予兆 散歩する侵略者 劇場版の作品情報・感想・評価

予兆 散歩する侵略者 劇場版2017年製作の映画)

上映日:2017年11月11日

製作国:

上映時間:140分

3.5

あらすじ

山際悦子(夏帆)は、同僚の浅川みゆき(岸井ゆきの)から、「家に幽霊がいる」と告白される。みゆきの自宅に行くとそこには実の父親がいるだけだった。みゆきの精神状態を心配した悦子は、夫・辰雄(染谷将太)の勤める病院の心療内科へみゆきを連れていく。診察の結果、みゆきは「家族」という《概念》が欠落していることが分かる。 帰宅した悦子は、辰雄に病院で紹介された新任の外科医・真壁司郎(東出昌大)に違和感を抱…

山際悦子(夏帆)は、同僚の浅川みゆき(岸井ゆきの)から、「家に幽霊がいる」と告白される。みゆきの自宅に行くとそこには実の父親がいるだけだった。みゆきの精神状態を心配した悦子は、夫・辰雄(染谷将太)の勤める病院の心療内科へみゆきを連れていく。診察の結果、みゆきは「家族」という《概念》が欠落していることが分かる。 帰宅した悦子は、辰雄に病院で紹介された新任の外科医・真壁司郎(東出昌大)に違和感を抱いたことを話すが、辰雄からは素っ気ない返事のみ。常に真壁と行動をともにする辰雄が精神的に追い詰められていく様子に、悦子は得体の知れない不安を抱くようになる。ある日、悦子は病院で辰雄と一緒にいた真壁から「地球を侵略しに来た」と告げられる。冗談とも本気ともつかない告白に、悦子は自分の身の周りで次々に起こる異変に、真壁が関与しているのではないかと疑い始める。

「予兆 散歩する侵略者 劇場版」に投稿された感想・評価

なぎ倒しシーン
カッケー

お皿を
その棚に置くのか
なるほど

握手は本編?には
なかったね
棚

棚の感想・評価

3.5
127本目。CG無し本格SF。邦画の良さがめちゃくちゃ詰め込まれてる。映画版よりサスペンス要素強くて個人的にこっちの方が好き。てか役者が好き。140分と時間長いけど入り込んじゃうからあっという間。やっぱなんか寄生獣を思い出しちゃう。予兆というタイトルだけど映画版と時系列一緒なのか?染谷の侵略者バージョンも観たい。
松田龍平を上回る異物感ダダ漏れな東出昌大の気味悪さが良いですね〜

概念を奪いながらジワリジワリと地球侵略を進め、気付けば人類は懐にまで潜り込まれている恐怖を描いた『散歩する侵略者』の派生ドラマを再編集したもの。ドラマは観てなかったけど正直本編に引けを取らないどころか純粋に得体の知れない気味悪さって意味ではかなり上回ってるかも。飄々とした松田龍平やずっとキレてる長澤まさみの少しコメディ色も強めなあちらも大好きやけどシリアス強めな本作も良い。アナザーストーリーとして色の違いは面白いね〜

宇宙人となった夫との愛を取り戻していく夫婦の姿を描いた本編に対し、こちらはそのガイドとなった夫を救うために奮闘する妻の話。よりシンプルに侵略の恐怖を描いてるのでだいぶホラーやし暗めの映像や演出、カメラワークに至るまで不穏だらけ.そして長澤まさみ以上に夏帆は不穏に映える。

‪キャストで言えばむしろこっちの方が好きなぐらいやし寄生獣に続きサイコ演技が光る東出昌大がキモいw‬
‪終盤ちょっとダラダラと長いけど、それでも無駄を削いで終末度は高めなので侵略映画としてはなかなか面白い。
ちょこっと出演の渡辺真起子のボス感もヤバイしw‬
どういう終わりを迎えるのかと思ったが…盛り上がりどころもなく…演者が良かっただけにもったいない。

このレビューはネタバレを含みます

散歩する侵略者のスピンオフ。
東出昌大びっくりするくらいこういう役似合うよね!好き!!

元の映画がすごくハマってしまったから期待してたんだけど、こちらにはハマらなかった様子。以上....!
【散歩する侵略者】鑑賞後、連続で

WOWOW連続ドラマの第1話を観て
その後すっぽかしたまんまやってな
気にはしとったんだが観ずじまいで

【予兆 散歩する侵略者 劇場版】
20170919-1017全5話
20171111公開 140分再編集版

20180307青盤発売

★★★☆☆3.4 it's ok.
話はどこぞに任せるし

ん~む、侵略者ほかにもいたてw
ええけど…

夏帆、染谷将太、東出昌大てな
ええがな
東出って、地球人役じゃないの
合うてるでwなんか
なんだっけか寄生獣やったか







怪しい雰囲気はこちらの方があってな

思念体というよりは、東出ターミネーターかよ笑
東出よろし

てか、あっちでは牧師役で、でとるし!
れ?て思ったわいぞ

こっちも地味なもんで
140分は長いでよ…
こっちを先に観ておけばよかったか?
まいっか
★★★☆☆3.4 it's ok.
日本刀

日本刀の感想・評価

3.5
このコンビは鉄板。
DSPEC

DSPECの感想・評価

3.5
宇宙人におまえは何者だ?と変人扱いされた夏帆、結局何者なんだ?オッパイ星人?

本編もこの予兆も、宇宙人役のキャスティングが絶妙、松田君も東出君もこれから他の作品観ても、もはや宇宙人にしか見えないだろう。

効果音が円谷プロっぽかった。シュワッチ!
夏帆かわいい。
東出くん良い。
kch

kchの感想・評価

-
パリの劇場で。

これまた思っていたのと違う。日本のフライヤーを知っていたら多分観なかった。
SFがそもそも苦手なので、設定を読み込んで物語に入るあたりまでに時間がかかる。染谷と東出と夏帆の組み合わせはそろそろ一新すべき。
>|