒くない?などなど沢山の酷評があるのもわかる。累計30分は進化シーン見てた気がするし…笑

でもデジモンの映画なんて、オメガモンがかっこよければよれでよし!だと思うから個人的には楽しく見られた。

確かに娯楽映画としてはウォーゲームと逆襲には遠く及ばないけど、痛みを背負った選択をするまでの成長はちゃんと描けていたと思う。

選ばれし子供じゃなく選ばなきゃいけない、ってあたりのセリフもすごくよかったと思う。

なんだかんだ懐かしい気持ちに浸らせてくれたし、デジモンかわいいし、オメガモンかっこいいし満足でした。
メイクーモンのぬいぐるみがほしいです 笑
tri完走したので総評。

まず絵に関して。総じてキャラデザはかなりレベルが高かった。宇木さんの世界観がそのまま動いていればどれだけ破壊力があったか。だがこのクオリティの線画は線の取捨選択にセンスと高度な空間把握力を要すので、スタッフの力量が追いつかないと見栄えが悪くなる。

脚本に関して。全体として熱量を感じキャラ達への愛情がたくさん詰まっていたが、力不足でもある。特に話の展開に説得力が欠いており、感情移入より先に違和感がある。シリーズ前半あたりのグダグダは要らなかったが伏線としてはいい味を出していた。個人的に3章6章はそこそこ楽しめたので、プロットや人間関係の単純化を測ればもっと面白いストーリーラインになった気がする。

最大の短所は、キャラそれぞれの悩み方が重くて作品のエンタメ性を削いでいた点。個人的に自意識をテーマにするというのは娯楽作品には劇薬だと思う。エヴァのシンジ君ではなく、シンゴジラの日本政府が見たい(かといって6章のように露骨に意識させるのも些か違うが)。社会問題を扱うお家芸は無印の頃から健在だが、あくまで友と前向きに立ち向かうのがデジモンの哲学じゃないのか。

対して最も評価したいのは音楽。ここに記録したスコアの大半をこれが攫っていった。和田さんに心からの拍手を。各章のテーマ曲も本当に良く出来ていた。
>|