おだやかな革命の作品情報・感想・評価

おだやかな革命2017年製作の映画)

上映日:2018年02月03日

製作国:

上映時間:100分

3.7

あらすじ

ナレーション

「おだやかな革命」に投稿された感想・評価

NOOO000ooo

NOOO000oooの感想・評価

2.0
原発から脱却し自然エネルギーによる地域再生という自分にとって関心の高い話ではあるのですが、興味ある人が勉強になる内容でも、少し関心ある人が「出来ることから始める」手引きでも、いい意味で革命に扇動される内容でもなく、各地の取り組みがNHKのドキュメンタリー風に紹介されるだけで全く面白いものではない。特に前半は事業報告を聞いてるようでただただ酷い。マジメな話をマジメな顔してマジメな映像で見せられても世の中に伝播しないだろうし、誰に何を見せたいのか製作者の意図が全くわからない。
彼らの取り組みは素晴らしいと思う。反面、マジメな映画を見てマジメな顔してマジメに語る人が増えたところで世の中への影響は新しい宗教が増えた程度としか思えない。
おだやかに革命を起こすのは、生半可じゃないよなぁ、と気づかされる作品。日々の淡々の中での、革命。
猫

猫の感想・評価

4.2
とても良かった。
一番強く思ったのは、
私達は福島で起こったこと、今の現状を忘れてはいけない!と言うこと。
あの剥がした土嚢袋の山々を
皆、見るべき。 記憶に残すべき。
……と言っても
そんな強面の映画では決してありません。
『人生フルーツ』にも繋がる
人々の生き方の話です。

大きなシステムの中で生活している私達は、
それを疑問にも思っておらず
そうじゃないシステムで生きることも
可能なんだよ、と示唆してくれたように思う。小さな、穏やかな試みだけれど、
この数歩がなければ何も変わらない、と。
この映画を制作し、上映してくれた人々にも感謝します。
tto

ttoの感想・評価

2.8
記録
ちあき

ちあきの感想・評価

3.5
「あたらしいものはなつかしい」
本当のあたらしさは、もともとあった土の中から土器を発掘するように発見されるものなのかもしれない。自分たちが住む地域のために、色んなことを考えて動いている人がたくさん居た。その方達が生き生きとしてエネルギッシュで、パワーがあって、自分たちだけではなく、子供の世代、孫の世代、先のことを考えて動いていて、とても魅力的に、知的に見えた。あたらしい人たちの先駆けだと思った。
ポレポレで。
どこにピントを合わせたかったのかよくわからなくて見終わったあとのモヤモヤ感。
あっちこっちの事例をかいつまんでただ並べて見せられてるような気持ちになった
r

rの感想・評価

3.0
シネコヤにて鑑賞
お金や物とかだけが幸福じゃないと改めて気づかされた。
こういう考えができる人間になりたい。

まあちょっと寝たけど、

この手のものに距離を置きたいという気持ちがあったけど、面白くて眠ることなく最後まで!

フクシマ、自然エネルギー、循環型社会、地域通貨、山岳信仰!

震災地のことを考えると自分でもおぞましい顔になるのが分かったけど、この映画を通して、いろんな意味でフクシマを有機的な土地だとポジティブに考えることが初めてできた気がする。

人類学者の「新しいものは懐かしいんです!」も面白い言葉だった。移住系の人が偏見で苦手だったけど、人を選んでは話をしてみようと思った。

しかしお金の話もしっかり入ってて、大興奮!
シネコヤにて
>|