遥美沙樹

クソ野郎と美しき世界の遥美沙樹のレビュー・感想・評価

クソ野郎と美しき世界(2018年製作の映画)
3.6
この作品に関わった「新しい地図」たちへ、ご祝儀のつもりで観たものの、なんだかんだで若い才能に圧倒された作品でした。エンドロールには大手企業の名はほとんどなく、いかにして彼らの選んだ道が険しかったかを物語っています。こういった行動を私たちは応援したい。そうしなければいつまでもカビの生えた慣例に取り憑かれたままだと。

作品はオムニバス形式になっており、彼らが最も得意であろう役型を演じています。そして監督、スタッフたちも個性を重視したのでしょうね。流し見するとあっという間に終わってしまいそうなほどショートストーリー独特のスピード感が面白かったし、謎場面が多いのも、追々解明できたりと、至れり尽くせりのエンターテイナーとしてまとまっていると思います。

逃げればいい。

ほんと、そう思う。そして自分たちが最高のクソ野郎だとドヤ顔で今後も光り輝いて欲しい。