犯罪都市の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

犯罪都市2017年製作の映画)

범죄도시/THE OUTLAWS

上映日:2018年04月28日

製作国:

上映時間:121分

4.1

あらすじ

2004年ソウル。強力班のマ・ソクトは、ナイフで向かってくるヤクザにもひるまず、張り手一つでなぎ倒すコワモテ刑事。ある日、ビリヤード場で刺傷事件が発生。被害者は毒蛇組の組員、犯人は対立するイス組の男だった。ソクト刑事は難なく犯人を捕らえ、それぞれの組のボスの仲を取り持ち、街のバランスを保っていた。しかしそんな中、中国から新興勢力の黒竜組が乗り込んでくる。ボスのチャンは、情け容赦ない手段で毒蛇組を…

2004年ソウル。強力班のマ・ソクトは、ナイフで向かってくるヤクザにもひるまず、張り手一つでなぎ倒すコワモテ刑事。ある日、ビリヤード場で刺傷事件が発生。被害者は毒蛇組の組員、犯人は対立するイス組の男だった。ソクト刑事は難なく犯人を捕らえ、それぞれの組のボスの仲を取り持ち、街のバランスを保っていた。しかしそんな中、中国から新興勢力の黒竜組が乗り込んでくる。ボスのチャンは、情け容赦ない手段で毒蛇組を乗っ取り、次第に勢力を拡大していく。縄張りを荒らされたイス組や、最大勢力の韓国人暴力団も黙っておらず、一触即発の事態に。ついに強力班は組織の一掃作戦を立てるが…。

「犯罪都市」に投稿された感想・評価

●'18 5/18〜31単館公開:
(首都圏等: '18 4/28〜公開)
配給: ファインフィルムズ
ワイド(シネスコ)
音声仕様表示無し
5/31 18:40〜 福井コロナ シネマ7にて観賞
DCP上映
ビスタフレーム上下黒味によるシネスコ
LPCM
パンフ未購入
モモモ

モモモの感想・評価

4.0
久し振りに出会えた痛快で陰鬱な韓国ノワール!
ある種の「境界線を守ってきた」悪党達の街に国という線を越えて現れた「境界線なき者達」が秩序と街を破壊する。
「言葉は通じるけど話が通じない」悪党が最高。「悪魔を見た」のミンシクや「哀しき獣」の社長を想起させる(だが彼らには一歩及ばない)名悪役だった。
陰惨な暴力シーンと絶妙なコメディシーンの塩梅が丁度いい。
チーム物としても、若者の成長譚としても良く出来ている欲張りな作品だ。
ケチで人の財布ばっか使って、太過ぎる腕のせいで怪我も把握できない、だがそれでいて画面の中にいると観客に圧倒的な安心感を与えてくれるドンソクさんが最高。
ドンソクさんは自分の魅力を既に知り尽くしているのでは…?
「哀しき獣」と本作を観ると「朝鮮族怖すぎね…?」と脳に刷り込まれてしまう。
chima

chimaの感想・評価

4.7
2018/5/6@ 立川シネマシティ
めちゃくちゃ面白かった。
東映実録路線みたいな酷さw
マ・ドンソクはモテないキャラだけど、鍛えまくってパンパンの腕でも入るジャケットを実は何枚も持っているお洒落さんだ!
mince

minceの感想・評価

3.8
ゼロ年代。掛合いとハッタリのカンコク裏社会。組織の小競り合いも警察が介入均衡を保っていたが中国から金と命を極めて同等に扱い陰惨な暴力でのし歩く3人組が片方のヤクザ組織を乗っ取り街は血肉に溢れる「犯罪都市」CL神戸2。力道山みたいな中年警官がなんでこんなカッコいい?最高のエンタメ作品🍀カンコク映画の最先端みたいな作品。遠慮がなくって洒落てて何処か猥雑なのに終劇後の溜息感まで全て魅力的。
マドンソク祭り、スカッとしました。腕っ節の強い頼れるアニキが、絶妙にトボけたギャグを差し込みながら、悪党をブッ倒します。韓国映画ならではのエグいシーンも多いのですが、決定的なモノは見せない配慮がされています。銃が全く出て来なかったのが少し不思議なのですが、その時代には普及?してなかったのでしょうか。
セガールやニーソンみたいに、絶対的な強さで悪党を懲らしめるヒーローとして、ぜひシリーズ化して欲しいです。
filmanamis

filmanamisの感想・評価

4.5
あーもう超絶大好物でした。ナーメテーター物!おじさまたちに混ざって女1人でゲラゲラ、時には涙しながら鑑賞致しました。

二の腕が太すぎて自分で傷が見られない兄貴。
住民に挨拶するときだけ律儀に手を前にして会釈する礼儀正しい兄貴。
部下や少年を撫でくりまわして可愛がる兄貴。
画面に登場するだけで「ああ、兄貴が来たからもう大丈夫」という謎の安心感。最高やでぇ、、。

悪者をやっつけるだけでなく、コメディやヒューマンドラマも含まれてたのが満腹感を倍増させました。すぐにでもおかわりしたくなる快作!
ひくつ

ひくつの感想・評価

4.0
ソクト兄貴と呼ばざるを得ない。アメコミヒーロー並、いやそれ以上の鋼の肉体に惚れる。
二の腕パァアンパァッアンおじさん。

いやーまじでパンパンだな。
パンパン過ぎて、平手打ちするシーンが何故かめちゃくちゃ笑える。
普通の人ならただの暴力シーンなのにここまで二の腕太いと笑える不思議。

作る側もそれを理解して、ふんだんに平手打ちシーン入れてくるからズルい。

平手打ちがなくても純粋にギャグシーンがとても多い。「犯罪都市」とかいうイカつい題名の割には笑ってスカッとできるかなり見やすい娯楽作だった。
これ題名ムチムチおじさんただいま参上!
とかにしたら子どもも楽しめると思う。
うん黙る。

何はともあれいい意味で、エログロが抑えられた作品だったのは好印象。主役の魅力がストレートによく伝わってきた。
戦闘シーンが銃じゃなくて接近戦だったのもかなりアツかった。おじさんの筋肉の見せ場がちゃんとあって満足。

マドンソク、ドウェインジョンソンみたいにそのうち大統領になってほしいとか言われそう。
ゆか

ゆかの感想・評価

4.2
自分の肘の傷が見えないくらい極太腕の最強マ・ドンソク。
多分私のウエストくらいの二の腕
ランペイジやらアニゴジなんかも公開中ですが。

これもジャンル分けするなら、マ・ドンソクという名の怪獣映画。

マ・ドンソクに引っ叩かれたくなる。

でも痛そうなのでやめとく。

サイコー過ぎる。