すみ

娼年のすみのレビュー・感想・評価

娼年(2018年製作の映画)
5.0
忘備録
石田衣良さんの本は好きでそもそも読んでいたのですが、それが映画化、そして主役のリョウくんの役が大好きな松坂桃李という事でそれだけでお腹いっぱい!
松坂桃李の最初のシーンと最後のシーン(ただ街を歩いているシーン)の顔の違いが凄い。
どんどん、どんどん、優しい顔つきになっていくんです。
彼の映画ではダントツに好きです。
最後のペギーリーの「Mr.ワンダフル」もとてもシーンにあってていいですよ。