恋とボルバキアの作品情報・感想・評価

恋とボルバキア2017年製作の映画)

上映日:2017年12月09日

製作国:

上映時間:94分

3.7

あらすじ

「恋とボルバキア」に投稿された感想・評価

miyagi

miyagiの感想・評価

1.5
卒業制作の「アヒルの子」というセルフドキュメンタリーが超弩級と噂を聞いていた、小野さやか監督。
まさかまだ監督やってたんだなーなんて思いながら、期待してしまったがこれが大コケ。
とにかく話がこんがらがるぐらい登場人物が多いのに全然整理されてなくて、バックボーンから何から説明がすごく中途半端。
これではただ世の中に不満を持つLGBTの嘆き集として見た側に勘違いさせるような作りだと思ってしまった。
「あなたは何者?」みたいな質問の仕方もめちゃくちゃ嫌い。ましてや、それをオンで聞かせるあたり、もはやドキュメンタリーではなく、自己満足プログラムと化している。

いずれにせよ、LGBTの話題はフィクションにせよノンフィクションにせよ個人的には受け付けないものだと再認識した。


完全に余談だが、先週今週と放送された「ザ・ノンフィクション」の、ビッグダディの元嫁美奈子のドキュメンタリーがすこぶる面白かった。
CXに持ち込んだあたりに随分怪しい影がチラついてしまうが。。。
邹启文

邹启文の感想・評価

2.8
よ〜く書かれた啓蒙書を読んでるような作品。登場人物みんな自然に喋ってるはずなんだけれども、その言葉全てが作られた感じがしてる。
つまりはドキュメンタリー映画になりきれてない、この内容なら本で出した方がよかったんじゃない?
多くの人に取材した意図はわかるんだけれども、その意図をエンタメに出来てないんじゃないのかなという部分があるのは…
せめて恋人たちみたいな構成にしても良かったと思うし、スター・ウォーズみたいな編集をしても良かったんじゃないのかなってね。エピソード8みたいなやつね
ゆ

ゆの感想・評価

2.5
情報量が多くて性別のゲシュタルト崩壊が起きそうだった
もう少し人数を絞って詳しく描いてほしかった
恋愛も見た目も第三者に害があるわけじゃなし
個人の自由にしたらいいだけの話なのに
おかしいって言われちゃうのはなんでだろなって思う
自分らしさを出せずにいるのはつらい
生きづらいけれど、一生懸命に生きてる様がかっこいい

出演なさってる方々はTwitterされてる方も多いので
今どうしてるか覗いてみるのもまた一興
AKIRA

AKIRAの感想・評価

2.2
テーマは良いのに色々と勿体ない。。。。
男とか女とか関係なくみんな人間なんですよね
セクシャルマイノリティとしての
葛藤はもちろんあったけれど
出てくる人が多いので
ちょっと浅く感じてしまった
登場人物を減らして
もっと掘り下げてもらいたかったかな


あとボルバキアという題名をつけているのに全体を通してボルバキア感があまり感じることが出来ませんでした
キャッチーな題名なだけに勿体なかった
notitle

notitleの感想・評価

3.6
様々な形の愛やら恋やらを追ったドキュメンタリー。カテゴライズ自体が変かもしれない。好きになった人が好き性別関係なく。愛を求め、恋をする。何が本当の自分かなんて分からない。自分に誇りを持って生きる人達が生き辛そうでありつつもキラキラみえた。
はい

はいの感想・評価

4.1
失踪した被写体に1年ぶり?くらいに再会しそのまま買い物へ行くシーンで、「全財産」と500円を見せて失笑する被写体に対して「500円もある」と軽く流す監督!!この映画の魅力が濃縮された反応だと思った。よかった。
>|