クソ野郎と美しき世界の作品情報・感想・評価

「クソ野郎と美しき世界」に投稿された感想・評価

Kyasarin

Kyasarinの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

4/6 公開初日 池袋HUMAX ライブビューイング にて。

ネタバレあります。
嫌な人は観ないでください。

園パート 吾郎ちゃん
園子温の世界観満載!!映画をコアに好きな人には楽しいかもしれないけれど、一般の人が観たら???になるかもしれない。
色味が奇抜で目がチカチカする、初っ端見せて掴みはOKにしたいのかもしれないけど最初を慎吾ちゃんにして真ん中にこれ流したほうが良かったかも??
まあ光へ、への繋がりもあったのかもしれないけど。
吾郎ちゃんがセクシーでした。
園監督はおっぱい出したがるね(笑)女描写が強いから、SMAPの女性ファンは嫌悪感少しあったのかな?とか少し思ってしまった。
個人的には園監督好きです。

山内パート 慎吾ちゃん
色々な問題があったことを描写するような内容。突然歌が歌えなくなってしまって出だしのみ歌うシーンでは過去SMAPの大ヒット曲を彷彿とさせる。中島セナちゃんがのんちゃんみたいで可愛い。
ウンコネタ多し(笑)
若干スカトロなの?と思うけどシュールなコメディなんだよね、あとそこに詰まる様々な思い。
尾崎紀世彦が良い味出してる、そのマネさんも。香取くんの絵も出てくるし、香取くんに助言してあげる元追っかけ刑事さんもすき。
深イイ話。

太田パート 草彅くん 真千子
これを観たくて来ました。思った通り。
初っ端から「文春砲なめんなよ」とか草彅剛に言わせちゃう(笑)
タバコふかしながら既婚者子持ちに身体を売るスリップ姿の尾野真千子最高かよ、それを「俺のカミさん」って乱入して来てゲスさ満載で追い剥ぎしてそのあと無理やり嫁を抱こうとする草彅剛最高過ぎて…最初少し真千子が感じるんだよね、声出して(笑)そこは太田監督の演出なのかな?と思ってしまった(笑)二人が醸し出すエロー!すきー!この組み合わせ♡そこからの罵倒、怒鳴り、殴り合い!そういう描写が好きじゃない人は苦手かもしれないなぁ、でもお互いの演技のぶつかり合いがとても良かった、また二人でお芝居みたい。
真千子にオスプレイ反対!とか言わせる脚本とか、新井パイセンに沖縄弁言わせちゃう(うまい笑)ところとかなかなか面白かった。この作品に関してはまた観たい。
お話として起承転結ちゃんとしてるから太田さんは勉強したというか映画が好きなんだなあ、と思った。北野武リスペクトも感じられたかも。笑わせるところは笑わせて、泣かせるところは泣かせる。端々で??ておもう繋がりやセリフはあれど、それは久々に撮ったから仕方ないけどブランクを感じさせない仕上がりでした。

児玉パート 全員
児玉さんの奥様の椎名林檎色強い(椎名林檎、東京事変、華麗なる逆襲のMV担当なので)ショーパブのフィナーレみたいな感じ。全部のお話のぶつ切り感をここで小出しにネタバレしてまとめると言う。
出演者みんなこのパブに来店して踊ったり飲んだり歌ったりしてる。
吾郎ちゃん歌ピアノ弾いて慎吾ちゃんラップからの踊る、草彅くんはあまり歌わず、真千子ワンフレーズのみ歌あり。
草彅くんにももう少し歌わせてあげて欲しかったかな、仕方ないのかもだけど。
香取くんが昔よりも歌が上手くなっていた。歌う喜びが伝わった。

警官新井くんの銃をお茶目に持つ真千子だけでまた映画作れそう(笑)

ファンムービーだけど、なんだかんだでファンじゃない人も楽しめると思います。

新しい地図、がんばれ!!!!!

(時間なくて大まかにレビューですみません、また思い出したら記録します。)
太田光、園子温、SMAPの3人も割と好きだから、期待してたけど、そういう映画ではなかった。
hi

hiの感想・評価

-
慎吾ちゃん凄い良い演技するのね、、「凪待ち」見ようかな

太田さん、もっと磨かれたら素晴らしい映画撮るんじゃないかな
5hintaro

5hintaroの感想・評価

3.8
太田光の作品がハンパなかった
tomoco

tomocoの感想・評価

2.8
新しい地図(ユニット名)、香取慎吾、稲垣吾郎、草彅剛主演によるオムニバス映画だけど、中身がどうやらあまりなかった…。
シュールなストーリーなので、全編園子温かと思ってた(笑。
中でも尾野真千子の演技が素敵だった。
ジャニーが死んだ途端に後ろ暗い話を忘れたように礼賛する日本に虫唾が走る。死んでも英霊にはならねーってのバーカバーカ。そんな反抗心から奴らに冷や飯を食わされた慎吾と剛と吾郎のオムニバス映画を見ました。

ハッキリ言うと面白くないです。下北あたりでもしかしたら局所的なブームは起こせるかもしれないオフビートな日本映画を本来なら出なかったであろう元SMAPの3人でやっているのがミソで波長の合う人以外に響くところは乏しいストライクゾーンの狭さ。随所でジャニーズを辞めて新しい地図を始めた3人の現在地を想起させててプロモーション的性格が強いが、この3人が元々ものすごい名役者でもないから特別SMAPファンでもなかった自分が引き込まれるものはないし、この類の日本映画お約束で音声はボソボソしてて聞こえないか大袈裟に絶叫の二極端で集中力は削がれていく。さらに個人的なことを言うと園子温は自殺サークルしか見たことない上に太田光は松本人志の次に嫌いな芸人です。20歳くらいならこの深夜ドラマ的ノリを楽しめたかもしれませんが今では非常に厳しかった。一番楽しめたのは園子温のやつかな。話はあってないようなものですが、画面の彩りは豊かで躍動感溢れていてこれだけは長編でも見れたかと思う。ベインみたいな浅野忠信で掴みも良かった(笑)

香取慎吾は最近出た映画が新境地を開拓して好評なようなのでこの映画に意義はあったのだと思います。敢えて最初にKUSOとどん底に落として這い上がろうとする意気は好感が持てます。ご三方が今後どう活動するのかは知りませんが初心を忘れないで欲しい。
正直パート1の園子温部分でだいぶ危うい感じがしたが、歌喰いから徐々に楽しくなり、草彅くんの演技に魅了された。各パートでいえば間違いなく「光へ、航る」が素晴らしくて、太田さんの照れ隠し的な表現にキュンときた。
いろんな騒ぎがあったけど、この3人でやっていくという強い覚悟が見えて、要所要所が本人たちと重なっていてファンムービーとして十分楽しめた。
binsent

binsentの感想・評価

4.0
吾郎ちゃん、慎吾くん、つよぽんの3人が生き生きしていてとても嬉しかった。

幾度も幾度も、悲しいこと辛いことを乗り越えてきた3人だから、今好きなことができて楽しいんだなと伝わる作品。

素敵な美しい世界。
きっとわたしもみなさんもこの世界に生きている。
生きていける。
第1話、ちょっとキツイ。
第2話、おもしろい。
第3話、悪くない。
最後の大団円、嫌いじゃない。
第2話に出てくる女刑事、なかなか良かった。
長いMV
まぁ確かに愛はある
あとロゴほんとにいい
>|