犯罪都市の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

犯罪都市2017年製作の映画)

범죄도시/THE OUTLAWS

上映日:2018年04月28日

製作国:

上映時間:121分

4.1

あらすじ

2004年ソウル。強力班のマ・ソクトは、ナイフで向かってくるヤクザにもひるまず、張り手一つでなぎ倒すコワモテ刑事。ある日、ビリヤード場で刺傷事件が発生。被害者は毒蛇組の組員、犯人は対立するイス組の男だった。ソクト刑事は難なく犯人を捕らえ、それぞれの組のボスの仲を取り持ち、街のバランスを保っていた。しかしそんな中、中国から新興勢力の黒竜組が乗り込んでくる。ボスのチャンは、情け容赦ない手段で毒蛇組を…

2004年ソウル。強力班のマ・ソクトは、ナイフで向かってくるヤクザにもひるまず、張り手一つでなぎ倒すコワモテ刑事。ある日、ビリヤード場で刺傷事件が発生。被害者は毒蛇組の組員、犯人は対立するイス組の男だった。ソクト刑事は難なく犯人を捕らえ、それぞれの組のボスの仲を取り持ち、街のバランスを保っていた。しかしそんな中、中国から新興勢力の黒竜組が乗り込んでくる。ボスのチャンは、情け容赦ない手段で毒蛇組を乗っ取り、次第に勢力を拡大していく。縄張りを荒らされたイス組や、最大勢力の韓国人暴力団も黙っておらず、一触即発の事態に。ついに強力班は組織の一掃作戦を立てるが…。

「犯罪都市」に投稿された感想・評価

TsutomuZ

TsutomuZの感想・評価

3.8
エンドロールの最後の一文に思わずニンマリ。その文は映画スタッフの皮肉なのか、マジなのかわからないけど、主演のマ・ドンソク兄貴の男っぷりは本物です。

殴り込んできた外国人レスラーをチャンピオン マ・ドンソクが迎え撃つプロレス映画です。
だから、ガンアクションもカーアクションも必要無し。
Meatpie

Meatpieの感想・評価

5.0

2018年はじめての韓国映画はこちらでした!なぜもっと早く見なかったんだろう!

2017年に公開された『Train to Busan』でもとても魅力的な役を演じられたマ・ドンソクさん、本作でも同じぐらい...いやそれ以上に魅力的でした!

はちきれんばかりの腕から繰り出される平手打ちで相手を失神させた序盤のシーン初っ端から最高でした。

腕が太すぎて薬をうまく塗れないみたいなシーンでドンソクさんへの愛が爆発しました。温泉でゆで卵を食べるシーンも可愛すぎました...。

とにかく本作はかっこいい可愛い優しいドンソクさん見れてもう満足です。作ってくれたすべての人に感謝したいです。

悪役も狂気と下卑た金への欲望にとらわれ暴力的でしたが彼らがやったことも実話を元にしているのでしょうか...?恐怖を感じます。

後、韓国映画ではいつも思うんですが食事のシーンが毎回毎回美味しそうですね。お腹が空いちゃいます。

2018年も韓国映画が熱いですね。
さち

さちの感想・評価

4.5
冒頭の平手打ち、平手押さえ、平手叩き👏👏👏
こんなバリエーション魅せられて惚れない人はいないでしょう?💘(笑)

マ・ドンソクがいればサノスも倒せる気がする!!大好きマ・ドンソク!!

全体のテンポ然り、残酷描写もあるのにコロッと素速いテンポで爆笑を誘うあたりがニクいです。

いや〜〜w弁護士の登場ツボすぎたな〜〜🤣

子どもに対しての描写省略も絶対殉職しそうな人を生かしておいてくれるのも、他の残忍系韓国映画より少し優しさ感じました。

敵のボスがロバート秋山と瑛太を足して2で割ったような顔でしたw
ケータイ片手に悪党を瞬殺するマ・ドンソク、張り手一発で悪党を気絶させるマ・ドンソク、刃物で刺されても蚊に刺されたみたいにしか見えないマ・ドンソク。マ・ドンソク好きには夢のようなマ・ドンソクパラダイス!二の腕に筋肉あり過ぎて自分で傷が見えないとこもウケる。
#犯罪都市
魚醤

