MasaichiYaguchi

妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢのMasaichiYaguchiのレビュー・感想・評価

3.7
家族やそれを取り巻く社会を見詰め、それを温かい視点で描き続けてきた山田洋次監督の最新作にして「家族はつらいよ」シリーズ第3作では、本作の中心人物である平田家長男夫妻に対して共感する主婦達や、苦笑いと共に冷や汗をかくお父さん達が続出しそうな気がする。
シリーズ第1作では「熟年離婚」、第2作では「無縁社会」がテーマだったが、本作のテーマは「主婦への讚歌」。
私と西村まさ彦さんは1歳違いということもあり、西村さんが演じる幸之助の妻子を養っている一家の主人という自負、その自負からくる上から目線の、主婦として子供たちの母として妻が居て当たり前という考え方がよく分かる。
恰も妻が自分や家族の付帯者と捉えていると、この作品で描かれたように皆が手痛いしっぺ返しを食らうことになる。
当たり前のことだが、主婦であり、母でもある妻は一個人であり、彼女なりの生き甲斐だってあるのだから、その半生を夫である自分や子供等、家族に全て捧げさせるのは身勝手で傲慢な考え方だと思う。
山田監督が毎日、家事や育児に頑張る主婦達にエールを送った本作は、日頃、感謝のプレゼントどころか「ありがとう」の言葉さえかけてあげない我々お父さんこそ観て、反省すべきなのかもしれない。
そんな立場のない我々を、本作は最後に優しく包み込んでくれます。