龍酒

娼年の龍酒のネタバレレビュー・内容・結末

娼年(2018年製作の映画)
4.1

このレビューはネタバレを含みます

演技だとは分かっているが痛そう。ガシガシしすぎ。
男女の考え方の違いがよく出ている。快感を求める男、愛情を求める女。お互いがお互いに認め合い、強く生きていく。多様性が重んじられる現代のあり方を、深く考えさせられる作品。女性の監督が作ったらまた違った作品になったと思う。松坂桃李の陰鬱な青年から段々と成長していく様子が過去の自分と重なった。体を売る職業ならではの偏見、その世界で強く生きている人間たちの背景を、ほんの少しだけ知れたような気がした。