マスカレード・ホテルの作品情報・感想・評価

「マスカレード・ホテル」に投稿された感想・評価

オチが非常に微妙。
すー

すーの感想・評価

3.4
豪華な顔ぶれ。原作知らなかったから楽しめたかな。
TaeTae

TaeTaeの感想・評価

3.6
時間をかけ、手の込んだ復讐を遂げようとするその労力はすごい。忘れ去る方が楽だと思う。

クレーマーやプライド高い客、ワケあり夫婦などへの対応が面白かった。
Toppo

Toppoの感想・評価

3.7
ドラマをぎゅっと2時間に収めたようなおもしろさ。
ミステリー要素が弱い気がしたけど、色々なお客さんが出てくる群像劇として楽しめた。
木村拓哉の歩きながら視線を外す感じとかほんとイケメンだなとおもった。
最後の長澤まさみのシーンなんて必要ないと思うんだけどキレイだったから良し
2019年,日本
監督:鈴木雅之

日本映画

もっと巧妙なトリック見たかったよ。
Mayuley

Mayuleyの感想・評価

3.7
刑事を悩ませる連続殺人事件。3件の連続殺人が起き、次の殺人現場になる場所を示した暗号が3件目の事件現場に残されていた。

その舞台としてえらばれたのが「マスカレードホテル」
刑事たちは、ホテルマンとして現場に潜り込み、潜入捜査を始める。
ホテルマンは「お客様を信じること」を大切にし、刑事は「人を疑うこと」を第一に考える。
そんなお互いが同じ場所で仕事をこなすのは大変なこと。

---------

ホテルマンも刑事も自分の仕事に真っ当し、誇りを持っているのはとても素敵でした!
ホテル内でのカメラワークもすごく好きです!一つ一つのカットに事件を解くカギがあるような作りで見ていて楽しめます。
ホテルに泊まるお客様はみんな仮面を被っている。確かにそうだなぁと思いました。
ゆきさ

ゆきさの感想・評価

3.2
「こんな感じだろうなぁ」の予想の域を出ない映画。
こういう群像劇的なミステリーもありだけど、『祈りの幕が下りる時』のような人物の背景をしっかり描いたミステリーのほうが私は好きです。
キムタクと松たか子。
そしてエンドロール見終わって、慌てて明石家さんまを探す!
楽しめました。
前半の豪華な群像劇、それぞれ楽しかった。
>|