マイアミの作品情報・感想・評価

マイアミ2017年製作の映画)

Miami

製作国:

上映時間:119分

3.6

あらすじ

「マイアミ」に投稿された感想・評価

美しい顔と体を売りにし、ナイトクラブをドサ回りするショーダンサーの姉アンジェラ。
町の小さなパン屋で働く、内気で控えめな性格の妹アンナ。
小さい頃に離れ離れになった姉妹だったけれど、アンナがアンジェラを見つけ出し再会。
アンナはアンジェラのツアーに同行し、姉妹は絆を深めながら旅をする。


きらびやかで華麗なショーや2人の可愛いやりとりに心がときめき、オシャレでハートウォーミングな作品だと勝手に思っていたけど、そう思っている時にはもう既に監督の手のひらの上で転がされていた私。
まさかのフィンランドノワール作品だったとは…!
前半と後半のギャップにクラクラ。
後半からどんどん雲行きはあやしくなり、政治や犯罪が絡み「死亡フラグ」ならぬ、「バッドエンドフラグ」が立ちまくり。
ずっとヒヤヒヤドキドキして、鑑賞中の私はひたすら神頼み!
悪さが悪さを呼んでしまい、どんどん泥沼にハマっていく2人。
確かに姉妹(特に姉)が悪いんだけれども、あまりにも切ない展開にヒヤヒヤとメソメソが止まらなかった。
ラストは、どんな感情で流しているのかわからない涙がどんどん出てきたよ。
でも、こういうのめちゃめちゃ好き…!!!

北欧に住む人の憧れの地は暖かい気候のマイアミなんだね。
タイトルの「マイアミ」の意味も鑑賞後にわかるとさらに切なくなった。
フィンランド映画祭にて

誰かから明るいミュージカル映画みたいなロードムービーみたいな、
と前情報を吹き込まれていたため、 精神的に疲弊
いち麦

いち麦の感想・評価

4.0
フィンランド映画祭2017にて鑑賞。アンジェラの過酷な人生が次第に浮かび上がり、アンナは変容を見せる…姉妹二人の逃避行が目まぐるしく展開し面白い。山場やラストの切なさも一入。ただ、繋ぎが粗く描写不足の箇所が随所にあって惜しい。
masaki

masakiの感想・評価

3.0
会話劇ではなかったので字幕は気にならず。ラップランドの掟とは違い、なんちゃって関西弁ではなく普通字幕。
s

sの感想・評価

-
アンジェラ役のクリスタ・コソネン、「ブレードランナー2049」に出てるのね。骨格からしてヴィクトリアズ・シークレットのもろエンジェル