魚醤の感想・評価

5.0
「犯罪都市」韓国映画の醍醐味はトンカチや手斧やその他鈍器で撲殺するところにありますが、メガトン級の張り手と人情と小遣いを握らせながら下町とヤクザと警察の間を押し通るマブリーがチャーミング。
そして手斧でザクザクと死体の山を気づく中国人(朝鮮族)組織暴力団の極悪外道ぷりがやた憎たらしい!
ここ数年なかなかないストロングな燃える傑作でした!
Aya

Ayaの感想・評価

3.7
控えめに言って最高。

「釜山行き」から早2年ほど・・・まだまだ本国でもマブリーは愛されており、この映画でもマブりまくっています。
マブマブです。

我らがマブリーはガンペも刑事も大体同じ割合でやるし、大体見た目は同じなのですが、今回は刑事役です。

もうみんながみんな、すごい韓国ヤクザっぽい、いい顔で(吉本新喜劇にもいそうな感じ)、Gunはなく、包丁、オノ、ナイフ、そしてステゴロ・・・最高だぜ!!

特にババアの還暦祝いにカチコミに来た消火器からの決着がつくまでの1カットでの対決はものすごく見応えありました・・・。あれはすごい。
カットは変わらないのに、カメラが動く動く。
アクションも流れるようにド派手に繰り広げるし・・・すげー!

後半のドンソクオッパとユン・ゲサンのトイレ格闘は結構細かくカットを割っているのですが、いろんなもの壊しまくりでスッキリしました。
ユン・ゲサンならもっと引っ張るかと思ったのにー!

ユン・ゲサンは何考えてるかわからない顔してるので、こういうサイコ系のヒール似合うと思う!!

なんかこういう泥臭くて人間臭い韓国ヤクザーな感じもう飽きたじゃないですか?

だからマブリーみたいなフック1つ置いてこの映画のようにやり過ぎてください。

途中でチョ・ジヌンさんが出てきてびっくりしました。


日本語字幕:平川こずえ
minami

minamiの感想・評価

5.0
マ・ドンソクさんかっこいい!
パワフル!マッチョ!
素手で悪人をやっつけるのイカしてるわ〜
実話を元にした映画らしい
マ・ドンソク強ぇーーー!圧倒的無双感。ユ・ゲサンの気狂い度も振り切れてるけど、あんな首、腕っぷしの太さ見せられた時点で敵わない。バイオレンスに次ぐバイオレンスの中でちょいちょい笑い挟んでくるのもGood。
銃の出てこない乱闘の泥臭さよ。
笑えるシーンも必然性があってグー✊瑛太から知性を抜いたような悪役ユン・サンゲ氏の得体の知れないヤバさもグーやし、また会えたグイファ氏もグーやし、組長社長みんなグー✊マブリーは画面内でずっとグー✊
マ・ドンソクで始まりマ・ドンソクで終わる。観終わったら確実にドンソク兄貴のファンになること間違いなし(私はなりました)

悪役がエゲツない。とてつもなくエゲツない。滅茶苦茶怖い。語彙力が崩壊するぐらい怖い。下手なホラーより怖い。
人間ってここまで残酷になれるんだなあと…でもご安心を!我らがドンソク兄貴が自慢の腕っ節で悪に鉄槌を下す!

あのですね、鉄槌という言葉が比喩表現じゃないんですよ、ええ。
悪党が可愛そうに思えるぐらい筋骨隆々なんですよ兄貴。あんな腕で殴られたら確実に昇天しますよ。迫力も凄いし強さに説得力があり過ぎる。

そんな兄貴は悪党以外には優しいのです。菩薩のように優しい。ざっくばらんに振る舞う中に見え隠れする優しさがね、心に染みる。兄貴は兄貴の中の兄貴だった。

ドンソク兄貴の勇姿を観たい方は是非とも(*´꒳`*)