J四郎

マスカレード・ホテルのJ四郎のレビュー・感想・評価

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)
3.3
東野圭吾原作のミステリーもの。
殺人事件が起こると思われるホテルにキムタクが潜入捜査。お堅い長澤まさみの指導を受けながらホテルマンの職業体験をしつつって内容。

中身はテレビの二時間ドラマっぽいが、そこは出演者がゴージャスなので映画としては成立しております。監督はテレビドラマのディレクターとかしてた人なので、まーいかにもテレビ局が主体で作った映画って感じはする。

前半、キムタクがホテルの世界を体験する部分は面白かった。えらい短期間に悪質クレーマーが続出する不自然さはあるけど、そいつらクレーマー共を処理するミッションは興味深い。ここでの伏線が後半に繋がってるのは原作ありきなので一応ちゃんとしております。
しっかしクレーマー生瀬勝久のお話はいくら何でも無理ありすぎやろ?

ただ後半になって事件解決編に入ると普通かな~?
この辺もテレビドラマっぽく、例え片手間で観てても内容を理解できるよう親切な作りにはなってます。ちょいそこがアホでも分かるよう作ってやったぜ!みたいで鼻につくし、伏線が出てはすぐ解説!ってなもんで面白味には欠けるかな。

僕はこういうのは映画館ではまず観ませんが、レンタルなんかでテレビドラマ感覚で見るなら充分アリです。